施設見学 to 愛隣館

d0227066_23225445.jpg

本日の午前中、ヘルパー勉強会として施設見学を行いました。
毎年、一度は他事業所の見学をさせていただいています→こちら

今年度は京都市伏見区向島にある愛隣館です。

私は前職場時代から長く付き合わせていただいている法人ですが、このような形でキチンと説明を受けるのは初めてでした。
「熱い気持ちを持った人達の集団」という漠然としたイメージを持っていましたが、今回の見学で法人概要や歴史、活動内容を聞くことで熱さの根源が分かったような気になりました。

d0227066_23225519.jpg

重症心身障害といわれる方々の通所の場を見せていただきました。
「利用者さん」と「支援者」という単純な関係を超えた世界観を感じることができました。

最近の福祉施設にはびこる『常識』のような関わりについて、良い感じで飛び越えられているように思いました。

d0227066_23225618.jpg

今回の見学で参加スタッフが一番驚いていたのは『多様性』でした。
スタッフ、利用者、関係者の方々に本当に色々な方がおられるということ。

得意分野を活かして働いてもらうことが自然に実践されていました。

「そらいろで、どこまでできるか分からないけど、将来的には近付きたいですね」と話すスタッフもいました。

今回の施設見学での目的は単純に施設を見るというものではなく、愛隣館のミッションを肌で感じることでした。
その片鱗を感じることができたのではないでしょうか。

「愛隣館の側から離れられないわ」と言われている利用者の方は多くおられるのではないかと思います。
そんな場所に、そらいろも近づければ嬉しいですね。

明日からのヘルパー支援に力を注ぎたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-10-19 23:22 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)