<   2018年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

10月を振り返って

d0227066_21355397.jpg

本日で10月が終わりました。
とても長く感じた1ヶ月となりました。

季節の変わり目でもあり、朝晩が冷え込むようになってきました。
少し前まで酷暑だと騒いでいたのが信じられませんね。

天気が良い日が多かったのでガイドヘルプには最適でした。

d0227066_21355599.jpg

京都水族館でイルカショーを楽しまれています。
海から遠い京都でイルカが観れるのは良いですね。

今月は『かめさん号』の企画に参加された方もおられました。
他事業所の皆様とのグループ外出は思い出に残ります→こちら

d0227066_21355657.jpg

研修活動も多くありました。

そらいろが部会長を務める城陽市障がい者自立支援協議会の療育部会では勉強会を開催しました→こちら

やまきたヘルパーネットワーク定例会では、宇治市の地域福祉を学びました→こちら

伏見区向島にある愛隣館への施設見学もさせていただきました→こちら

顧問社労士によるセルフケア研修も実施しました→こちら

1ヶ月間に多くの学びの機会を企画することができました。
準備は大変ですが、効果は絶大かと思います。

d0227066_21355798.jpg

城陽市内では花火大会も開催されました。
秋の風物詩となっていますね。

地元の子ども神輿に参加させていただく機会もありました→こちら
地域と共に活動できるように努めていきたいと思います。

来月になると紅葉もグッと進みます。
秋が深まり、冬が到来しますね。

布団から出るのが辛い季節になりますが、頑張っていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-10-31 21:28 | 事業の話 | Comments(0)

ちょっとした冒険

d0227066_21182417.jpg

放課後の過ごしの支援で地元のショッピングセンターへやって来ました。
毎週のように訪れる行きつけの場所です。

今日は屋上駐車場へと向かいました。
車の乗り入れはストップされており、ガラーンとしたスペースになっています。

結構穴場の遊び場かもしれません。

しかし・・・

d0227066_21182558.jpg

封鎖されている駐車場なので、店内へのドアも閉まっていました。
「あれ〜?」
「開かな〜い」
ガッカリの利用者さんです。

諦めて引き返しました。

ちょっとした冒険もあった放課後タイムとなりました。

by tumanokokoro | 2018-10-31 21:15 | 放課後の過ごし | Comments(0)

一人一人に合わせた働き方

d0227066_15575537.jpg

本日は定休日です。
臨時のヘルパー対応を終え、事務所に戻りました。

秋晴れの気持ちが良い日ですね。

本日は事務所で掃除や事務をしてくれた職員がいます。
ありがたいことです。

各スタッフが自分の得意な力を活かして働いてもらうのが理想です。
ヘルパー支援、調整業務、管理業務、パソコン事務、庶務、掃除、片付けなどなど業務は色々とあります。

全ての業務をスマートにこなせるパーフェクトな人は多くありません。
得意不得意はあるものです。

また、業務に上位下位はありません。
掃除や片付け業務、庶務をこなしてもらえると非常に助かります。

業務の棚卸を行い、スタッフ全員でシェアしていくことが大切だと思います。

そらいろスタッフは17名となり、多くの人に支えられています。
開業時は7名でしたので、倍以上になりましたね。

どんなにスタッフが増えても、我々が行う事には変わりありません。
一人一人に合わせた働き方を基盤にして、障がいがある方の暮らしをサポートします。

そんなことを考えた、定休日の昼下がりでした。

by tumanokokoro | 2018-10-30 15:57 | 大切にしている事 | Comments(0)

年度中間面談

d0227066_21471146.jpg

今月は職員面談をさせていただいています。
年度始めに立てた各職員の目標について中間評価を行うのが目的です。

正職員は目標管理シートにて、2つ以上の目標を立てています。

体力づくりを目標にする職員もいれば、利用者との接し方についての工夫を挙げる職員もいます。
それぞれが立てた目標をシートに載せて、一年間持ってもらいます。

10月に中間振り返り、2月頃に一年間の振り返りをします。
そして、3〜4月に次の目標を立ててもらいます。

何となく働くのではなく、目標を持って働いてもらいたいという思いから実施しています。

目標については達成できたかどうかではなく、達成する為に何を取り組んだかを評価します。
人事考課の取り組みの1つです。


堅苦しい面談ですが、一度立ち止まって仕事について考える機会にはなります。
「いつも仕事で助けられているけど、無理していないかな?」という管理者の心配も話をする事で解決するのではないかと思います。

無理なく働いてもらいたいと思っていますが、色々と無理してもらっているのかなと感じる今日この頃です。

by tumanokokoro | 2018-10-25 21:47 | 事業の話 | Comments(0)

