ブログトップ | ログイン

ヘルパーステーション そらいろ

1月を振り返って

d0227066_22201828.jpg

2018年も一ヶ月が過ぎました。
早いものです。

今月は、とても長く感じました。
正月の出来事が随分、昔に思えます→こちら

今年は元日からガイドヘルプ対応をさせていただきました。
年末年始も必要があれば外出支援をさせていただきます。
出勤して下さったスタッフには感謝です。

寒い日が続き、外に出るのが億劫になりそうですが、色々とお出掛けさせていただきました。
遠く、赤穂まで行くこともありました→こちら

定番の笠置温泉へも行きました→こちら

利用者さんの引越しに伴い、八幡の町を散策する機会を得ることができました。
近くにあるけど、案外、歩いたことは少ない町だと気付かされました。

d0227066_22270232.jpg

2月に開催する勉強会の打ち合わせに行く事もありました。
重症心身障がい児と呼ばれる方々の支援について学ばせていただきます。
本番が楽しみな打ち合わせとなりました。

その他、学びの機会は多く持ちました。

応用行動分析の研修へ行きました→こちら

ヘルパー事業所のネットワーク作りについて学ばせていただく機会もありました→こちら

地域で暮らす障害がある方への適切な支援を継続させる為にはヘルパー事業所の力が欠かせません。
大切な社会資源としてのヘルパー事業所を強くする為、横のつながりを作っていきたいと考えています。


今年度も残り二ヶ月となり、来年度に向けての準備も始まり忙しくなってきます。
事務に忙殺される事なく、ボチボチとやっていきたいと思います。

今年度の目標は『じっくりと学び、楽しむ』です。
楽しむことを忘れずに精進していきたいところです。

by tumanokokoro | 2018-01-31 22:17 | 事業の話 | Comments(0)

寒い日が続きますね

d0227066_14311831.jpg

寒い日が続きますね。
最近、一時的に吹雪くこともありました。

今年は寒波の影響でグッと寒くなる日が多いように感じます。
毎年、こんなに冷えましたかね。

寒い日の散歩は適度に暖を取れるような配慮が必要になります。
室内での過ごしが良いですね。

インフルエンザなどの感染症にも注意し、体調を崩さないようにしたいです。
寒さに負けず、天気とうまく付き合いながら、ガイドヘルプの仕事に励みたいと思います。

皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-01-30 14:30 | つぶやき | Comments(0)

寒い日は笠置へと

d0227066_17303046.jpg

JR加茂駅から笠置へと向かいます。
雪が舞う寒い日でしたね。
こんな日は温泉が一番です。

本日の目的地は『笠置わかさぎ温泉』です。
京都府南部にありながら、ローカル列車に乗り、小旅行気分も味わえるコースです。
京都府南部でガイドヘルパーをされている方は一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。

加茂駅から一駅ですが川沿いを走る景色に魅了されてしまいます。

笠置駅から徒歩5分で温泉施設に到着します。

d0227066_17344972.jpg

駅チカの便利な温泉スポットです。

泉質も良く、美肌効果も見込めるようです。
湯上りは肌がツルツルになります。

館内のレストランで昼食をとり、休憩室で昼寝をして過ごしました。
寒い日は屋内に限りますね。

寒い冬も楽しく過ごして、春を迎えたいですね。

by tumanokokoro | 2018-01-27 17:30 | お出かけの支援 | Comments(0)

八幡の町を散策

d0227066_21555432.jpg

本日の午前中、八幡の町を散策しました。
約1時間の軽い運動です。

定期的に散歩の支援をさせていただいていた利用者さんが八幡へ引っ越された為、散歩の場所が変わることになりました。

八幡といえば・・・
石清水八幡宮くらいしか知りませんでした。
京阪八幡駅からケーブルカーで登れますが、今回の散歩支援とは意味合いが変わってきます。

ちょっとした気分転換と軽い運動が目的です。
定期的に行う活動なので、イベント的な外出ではありません。

近くの公園や神社を回る散歩です。

本日は八幡での初回支援でした。
下見に行くことを怠り、インターネットの地図で調べて臨みました。

どこに何があるかは把握していたつもりでしたが・・・
「こんな所に、雰囲気の良い寺が!」
「この川沿いは雰囲気が良い散歩コースだったのか!」
実際に歩くと発見が多くありました。

