<   2018年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

4月を振り返って

d0227066_23545728.jpg

今年は桜の開花が早く、4月を待たずして咲いていましたね。
入学式まで桜が持たず残念な気持ちもありましたが、早くから桜を楽しめたので良かったのではないでしょうか。

今年度も一ヶ月が過ぎました。
毎年、年度始めは長く感じますが、今年も非常に長く感じた4月でした。

今月から新しく利用が始まった方が2人おられました。
春は出会いの季節ですね。

今年度最初の外出支援は、春の映画を観に行くというものでした→こちら
爽やかな青春カルタの物語を見させていただきました。

今月は映画への同行が多かったように感じました。
見たい映画が多かったのかもしれませんね。

ローカル線に乗り、奈良県の五條市への観光もさせていただきました→こちら
いい町でしたので、また行きたいと思います。


今月は大きな出来事が2つありました。

1つは、長年髪を大切にされてきた方の散髪への同行をさせていただいたことです→こちら
関係者は驚きを隠せませんでしたが、ご本人は「サッパリしたかった」との事。

春はスタートの時期ですので、気持ちの切り替えをされたのかもしれません。

もう1つは、伏見区にある『ゆ〜ゆ』での入浴支援を始めさせていただいたことです→こちら
気分転換にお風呂を誘ってみたところ、気に入っていただけました。
急な要望に応えて下さった『ゆ〜ゆ』の方にも感謝です。


研修関係では、6月開催の『そらいろ勉強会』の打ち合わせを講師の方とさせていただきました→こちら
毎回の事ですが、講師打合せが1番の講義になりました。
学ぶことが多い時間で、本番が楽しみになりました。
『根拠のある支援』を行うために、我々は学び続ける必要がありますね。

ヘルパーは対人援助の専門職だと考えさせられる機会もありました→こちら
「ヘルパーさん」という温かみの部分は担保しつつも、専門性を感じさせる支援を行いたいと思います。

色々と考えることが多い時期ですが、今年度のテーマである『つながりを創る』を大切に励みたいところです。

年度始め会議も決算も終わりましたし、本格的に2018年度モードに突入です。
皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-04-30 23:53 | 事業の話 | Comments(0)

のんびりと公園へ

d0227066_23472740.jpg

ゴールデンウィーク前半戦の過ごしです。
事務所から行きつけの公園へと向かうところです。

穏やかな表情が印象的です。

京都市内の観光地には人が溢れかえっているかと思いますが、そらいろ近辺は落ち着いたものです。

今日は暑すぎず、爽やかな公園日和でした。

新緑の季節は外で活動するのが一番ですね。
ガイドヘルパーにとっては良い時期なのではないでしょうか。

明日から5月ですね。
暑くなる日も増えてきますので、熱中症対策も考えていきたいと思います。

皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-04-30 23:47 | お出かけの支援 | Comments(0)

ヘルパーの専門性とは

d0227066_15375172.jpg

「ヘルパーのお仕事って、専門職だと思いますか?」
皆様のイメージは、いかがでしょうか?

以前、とある相談員の方と話している中で、ヘルパー職のイメージを聞いてみたことがあります。

「主婦のパート」
「学生アルバイト」
「ヘルパーさんって、イメージ」(どんなイメージ??)

要するに『専門職』というイメージはないようでした。
同じ福祉職の方でも、ヘルパーに対するイメージは専門職とは違うようでした。


「今回の勉強会には、ヘルパーさんの他に職員さんも参加されますか?」という質問を受けたことがあります。
「うちは正職員もヘルパーです。そして、私もヘルパーです」と答えました。


私は、ヘルパーは対人援助の専門職だと考えています。

そらいろが行うヘルパー支援の大半は外出支援です。
当たり前ですが、外出支援は外出先での支援になります。
つまり、外出先の状況に合わせて適切な支援を行う必要があります。

支援のフィールドは『町』です。
町は完全なバリアフリーではありません。
もちろん、構造化もされていません。

トイレの介護を行う場合、町のトイレの形に合わせた介護方法を実践しなくてはいけません。

感覚過敏の方への支援を行う場合、町の中にあふれる刺激を調整するのがヘルパーの役割です。

動きやすい動線を作ることや、休憩場所を探し、利用者さんに合わせたスケジュールを考えるのもヘルパーの役割です。

不完全な町中を利用者さんに合わせた環境に近づけるコーディネーター役を担うのがガイドヘルパーです。
その為には、利用者さんの個性、障がい特性、健康状態、現状を適切に把握する必要があります。

