2017年 07月 23日 ( 1 )

街の構造化 at 地下鉄

d0227066_21531764.jpg


電車を降りて、ホームから改札階へ上る時、階段を見て驚きました。
ずっごいインパクトで、階段の上り下りが明確に分かります。

京都市営地下鉄四条駅の階段です。

「この階段って、こんなんやったかな??」とヘルパー同士で話しました。
先月、四条駅を利用した際は矢印のペイントはなかったような・・・

観光都市京都ならではの工夫なんでしょうね。
外国人観光客が多いので、誰にでも分かりやすくする必要があるんですね。

『目で見て分かる』というのは親切ですし、万国共通ですね。

視覚的な支援は誰にでも必要なのだと感じました。

街が自然と構造化されていくのは良いことですね。
by tumanokokoro | 2017-07-23 21:39 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