城陽とは違う文化を感じることもできました。
雰囲気が良いですね。

これから、八幡の町を練り歩き、この街が好きになれば良いなと思いました。
これからも、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-01-24 21:55 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_22213524.jpg

「手伝って」と利用者さんから言われました。
初めてのことでした。
学校では聞かれるとの事でしたが、そらいろヘルパーに言われた事はありませんでした。

雨降りの中、カッパを着て移動中にリュックがズレてしまって困った時に言われました。
「手伝って」という言葉を他者へ伝えることは簡単なようですが、そうではありません。

困った時に助けを求めることができず、さらに困る方も多くおられます。
自分の困りごとを他者へ伝えることって、案外、難しいことだと思います。


人はできないことの方が多く、お互いに助け合って生きています。
「手伝って下さい」を言えることは、自立への大きな一歩でもあると思います。


頑張って言ってくれた言葉には、しっかりと応えさせていただきました。
「よく言ってくれたね!」と、伝えてくれたこと自体を褒めさせていただきました。
褒めることで、この行動が強化されて表出が多くなれば良いですね。

困った時に「手伝って」と伝えれば助けてもらえる事を実感してもらい、誰に対しても伝えられるようになれば生活しやすくなるのではないでしょうか。

学校では、意図的に「手伝って」が出るような状況を作っておられるのだろうと思います。
最初は担任教諭の方にだけ伝えられていたことが、般化されてきたのかと思いました。

本人の成長と教育の力を感じる出来事でした。

我々も利用者さんの表出を見逃さないように頑張りたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-22 22:21 | 大切にしている事 | Comments(0)

d0227066_19035216.jpg

本日、京都市内の事業所へお邪魔しました。
老舗法人であり、常に障がい福祉をリードされている法人です。

2004年2月に設立された『京都市居宅介護等連絡協議会』について話を伺う事が目的です。
こたらは立ち上げから事務局をされています。

連絡協議会の立ち上げについての経緯から、設立時の苦労や日々の諸事務についてまで広く教えていただきました。
「ヘルパー事業所のネットワークが必要だ」と考えられてから、設立総会までの期間が約1ヶ月半という驚異のスピードで立ち上げられたと聞き驚きでした。

障がいのある方々の地域生活を支えていく為にはヘルパーの力も必要となります。
設立当時は障害者自立支援法ができる前の『支援費制度』の時代です。

その時点で「ヘルパー事業所のネットワークが必要である」と考えられて協議会を立ち上げられた熱意は想像を超えています。


現在、宇治や城陽の山城北圏域においても同じようなネットワークを創りたいと考えています。
地域に点在する事業所の繋がりは必要不可欠だと思います。
市町村の枠を超えた『繋がり』は、地域で暮らす障がいがある方にとって心強いものになるのではないかと考えます。

行政との関係作りにおいても考えさせられました。

ネットワークを作ることで、障がいがある方も行政もヘルパー事業所もその他の福祉関係機関にとってもメリットが感じられるようにしていきたいです。
まだまだ、組織の形も見えていない状態ですが、志を同じくする仲間と共に創り上げていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-16 19:03 | 地域の話 | Comments(0)

d0227066_12541439.jpg

京都市基幹相談支援センター研修事業として開催された『応用行動分析(ABA)研修会』に参加しました。
メルパルク京都の大きめの会場には大勢の受講者が集まっていました。

興味関心の高さが伺えますね。

応用行動分析について研修を受けるのは初めてになります。


いわゆる『問題行動』とされる行動に対して、どのような支援を考えていくのかを学ぶ研修かと思います。
全4回シリーズの第一弾でした。

『行動の原因』について考えること、行動を理解するための枠組みなど、基礎的な知識を中心の講義でした。

一つの行動には、起こすキッカケや行動の結果などが伴います。
多くの支援者は行動を起こすキッカケについて検討することは多いけれど、行動の結果について検証することは少ないようです。
行動の結果、何を得たかにより、次の行動を起こす動機につながります。

人の行動には過去の経験も影響を及ぼします。

何かの行動を起こした後、褒められたとなれば、次も同じような行動が出てくると思います。
行動の結果、本人にとって不利益なことが起こると、次には行動を起こさなくなるでしょう。

