カテゴリ:支援の工夫・知識( 91 )

ナイフとフォークとビッグマック_d0227066_14001801.jpg

マクドナルドでビッグマックを注文された方は多いと思います。
すごいボリュームで食べ応えがありますし、人気メニューですよね。
ただ、問題は食べにくいということ・・・

大口を開けないと頬張れません。
ハンバーグとパン、レタス類を綺麗にまとめて噛み切っていくのは至難の業ではないかと。
底側のパンだけなくなったり、レタスがポロポロ溢れたりする経験が何度もあります。

ナイフとフォークとビッグマック_d0227066_14003571.jpg

先日のマクドナルドでは、数量限定のギガビッグマックなるものを注文しました。
かなりのボリュームです。

これを噛み切るのは更なる試練です。

途中までは頑張って頬張りましたが、ハンバーガーの原形をなくしてしまうほどの有様に・・・

恥を忍んで店員さんに声をかけました。
「お箸か何かありますか?」

満面の笑美で店員さんから回答をいただきました。
「ナイフとフォーク、スプーンならごさいます」
「もしかしてお客様、ギガマックを召し上がって下さっていますか?」
「食べにくくて申し訳ございません」

接客業の鏡ですね。

ナイフとフォークとビッグマック_d0227066_14005634.jpg

そんな事より、マクドナルドでナイフとフォークなどがもらえる事を初めて知りました。
ナイフで切り分けると食べやすいサイズにすることができます。

長年利用していても知らないという事は多くあるものですね。
そして、困った時は何でも聞いてみるもんだと思いました。

by tumanokokoro | 2020-02-17 13:45 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

支援ファイルってご存知ですか_d0227066_07382103.jpg

「支援ファイルを見せていただけますか?」
これを城陽市内の児童支援に関わる機関での合言葉にできないかと考えているところです。

支援ファイルって、ご存知ですか?

その名の通り、子どもの支援に関する書類などを綴じておくファイルです。
プロフィールを書いたフェイスシート、支援機関から受け取るアセスメントシートや個別支援計画、病院や学校から受け取る書類などなどを挟み込んでおくファイルとして使ってもらいたい物です。

全国的に進められている取り組みです。

城陽市では『アイリスノート』という愛称でも呼ばれています。
市役所の障害福祉課で配布されていますので、窓口で「支援ファイル下さい」と伝えればもらえるはずです。


城陽市では約8年程前から取り組まれています。
就学前の療育機関である『ふたば園』においては積極的に活用されているものの、卒園後は次第に使われなくなり、ご自宅の本棚等で埃をかぶってしまっているケースが多いようです。

その原因と1つとして、就学後に関わる機関が支援ファイルについて周知できていない点もあるかと思いました。
教育機関や福祉事業所から支援ファイルへのアプローチがない為、保護者としても忘れていってしまうのではないかと。

そこで、先日の『療育部会』において支援ファイルの活用についての協議を行いました。
せっかくある資源ですので、活用しないのはもったいないです。
支援ファイルで用意されているフェイスシートは乳幼児期から青年期までの様子を記載することもできます。
保護者の方が記載されるシートではありますが、支援関係機関と一緒に創り上げることもできると思います。

児童本人を関係機関が共通理解する為に使えるのが『支援ファイル』です。

しっかりと活用していけるよう、今年度は療育部会を中心に取り組んでいきたいと考えています。

そして、数年後には「城陽市は支援ファイルが定着してるから、どこの事業所を利用しても支援がブレないのよ」と感じてもらえるようになれば良いかなと思います。

まずは、知ってもらうことからスタートです。
「支援ファイルを見せて下さい」
事業所等での最初の面談時には、一声掛けられるよう努めたいと思います。

by tumanokokoro | 2019-05-18 07:38 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

