d0227066_00304255.jpg

本日の午前中、宇治市総合福祉会館にて『やまきたヘルパーネットワーク』の定例会を行いました。
テーマは宇治市の地域生活支援事業とレスパイト事業です。

移動支援や日中一時支援についての利用については宇治市役所障害福祉課の方から説明をしていただきました。
宇治市が実施されている移動支援では、グループ支援や通学支援という類型もあります。
城陽市にはない制度です。

制度の概要を簡単に教えていただき、利用状況などを知ることができました。

移動支援の説明で一番驚いたのは、施設入所者も利用できるという点でした。
入所している施設での外出支援を受けられない状況である事などの要件を満たせば支給決定されるとの事。
入所施設の方は公的なガイドヘルプは利用できない事が多いです。
宇治市では昨年度から利用できるようになったようです。

d0227066_00304347.jpg

次に『レスパイトサービス』について、宇治東福祉会の鳥羽氏より説明をしていただきました。
移動支援などの制度が始まるより前にできた、2001年開始のサービスです。

開始当初、私も介護人としてレスパイトサービスに携わっていましたので懐かしかったです。

現在のように福祉サービスのメニューがない時代に、地域生活を支えるセーフティネットでした。

レスパイトサービスが生まれてきた背景について、障害福祉の歴史を振り返りながら説明して下さりました。
障害者権利条約についての話を聞くと、心に熱いものが込み上げます。

d0227066_00304437.jpg

その後、グループワークです。
宇治市の地域生活支援事業について話を深めました。

グループ支援や通学支援を実施している事業所からは具体的な苦労話も聞かせていただきました。

d0227066_00304607.jpg

グループワークには、障害福祉課の方にも入っていただきました。
事業所と行政の方が同じテーブルで議論して、情報共有を行う時間というのは貴重です。

限られた時間の中でも話題は尽きません。


やまきたヘルパーネットワーク定例会はグループワークが中心です。
情報共有と意見交換の場であります。

障がいがある方の地域生活を支えるヘルパーからの声を吸い上げ、より良い支援に結び付けられるような取り組みを続けていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-10-17 23:30 | 地域の話 | Comments(0)