幅広い知識と経験が求められる専門職です。

障がい者支援の知識と技術に加えて、お出かけ情報も知っておく必要があります。



ホームヘルプについても、同じです。
バリアフリーではない、一般家庭の浴室で介助を行うことも多くあります。
利用者宅に合わせた介護方法が必要になります。


臨機応変な対応が求められるのがヘルパーです。
それが専門性なのだと思います。

深く考えれば、難しい仕事ですね。


だから、ヘルパーは学ぶ必要があります。
幅広い知識を身につけることで、支援の引き出しが多くなるかと思います。

そらいろでは、ヘルパー育成に力を入れています。
それは、各スタッフに専門職としての自覚を持ってもらいたいからです。

「自分達のスキルアップが支援の幅を広げる」と捉えて、日々の業務にあたってもらえると嬉しいです。

そして、そらいろ勉強会などの研修の機会を上手に活用してもらいたいところです。

私も、もう一花咲かせたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-04-29 15:37 | 大切にしている事 | Comments(0)

新緑が綺麗な毘沙門堂

d0227066_14473878.jpg

京都市山科区にある毘沙門堂へ行きました。
新緑が綺麗ですね。

今日は暑くなりましたが、真夏に比べれば過ごしやすく、散歩日和だったと思います。

d0227066_14475475.jpg

しかし、この階段には泣かされました。
40歳を超えるとキツくなりますね・・・

気持ちは若くても足腰には年期が入っています。

d0227066_14481205.jpg

記念撮影をして、後にしました。

今年もゴールデンウィークが始まりましたね。
毘沙門堂には大型連休の影響は感じませんでしたが、京都市内にも多くの観光客が押し寄せているのでしょうね。

四季折々の楽しみ方があるのが、京都の良さですね。

by tumanokokoro | 2018-04-28 14:45 | お出かけの支援 | Comments(0)

根拠ある支援を目指して

d0227066_00225718.jpg

「この支援は、なぜ行っていますか?」
このように問われて、しっかりと答えられるヘルパーはおられるでしょうか?

自閉症の方には視覚的な支援が有効だというのは知られてきていますので、写真や絵カードを用いたスケジュールを活用される場面は増えてきました。
そらいろでも、スケジュールを活用して外出支援をさせていただいている方は多くおられます。

「このスケジュールは、どうして使っているのですか?」
「なぜ、このような形にしているのですか?」
「写真カードを使っている理由は?」
「一枚ずつ提示している訳は?」

このように実施している支援の根拠を聞かれると、答えられないことはないでしょうか?

「前任者から引き継いだから・・・」
「サービス提供責任者から指示を受けたから・・・」
「自閉症の方だから・・・」
「何となく・・・」


『自閉症=絵カード』ではありません。
自閉症スペクトラムと言われるように、特性は人それぞれです。
よって、支援の仕方も千差万別です。

利用者の方に合わせた支援方法を見つけていくことが求められるのではないでしょうか。


本日、そらいろ勉強会の講師の方との打ち合わせを行いました。
その中で出てきた話題です。

次回の勉強会テーマは『根拠ある支援』です。
障がい特性の理解とアセスメントから適切な支援方法を考え、計画的に支援を実施し、定期的に評価を行い、改善を繰り返していくのが基本的な支援業務です。
ヘルパー支援においても同じです。

各ヘルパーが利用者さんとの関わりの中でアセスメント行います。
「この人は、どうやって指示を理解されているのかな?」
「この人の表出は、どんな感じかな?」
そんなことを考えながら支援を行っているのではないでしょうか。

各ヘルパーが行うアセスメントを集約し、共有化して、支援について考えるのがケース会議です。
支援はチームで行いますので、情報の共有化は大切ですね。


次回の勉強会では、自閉症の方への支援について、具体的な組み立て方や考え方などを学べれば良いかと思います。

次回とその次の連続講座となりました。
そらいろ勉強会では初めての試みとなります。

講義をしていただく方は、知識と経験、そして魅力たっぷりの女性講師です。
開催は6月ですが、今から楽しみになっています。

今回の打ち合わせも、大変、勉強になりました。
お忙しい中、ありがとうございました。

by tumanokokoro | 2018-04-24 23:22 | 大切にしている事 | Comments(0)

ベテラン投手並みのマウンドさばき in 宝ヶ池公園

d0227066_16211427.jpg

京都市内にある宝ヶ池公園でキャッチボールをしました。

青く澄み渡る空が気持ち良いですね。
4月だというのに初夏の陽気でした。

運動をするには最適です。

最近は色々な利用者さんとキャッチボールをさせていただいています。
本日の利用者さんは、投げるまでの間合いが長い方です。

ヘルパーから放られたボールをキャッチしてから、こちらに投げ返ってくるまでの5〜10分程要されます。

遠くの空や人を見たり、周りの声を聞いたりされているのでしょうか・・・
精神統一をされているのかもしれません。

たっぷりと時間をかけて、一投にかける姿は、まるでベテラン投手のマウンドさばきのようでもあります。

d0227066_16211718.jpg

気持ちの整理がついたら、振りかぶって投球されます。
投球を受けたヘルパーは、すぐに投げ返し、そして次の投球を待ちます。

時が止まったかのような空間が宝ヶ池公園の中に生まれました。
心を落ち着けて、次の一球にかけるという姿を見習い、地に足を付けた事業を行なっていければ良いなと考えました。

