2018年 01月 22日 ( 1 )

「手伝って」と伝えられること

d0227066_22213524.jpg

「手伝って」と利用者さんから言われました。
初めてのことでした。
学校では聞かれるとの事でしたが、そらいろヘルパーに言われた事はありませんでした。

雨降りの中、カッパを着て移動中にリュックがズレてしまって困った時に言われました。
「手伝って」という言葉を他者へ伝えることは簡単なようですが、そうではありません。

困った時に助けを求めることができず、さらに困る方も多くおられます。
自分の困りごとを他者へ伝えることって、案外、難しいことだと思います。


人はできないことの方が多く、お互いに助け合って生きています。
「手伝って下さい」を言えることは、自立への大きな一歩でもあると思います。


頑張って言ってくれた言葉には、しっかりと応えさせていただきました。
「よく言ってくれたね!」と、伝えてくれたこと自体を褒めさせていただきました。
褒めることで、この行動が強化されて表出が多くなれば良いですね。

困った時に「手伝って」と伝えれば助けてもらえる事を実感してもらい、誰に対しても伝えられるようになれば生活しやすくなるのではないでしょうか。

学校では、意図的に「手伝って」が出るような状況を作っておられるのだろうと思います。
最初は担任教諭の方にだけ伝えられていたことが、般化されてきたのかと思いました。

本人の成長と教育の力を感じる出来事でした。

我々も利用者さんの表出を見逃さないように頑張りたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-22 22:21 | 大切にしている事 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