やまきたヘルパーネットワーク 自閉症支援

d0227066_23015284.jpg

本日の午前中、やまきたヘルパーネットワーク定例会を行いました。
先月に続いて2回目となります→1回目はこちら

今回のテーマは『自閉症支援』についての情報交換です。

1回目に比べると参加者は減りましたが、参加者の皆さんは熱心に講義に聞き入って下さりました。

d0227066_23015444.jpg

障がい特性についての基本的な知識、構造化のアイデア、氷山モデルの考え方などなど。
何度も聞いて確認しておきたい事ばかりです。

ビデオによる事例を見て、グループで考える時間も作りました。
障がい特性を踏まえて、氷山モデルのワークシートを使って考えるワークです。

d0227066_23095067.jpg

グループワークで他事業所スタッフ間での情報共有が図れました。
「うちの事業所では、こんな支援をしています」
「ちょっと、こんな事で困っています」
「そのケース、ひょっとして不安定の原因は、この特性に基づいているのかも」
などなど、グループワークでは自由な意見が交わされます。

ちょっとしたケース会議ですね。


2回目の定例会も無事に終了しました。
次は秋頃に開催したいと思っています。

定例会のテーマは決めていませんが、運営を共にする事業所と相談して決めていきたいと思います。
人材育成についての情報共有でも良いですし、各市町村の地域生活支援事業についての比較をするのも面白いかもしれません。

ヘルパー現場における医療的ケアの実態や重度訪問介護の実施状況についての確認も必要かと思います。

ヘルパー事業所といっても得意とする分野は色々あり、千差万別です。
あらゆる事業所が地域に集まることで、豊かな地域生活を支援できるようになると思います。

今後も、ヘルパー事業所が強くなれるような取り組みを実践していきたいですね。

皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-06-29 23:00 | 地域の話 | Comments(0)