初めてのお使い

初めてのお使い_d0227066_16373913.jpg

「このお茶パック、40個入りの箱を一つ買って来て下さい。あっ、プレミアム版は苦かったから普通版で」と依頼を受けて、買い物代行の支援を行いました。
その他、白ネギ、のど飴、ペットボトルのほうじ茶も依頼されました。

全て銘柄の指定があったので写真に撮って行きました。
白ネギは青ネギと間違えないよう確認もしています。
事前の準備は完璧です。

本日、予定していたヘルパーが休みとなり、急遽、交代で私が対応させていただきました。
買い物代行の支援は久しぶりです。


そして、スーパーマーケットへと向かいました。
「まずはネギから・・・」と野菜売り場へ。

白ネギが3種類あります!
そして、利用者さんから聞いていた「3束198円」の物は見当たらず・・・
2束198円の物、1束59円の物しか・・・

焦って野菜売り場を探し回り、他にないか探してた手に取ったのは・・・セロリ。
見間違いです。

結局、利用者さんに連絡して再確認しました。

お茶パックも予想外に種類が多く、探すのに手間取りました。

商品って多いですね。
同じ商品でも、色々なメーカーが出しているだなぁと勉強になりました。

事前に写真を撮って行っていて良かったです。
大体のイメージでは買い物を遂行できませんでした。

買い物の代行って、案外難しいものですね。
家事援助の支援、侮れません。

そして、日々の買い物で数ある商品から取捨選択されている主婦の皆様を尊敬します。
野菜売り場で白ネギを選ぶだけで右往左往しているようでは生活できませんね。

買い物のスキルもアップさせたいと感じた支援の時間となりました。

by tumanokokoro | 2019-04-25 16:37 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

マラソン伴走者

マラソン伴走者_d0227066_00042383.jpg

先日の城陽マラソンのゼッケンを眺めながら、振り返っていました→こちら
1日経っても足には程良い疲れが残っています。

初出場となったマラソン大会では色々な発見がありました。
思ったよりも参加者が多かった事やぜんざいやうどんが振舞われる事、足湯があった事などもありましたが、一番印象に残ったのは『伴走者』のゼッケンを付けている方が数名おられた事です。

伴走者とは、選手の横について一緒に走る方の事です。
伴走者ゼッケンを付けておられる方の中にはガイドヘルパーの方もおられました。
一人では走ることが難しい方(体力的ではなく)へのサポートをされるのが伴走者の役割だと思います。

こんな支援もあるのだと勉強になりました。

伴走者の方って、利用者の方のペースに合わせて走ることになりますので、結構体力が必要だと思います。
5kmとは言え、自分のペースで走れないのは辛いと思います。

「こっちですよ」「頑張りましょう」などと声をかけられながら走られているのが印象に残りました。

そらいろでは伴走者の依頼を受けたことはありません。
今後は伴走ニーズもあるかもしれません。
5kmコースなら対応可能かもしれませんので、来年の城陽マラソン大会に出ようかと思われている方はお声掛けください。

1年間、トレーニングを積み重ねて臨みたいと思います。
参加の機会を保障することもガイドヘルパーの大切な役割ですね。

色々と勉強になったマラソン大会でした。

by tumanokokoro | 2019-03-11 23:04 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