仮面ライダー&ハロウィン in ひらぱー

d0227066_23363237.jpg

仮面ライダージオウのショーを見に行きました。
秋晴れの中、ひらかたパーク野外ステージにファンが集合していました。

仮面ライダージオウは腕時計をモチーフにしたようなデザインです。
事情通の多利用者さんからレクチャーを受けているので知識だけは頭に入っています。

しかし、テレビ放送は見たことがないのでストーリーは知りません・・・
利用者さんはテレビも見ているようで基本的な知識は持たれているようでした。

「すごい!」を連発して楽しまれていました。

ショーが終わると、会場はサイン会&握手会に早変わり。
参加するには指定されたグッズの購入が必要との事。

悩んだ結果、参加することに。

d0227066_23363339.jpg

約20分並んでサインをGET!
この時間はプライスレスです。
思い出ができましたね。

今回の目的は仮面ライダーショーだけでしたので、終了後はアトラクションには乗らずブラブラしました。

d0227066_23363587.jpg

ハロウィンの時期という事で会場内は飾り付けが多くありました。
顔にペイントしているお客さんもチラホラ。

天気が良いので、多くの方が遊びに来られていました。
お出かけの秋ですね。

ガイドヘルプをするなら、今が一番良い時期です。

by tumanokokoro | 2018-10-21 23:36 | お出かけの支援 | Comments(0)

かめさん号 to 関西サイクルスポーツセンター

d0227066_20572556.jpg

大阪府にある関西サイクルスポーツセンターへやって来ました。
色々な種類の自転車を楽しめるスポットです。

d0227066_20572876.jpg

ヘルパーと2人で自転車を楽しむ様子もあります。

フリーパスを利用し、7つのアトラクションを体験されました。
自転車のレール上での空中散歩的なものや、ジェットコースター、変わり種自転車など色々あったようです。

サイクルスポーツセンターというだけあり、全てのアトラクションがペダルを漕ぐ形でした。
利用者さんは臆することなく乗り、ペダルを漕いだり、漕がずにヘルパー任せにしたり・・・

d0227066_21025842.jpg

お楽しみのスイーツも、しっかりと楽しみます。

行き帰りの高速道路では車窓からの景色を楽しまれました。

d0227066_20572978.jpg

先月に引き続き参加された『かめさん号』でのお出かけです。

普段はヘルパーとマンツーマンですが、本日は他事業所ヘルパーと利用者の方とのグループ活動です。

個別の外出とは違った楽しみ方があります。

『かめさん号』はプロのタクシードライバーが案内してくれるイベントです。
「行ってみたいけど、なかなか行けなかった」というようなスポットへ連れて行って下さります。

次は丹後半島ではないかというウワサも・・・
楽しみですね。

by tumanokokoro | 2018-10-20 20:56 | お出かけの支援 | Comments(0)

神輿巡行 秋祭り

d0227066_11484483.jpg

町内の神輿巡行に参加されました。
地域の集会所を出発し、近所を練り歩き、神社へ向かうという流れでした。

ヘルパーの私は神輿巡行に参加するのは初めての事でしたので、右も左も分からなくて緊張しました。
しかし、出発前に法被を渡され、それを着用した後は自然と祭りの中に入れたような気持ちになりました。

会長の挨拶、記念撮影というプログラムを経て、いよいよ出陣となりました。
集合前には雨もありましたが、この時間は止んでいました。

「わっしょい!わっしょい!」の声かけをしながらの巡行です。
「押すな押すな!」
「こっちやこっちや!」
「◯◯ちゃんは、こっちに来とき!」
「ハイ、チーズ!」
などなどの掛け声も飛び交う中で、神輿の綱を掴んで落ち着いて歩く利用者さんに成長を感じました。

そして、大人の事情に付き合ってくれている子どもにも感心しました。

神社へ行く予定でしたが、ぐるぐる回った後、スタート地点の集会所に戻りました。
天候を心配し、早めの終了となったようでした。

d0227066_11584585.jpg

神輿が終わると、お菓子とジュースが配られました。
嬉しそうに報酬を受け取る子どもの姿を見て微笑ましく感じました。

今年度は夏から祭りへの参加が続いています。
地蔵盆→こちら
コミセン夏祭り→こちら

貴重な体験をさせていただいていることに感謝します。

こういう伝統ある地域の催しというのは良いものですね。

by tumanokokoro | 2018-10-20 11:48 | 地域の話 | Comments(0)

