初めての散歩支援

初めての散歩支援_d0227066_01150276.jpg

本日、初めての散歩の支援です。
一学期の登下校の支援で関わらせていただき、少しずつヘルパーとの信頼関係ができてきました。
笑顔でヘルパーを受け入れてくれるようになった頃に終業式を迎えました。

長い夏休みに突入です。
夏休み期間中、朝から夕方までの過ごしの支援をさせてもらえれば良いのですが・・・
ヘルパーの力不足で長い時間の過ごしには大きな不安がありました。
そこで、保護者の方に無理をお願いして、1〜2時間の散歩の支援から始めさせていただくことになりました。
その初回が本日でした。

初めての散歩支援_d0227066_01150447.jpg

自宅へ迎えに行くと、満面の笑みで迎えてくれました。
その笑顔を見て、力不足だと不安ばかり募らせていた自分が恥ずかしくなりました。

暑い昼間のお出かけとなりましたので、可能な限りは屋内での過ごしをしようと誘いました。
スーパーへの買い物も初めて同行しました。

欲しいお菓子を見つけて手に取ると、ニコニコと落ち着いた様子。
レジではバーコードをスキャンする機械を手にしてアピール!
「これでピッとするんやなぁ」と声かけして共有しました。

お菓子を持って、文化パルク城陽へ向かいました。
入口に電車の展示のポスターがあり、それを指差す利用者さん。
「行ってみよう」と4階へ。

初めての散歩支援_d0227066_01150551.jpg

電車の写真や鉄道模型がありました。
電車が好きな利用者さんにとっては宝箱のような場所です。

館内をぐるっと回り、一旦出て、また戻ってくるというような感じで楽しみました。
エレベーターでの移動やスロープの登り下り、4階から見る城陽市の街並みなどを楽しまれました。

歩いて移動できる方ですが、安定して移動できるように車椅子を用意しました。
スイスイと快適に移動できます。

猛暑の中、歩き一辺倒はバテますし。

初回の支援は2時間程度の過ごしとなりました。
色々と想定していましたが、とても落ち着いた過ごしとなりました。

「〇〇へ行く?」「やめておく?」などと行き先や過ごし方については本人に確認しながら進めました。
イエス、ノーをはっきりと伝えられるので、とても分かりやすかったです。

利用者さんが「やりたい」と思う活動に付き合うのがヘルパーの本分です。
初めての支援は本人主体で行動できたのではないかと思います。

まだまだ夏休みは続きますので、またお出かけしたいですね。

by tumanokokoro | 2021-07-31 01:14 | お出かけの支援 | Comments(0)