たかが買い物、されど

たかが買い物、されど_d0227066_23422632.jpg

「コーヒーのミルクを買いたいんや」と話され売り場へやって来ました。
スーパーには多くの商品が並んでいますね。

買い物って日常の何気ない活動ですが、案外難しい社会活動だと感じます。

「当店のポイントカードはお持ちですか?」と不意にレジで声をかけられ慌てることも・・・
「どのカードやったかな」と焦ること、ありますよね。

枕、鉛筆削り、洗剤、コーヒーと買いたい物リストがあります。
どの店から回ろうかという計画を立てることも必要です。

どうすれば効率が良いかと考えます。

枕選びは時間がかかりそうなので最初に行っても良いし、購入品が決まっているものから先に回っても良いです。
これは個々人の考え方によりますね。


「鉛筆削りは手動ですか?電動ですか?」と急な選択に迫られることも。

「電動が楽やな」と選ぶも値段は高めです。

電動にも電池で動かすタイプとコンセントの二種類がありました。
買い物は選択の連続です。

電池タイプを選ぶと、電池の購入も必要になります。
買い物リストが増えますね。

「電池はどこで買おうかな?」と計画変更が必要かと思いきや、すぐ側に電池が売っていたりするものです。
お店側の配慮(作戦?)を感じました。


「こちらのセルフレジで支払いをお願いします」
最近は機械での支払いもあります。

どこにお金を入れるのか戸惑うことも・・・
レシートが必要な場合はボタンを押さないといけなかったりします。


たかが買い物、されど買い物です。
同じ商品が店によって微妙に値段が違ったりもしますし、賢い買い方を追求すると奥が深そうです。

ガイドヘルパーはちょっとした生活をサポートする仕事でもありますね。

by tumanokokoro | 2019-01-09 23:41 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

お風呂の使い方 in ゆ〜ゆ_d0227066_12104767.jpg

京都市伏見区桃山にある施設内にある『ゆ〜ゆ』という入浴施設です。
毎週、利用させていただいています。
眺めを楽しみながらお風呂に入れるので、気持ちが良さそうです。

今回、中に入ると『利用方法』が置かれていました。
お風呂の準備から片付けまでがの流れが書かれています。
写真付きの解説書で分かりやすくなっています。

この手順で準備をさせていただきました。
ボイラー室の湯沸かし器の位置が分からず、スタッフの方に教えてもらいましたが、ほぼ自立して準備できました(ヘルパーが)。

お風呂の使い方 in ゆ〜ゆ_d0227066_12104900.jpg

浴室内にもシールが貼られていました。

お風呂の使い方 in ゆ〜ゆ_d0227066_12105327.jpg

『あつい』『ぬるい』などの表示は助かりますね。
初めて訪れた時には分かりませんし。

『あつい』の反対が『つめたい』ではないところに、温もりを感じました。


視覚的に伝えられると、分かりやすくて良いですね。
失敗が減ると、心に余裕ができますし、居心地も良いです。

些細な配慮ですが、効果は大きいなと感じてお風呂場を後にしました。

by tumanokokoro | 2018-05-01 12:10 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

ポジティブな声かけを大切に_d0227066_23000409.jpg

駅のホームで超ノリノリで楽しさを表現されています。
好きな電車を見物されています。

特急電車などの通過時は迫力があります。
その時の臨場感を身体で表現されているようにも思いました。

本日も定番コースへのお出かけを支援させていただきました。

移動の際に気になるものがあれば目を奪われがちな利用者さん。
「〇〇が終わったら、次へ移動しましょう」とヘルパーから声をかけさせていただきます。

スムーズに移動される時もあれば、時間をかけて動かれる時もあります。
好きなものを見ている時間はプライスレスですので、そこから気持ちを切り替えて移動するのは難しいことだと思います。

「よし!」と気持ちを切り替えて動いてくれているのではないかと。
頑張って気持ちを切り替えてくれた時には感謝の意を伝えたいと思いました。

「気持ちを切り替えて、移動してくれてありがとう」と言葉で伝えることは大切です。
案外、このような声かけはできていないことが多いと思います。

『良い行動』には良い評価を。
誰でも、良い評価を受ければ嬉しいものです。

先日から受講している研修で学んだことも活かして支援の工夫を行なっています。




前向きな声かけを多くして、楽しい時間を作っていけるように心掛けたいですね。

by tumanokokoro | 2018-02-11 22:58 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