年度始めの時期は、色々と考えが巡りますね。

by tumanokokoro | 2018-04-21 16:21 | お出かけの支援 | Comments(0)

春の作業風景から

d0227066_00025635.jpg

爽やかな表情で作業をされています。
最近、散髪に行かれてバッサリと切られ、気持ちも明るくなられたように見えます。

足で空き缶を潰す作業です。
身体を使った活動は気分転換になりますね。

私もデスクワークが多くなっているので、たまには身体を使った仕事も良いなと感じました。

新年度が始まる4月は新しい活動を始めたくなります。
何かを始めるには良い時期なのだと思います。

髪を切ってイメチェンされた利用者さんの次なるチャレンジに期待しています。

by tumanokokoro | 2018-04-18 21:59 | つぶやき | Comments(0)

ノスタルジックな町並み散策 in 五條

d0227066_00355327.jpg

本日、奈良県五條市へと向かいました。
近鉄吉野口駅でJR和歌山線に乗り換えて向かいました。

初めて訪れる駅でした。
乗り継ぎされる乗客は多く、活気がありました。
時間があれば、このまま和歌山駅まで行ってみたいところでした。

d0227066_00364512.jpg

五條市の散策の為、五条駅を一つ越えた『大和二見駅で下車しました。
ここから散策して、五條新町へ。

d0227066_00355654.jpg

ノスタルジックな町並みを歩きました。
そして、雰囲気の良い町屋カフェへ入りました。

美味しい自然食カレーに舌鼓でした。

食後、町屋の雰囲気を楽しみました。

d0227066_00365856.jpg

d0227066_00355711.jpg

古い町並みを歩けば、どこか懐かしい気持ちになりますね。
路地を抜ければ吉野川も流れていました。

春のハイキングコースに最適ではないかと感じました。
京都からアクセスも良いですし、交通費も安価で行くことができますので、またフラッと訪れようかと思います。

by tumanokokoro | 2018-04-14 23:35 | お出かけの支援 | Comments(0)

新年度の始まり2018

d0227066_11500451.jpg

本日、年度始めの会議を行いました。
今年度の目標や役割、制度改正の内容などを確認しました。

毎年、決めている年間テーマを発表しました。
『つながりを創る』です。

今年度は山城北圏域にあるヘルパー事業所のネットワーク組織の立ち上げを行い、事務局として活動していくことになります。

内部的には、職員間のコミュニケーションや情報共有に使えるグループウェアの導入を行います。

地域へのアプローチと内部での業務改革を行う一年間となります。
色々と忙しくなりそうですが、日々の支援業務を大切にしながら進みたいと思います。

会議後、早速、引き継ぎの業務が行われています。

いよいよ、新年度が始まった感じです。
皆様、よろしくお願いします。


by tumanokokoro | 2018-04-13 11:49 | 事業の話 | Comments(0)

THE 散髪

d0227066_21422639.jpg

本日、散髪に同行させていただく支援がありました。
散髪の同行というのは、珍しくない支援ですが・・・

今回の散髪は特別です。
支援関係機関の皆様は涙する日となりました。

というのも、今日の散髪は8年ぶりとの事。
前回の散髪は、そらいろ開業前の出来事です。

「前回の店へ行きたい」と言われていたので、当時の担当ヘルパーの方へ電話で確認させていただきました。
「覚えてないだろうなぁ・・・」と半信半疑で連絡しましたが、予想外に鮮明に覚えておられました。

「覚えてますよ。すごく説得していきましたからね」との事。
「えっ!?あれ以来、いってないんすか!!?」と驚かれていました。


そうなんですよ。
男のポリシーや美的感覚など、紆余曲折ありました。

何やかんやと支援者からの提案をしては、失敗の繰り返し・・・

それが、先日、「髪を切りに行きますよ」と一言。
そして、本日、サッパリされました。

8年分の思いをバッサリと落として、気持ちもスッキリされたようです。
美容師の方も切り甲斐があったのではないかと想像します。

とても、大きな出来事があった1日となりました。

by tumanokokoro | 2018-04-11 21:42 | お出かけの支援 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る