一つ一つの行動について分析をして、行動の結果について適切に対応をする事で、好ましい行動が増えてくると思います。

講義内容は基礎的な要素と言われていましたが、学ぶところが多く勉強になりました。

今後はグループワークなども交えながら、人の行動について考えていく内容になっています。
楽しみです。


研修で学んだことを今後の支援業務に活かせるよう、自分の中で深めていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-16 12:54 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

d0227066_17534207.jpg

本日の午後から文化パルク城陽にて開催された『京都和太鼓フェスティバル in 城陽』に行きました。
太鼓教室にも通われている、太鼓大好きな利用者さんです。

ヘルパーの私は和太鼓のステージを見に行くのは初めての経験でした。

ホールは満席状態で驚きました。
「こんなにも太鼓ファンがおられるのか!?」

地元の太鼓サークルの発表会とプロの太鼓演者のステージです。
和太鼓といっても大きさや種類は様々あり、その組み合わせで曲を奏でられていました。

サークルの方達の発表も良かったですが、後半のプロのステージは圧巻でした。
素人の耳にも、その違いは分かります。

音の質が違うような感じです。
叩き方なのか、太鼓の質なのかは分かりませんが、一つ一つの音が凛としているように聴こえました。

和太鼓とマリンバなどの民族楽器を合わせた演奏も素敵でした。

d0227066_20240771.jpg

コンサートはアンコールもあり、会場が一体となり大盛り上がりでした。
良い時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。

和太鼓って、良いものですね。

by tumanokokoro | 2018-01-14 17:53 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_00003009.jpg

最近は寒いですね。
外で遊ぶより、室内で過ごすことが増える時期ですね。

先日、利用者の保護者の方から嬉しい言葉をかけていただきました。
「スタッフ同士でキチンと情報を共有されているんですね」
前回に起こった出来事が次に支援する別のスタッフに伝わっており、適切に対応できたとのこと。

「個別支援計画の評価書には、うちの子の行動分析がされていて感心しました」とも。
最近、忙しさに埋もれて、個別支援計画の見直しが疎かになりつつありました。
それでも、開業から全利用者の方の個別支援計画は作成して評価しています。

当たり前の事なのですが、これがなかなか難しいものです。

そらいろは、特別な支援はしていませんし、他に誇れる支援技術もありません。
ただ、基本的な業務を地道に続けています。

アセスメント、個別支援計画の作成、モニタリング、再アセスメントの繰り返しをしているだけです。
この業務を行う為の基礎データがケース記録です。
ケース記録を振り返りやすくする為に、毎月、まとめています。

相談記録、苦情受付、ヒヤリハットなどの記録も基本的な業務ですし、これが支援の改善に繋がっています。

基本的な業務を行うことに追われている毎日なのですが、その成果が少しずつ出て来たのかと思い、嬉しく思います。
個別支援計画は長く続けてこそ、意味があるものだと思います。

これからも、基本的な業務を疎かにせず、地道に続けていけたら良いなと思います。

利用者さんの安心と笑顔を絶やさないよう努めたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-13 23:58 | 大切にしている事 | Comments(0)

d0227066_14282068.jpg

忠臣蔵で有名な『赤穂浪士』所縁の地へやって来ました。
そらいろのガイドヘルプでは、最も西への外出となりました。
JR奈良線、東海道・山陽本線、赤穂線と乗り継いで約3時間の電車旅となります。

ローカルな赤穂線からの景色も楽しめます。

降り立った播州赤穂駅は思っていたより大きな駅でした。
さすが赤穂浪士の町です。

瀬戸内海に面した町には風情が漂っていました。
昼食は海鮮を求めて創作ダイニングのお店へ。
豪華な海鮮丼をいただきました。

d0227066_14300663.jpg

11種類の刺身が散りばめられた贅沢な一品です。
かなり食べ応えがありました。

食後は町を散策し、赤穂城跡と大石神社へ行きました。

d0227066_14391659.jpg

d0227066_14302763.jpg

1月7日ですが、まだまだ初詣の雰囲気でした。
今年も良い年になりますよう詣でさせていただきました。

赤穂浪士のように信念を持って働ければ良いかもしれませんね。

2018年も西へ東へとガイドさせてもらえれば嬉しいです。
よろしくお願い申し上げます。

by tumanokokoro | 2018-01-07 14:26 | お出かけの支援 | Comments(0)