NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

実は難しい仕事をしているんですね

d0227066_13005393.jpg

本日、支援の引き継ぎを行いました。
ガイドヘルプの引き継ぎ業務は日々ありますので珍しくはありません。

新ヘルパーへ引き継ぐ際はベテランヘルパーが同行して支援現場において注意事項を伝えます。
OJTと言われる育成方法ですね。

事前に利用者さんの特性、外出の流れ、目的などの情報は伝えておきます。
ケースによっては事前情報の伝達のみで引き継ぎが終わる場合もあります。

支援内容やスタッフの経験・スキルにより、引き継ぎ方法は変わるかと思います。

d0227066_13005677.jpg

ベテランヘルパーに見守られている安心感と同時に緊張感も感じているのではないかと思います。
利用者さんとしても、ヘルパーが二人いると違和感を感じるかもしれません。

今回は初心者ヘルパーではなく、久々に支援に入るヘルパーへの引き継ぎでした。
思い出しながら支援をしてもらう感じです。

また、支援に入っていない期間に変わった事について確認も行いました。

ガイドヘルプの引き継ぎをしていて、いつも感じるのは、「ガイドヘルプって難しい」という事です。
慣れたヘルパーは何気なくこなしていますが、実はとても難しいことを柔軟にこなしている訳です。

今回引き継いだ外出支援は『毎週日曜日に同じ場所へ行って過ごす』というものでした。
毎週同じ場所へ行くのだから、パターンを覚えてしまえば簡単なように思えますが・・・

外出支援の面白いところは、日によって周囲の状況が異なるということです。
電車内で遭遇する人たちの顔ぶれは毎日違います。
今日は幼稚園児の団体と一緒に乗り合わせました。
外国人観光客が多く乗っていることもあります。

周囲の状況により、利用者さんへ配慮する内容も変わります。
子どもの声が苦手であれば、幼稚園児グループからは離れた方が良いですし。

他にも行きつけの店が閉店したり、新しい店ができたりします。
今日は行きつけのコンビニが閉店しており、スーパーで買い物をしました。

雨の日、暑い日、極寒の日など、天気に影響を受けることもあります。

出会う人も様々ですし、ガイドヘルプの仕事は臨機応変に動く必要があります。

万が一、事故のような緊急事態が起こった時にはヘルパーが対応しなくてはいけません。
その時に焦らなくても良いよう、先日のような研修を開催しています→こちら

お出かけ先を沢山知っておくことも必要です。
障がいや疾病の特性についての知識も必要ですし、本当に色々な知識と経験が求められる仕事ではないかと思います。

そんな難しい仕事を毎日実践してくれているヘルパーの皆様には頭が上がりません。
事故なく楽しい外出支援を続けられるように努めていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2019-10-06 13:00 | つぶやき | Comments(0)