セルフケア勉強会2018

d0227066_23512259.jpg

本日の午後、事務所にてセルフケア勉強会を開催しました。
対象は基本的に入職間もないスタッフですが、今回はベテランスタッフも参加しました。
計5名で和気あいあいと受けてくれました。

グループワーク中心の内容です。

数年前から定期的に開催していおり、今回で3〜4回目くらいです→こちら
毎回、顧問社労士の方に講師をお願いしています。

ストレスとの上手な付き合い方などを学ばれました。
ヘルパー支援は個々に行う為、ストレスを抱え込みがちですので注意が必要です。

長く働いてもらえるよう、適度にリラックスしてもらいたいと思います。
無理せず、効果的に力を発揮してもらいたいですね。

by tumanokokoro | 2018-10-19 23:51 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

施設見学 to 愛隣館

d0227066_23225445.jpg

本日の午前中、ヘルパー勉強会として施設見学を行いました。
毎年、一度は他事業所の見学をさせていただいています→こちら

今年度は京都市伏見区向島にある愛隣館です。

私は前職場時代から長く付き合わせていただいている法人ですが、このような形でキチンと説明を受けるのは初めてでした。
「熱い気持ちを持った人達の集団」という漠然としたイメージを持っていましたが、今回の見学で法人概要や歴史、活動内容を聞くことで熱さの根源が分かったような気になりました。

d0227066_23225519.jpg

重症心身障害といわれる方々の通所の場を見せていただきました。
「利用者さん」と「支援者」という単純な関係を超えた世界観を感じることができました。

最近の福祉施設にはびこる『常識』のような関わりについて、良い感じで飛び越えられているように思いました。

d0227066_23225618.jpg

今回の見学で参加スタッフが一番驚いていたのは『多様性』でした。
スタッフ、利用者、関係者の方々に本当に色々な方がおられるということ。

得意分野を活かして働いてもらうことが自然に実践されていました。

「そらいろで、どこまでできるか分からないけど、将来的には近付きたいですね」と話すスタッフもいました。

今回の施設見学での目的は単純に施設を見るというものではなく、愛隣館のミッションを肌で感じることでした。
その片鱗を感じることができたのではないでしょうか。

「愛隣館の側から離れられないわ」と言われている利用者の方は多くおられるのではないかと思います。
そんな場所に、そらいろも近づければ嬉しいですね。

明日からのヘルパー支援に力を注ぎたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-10-19 23:22 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

やまきたヘルパーネットワーク 宇治市の福祉を学ぶ

d0227066_00304255.jpg

本日の午前中、宇治市総合福祉会館にて『やまきたヘルパーネットワーク』の定例会を行いました。
テーマは宇治市の地域生活支援事業とレスパイト事業です。

移動支援や日中一時支援についての利用については宇治市役所障害福祉課の方から説明をしていただきました。
宇治市が実施されている移動支援では、グループ支援や通学支援という類型もあります。
城陽市にはない制度です。

制度の概要を簡単に教えていただき、利用状況などを知ることができました。

移動支援の説明で一番驚いたのは、施設入所者も利用できるという点でした。
入所している施設での外出支援を受けられない状況である事などの要件を満たせば支給決定されるとの事。
入所施設の方は公的なガイドヘルプは利用できない事が多いです。
宇治市では昨年度から利用できるようになったようです。

d0227066_00304347.jpg

次に『レスパイトサービス』について、宇治東福祉会の鳥羽氏より説明をしていただきました。
移動支援などの制度が始まるより前にできた、2001年開始のサービスです。

開始当初、私も介護人としてレスパイトサービスに携わっていましたので懐かしかったです。

現在のように福祉サービスのメニューがない時代に、地域生活を支えるセーフティネットでした。

レスパイトサービスが生まれてきた背景について、障害福祉の歴史を振り返りながら説明して下さりました。
障害者権利条約についての話を聞くと、心に熱いものが込み上げます。

d0227066_00304437.jpg

その後、グループワークです。
宇治市の地域生活支援事業について話を深めました。

グループ支援や通学支援を実施している事業所からは具体的な苦労話も聞かせていただきました。

d0227066_00304607.jpg

グループワークには、障害福祉課の方にも入っていただきました。
事業所と行政の方が同じテーブルで議論して、情報共有を行う時間というのは貴重です。

限られた時間の中でも話題は尽きません。


やまきたヘルパーネットワーク定例会はグループワークが中心です。
情報共有と意見交換の場であります。

障がいがある方の地域生活を支えるヘルパーからの声を吸い上げ、より良い支援に結び付けられるような取り組みを続けていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-10-17 23:30 | 地域の話 | Comments(0)