経験をサポートする仕事

経験をサポートする仕事_d0227066_11471318.jpg

本日の午前中、バスでお出かけをしました。
いつも乗るバスで、いつもの公園へ向かいました。

もう慣れたものです。

出発前、スケジュールを作って行程の説明をしました。

いつもは『緑色のバス』に乗り、終点で降りれば到着するのですが・・・
本日は市内イベントの為、一部区間が運休していました。
その影響で途中で乗り換えが必要となりました。

この情報は事前に知っていたので、出発前にヘルパーは説明しました。

『緑色のバス』『ピンク色のバス』『プラムイン城陽』と順番に写真カードを並べて伝えたところ・・・
「ちがう」と言い、ピンク色のバスを外してしまいます。

当然です。
いつもと違いますから。

「でも、今日はバスが止まっていて、途中で乗り換えないといけなくて」と口頭で説明しますが、うまく伝えられず・・・

経験をサポートする仕事_d0227066_11540714.jpg

事務所内での説明では限界を感じました。
経験したことがない事を聞かされても、何のこっちゃ分からないのでしょう。

「よし、行ってみよう!」と気合を入れて出発。

ニコニコでバスに乗車し向かいます。

そして、運命の乗り換え地点(JR城陽駅)へ。
スケジュールには、さりげなく『ピンク色バス』を貼っておきました。

いつもは降りないバスていで、「降りる」と声かけして、『緑色バス』カードをお終いにします。
「なんで?」という感じでしたが、丁度、目の前にピンク色バスが停まっており、何となく分かりやすい状況でした。

ヘルパーに促されてバスを降り、初めてのピンク色バスへ。
目的地のプラムイン城陽へは行きますが、経路が異なります。
初めて通る景色に不安そうでした。

ヘルパーは「公園へ行くよ」と声かけするのみです。
少しでも安心できれば良いかなと思い、ヘルパーは動じないようにしました。

経験をサポートする仕事_d0227066_12012123.jpg

プラムイン城陽に到着すると、安心していました。
そして、いつもの公園で遊ぶことができました。

ひと安心です。


帰りも同じように乗り換えが必要でしたが、余裕の表情でした。
行きの体験が活かされています。

経験の力は大きいですね。

急な変更や見通しの持てない活動は苦手な方が多いですが、変更の伝え方を工夫する事で良い経験を積み重ねる事ができるのでないかと感じた支援でした。

ガイドヘルプは経験のサポートでもあるかと思います。
多くの経験を積み重ねてもらえるよう、適切な支援を続けていきたいですね。

色々と学びの多い半日のお出かけとなりました。

by tumanokokoro | 2017-11-23 11:46 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

街の構造化 at 地下鉄

街の構造化 at 地下鉄_d0227066_21531764.jpg


電車を降りて、ホームから改札階へ上る時、階段を見て驚きました。
ずっごいインパクトで、階段の上り下りが明確に分かります。

京都市営地下鉄四条駅の階段です。

「この階段って、こんなんやったかな??」とヘルパー同士で話しました。
先月、四条駅を利用した際は矢印のペイントはなかったような・・・

観光都市京都ならではの工夫なんでしょうね。
外国人観光客が多いので、誰にでも分かりやすくする必要があるんですね。

『目で見て分かる』というのは親切ですし、万国共通ですね。

視覚的な支援は誰にでも必要なのだと感じました。

街が自然と構造化されていくのは良いことですね。
by tumanokokoro | 2017-07-23 21:39 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

電車見物中 in 西院

電車見物中 in 西院_d0227066_22051946.jpg


今日は天気が良く、お出かけ日和でしたね。
こんな日は電車見物も楽しいです。

嵐電西院駅付近で電車見物をされました。

電車見物中 in 西院_d0227066_22052073.jpg


見る電車の台数を決めています。
ボードに台数分のカードを貼り、見終わるとカードを外していきます。

カードがなくなると見物終了で移動します。
ルールを決めた電車見物です。


楽しい時間は計画的に!
スムーズな外出を支援したいと思います。
by tumanokokoro | 2016-12-18 21:48 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)