不登校時の支援について学ぶ at 療育部会

d0227066_23051081.jpg

本日午前中、城陽市障害者自立支援協議会の療育部会に参加しました。
部会の皆様が集られる前に会場に入りました。

今年度、そらいろは部会長をさせていただいています。
療育や障がい児支援について考える部会です。

参加されているのは市内の教育・療育関係施設の方々です。
児童支援のプロの皆様を前に素人の私が部会長をさせていただくのは畏れ多いところです。
ただ、素人ならではの視点もあるのではないかと考えています。


今回の内容は、不登校時における福祉サービス利用について事例を通して情報共有を行いました。
『福祉と教育の連携ルール』といわれるものがあることを知りました(他の方は周知されていましたが)。

教育と福祉の関係機関が連携して支援を行う中で大切にしていくことなどを話し合いました。

不登校時に福祉サービス利用ができるようにすることが目的ではなく、ケースバイケースで児童と保護者の思いをカタチにしていくことが大切なのだと感じました。
支援計画を共有化することですね。

学校にはスクールカウンセラーの他にソーシャルワーカーもおられる事を知りました。

福祉と教育をつなぐ機関もありますし、色々と複雑になっていますが、1つ1つを整理して覚えたいと思いました。

良い学びの機会になったと思います。

次回の部会は10月になります。
皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-07-12 23:05 | 地域の話 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