そらいろ勉強会 『根拠ある支援を目指して』

d0227066_13160696.jpg

本日、今年度1回目の『そらいろ勉強会』を開催しました。
今回のテーマは『根拠ある支援を目指して』で、自閉症支援について全2回の講義・演習を行います。

自閉症支援についての内容は毎年実施させていただいていますが、今回はレベルアップさせた内容になったのではないかと感じます。
障害特性を理解し、個別のアセスメントで評価した内容を基に支援計画を立てていくことを知ってもらいたいという主催者側の思いがあります。

現場で支援にあたるヘルパーが感じた内容を基に支援を検討していく中で、障害特性についての理解は欠かせません。
利用者一人一人に合わせた支援を行う為には、適切なアセスメントが必要になります。

内容的には難しいものになりますが、それを分かりやすく教えて下さる方を探して、今回の講師にお願いさせていただきました。

d0227066_13162811.jpg

長年、入所施設において自閉症の方への支援に携われ、京都を中心に支援者育成に取り組まれています。
当勉強会では、初の女性講師となりました。

d0227066_13165115.jpg

具体例等を交えて、難しい内容を分かりやすく説明して下さりました。
所々に演習などを入れて、受講者が積極的に取り組めるようにして下さりました。

d0227066_13171415.jpg

軍手をはめて折り鶴を作るというワークです。
やりづらくなりますね。

やりづらい作業をしている横で支援者から励まされるという状況の経験です。
いくら励まされても、苦手な活動ばかりをやり続けることは辛いですよね。

そもそも折り鶴の折り方が分からない方が何人もおられ、折り方を教わりながら進めるという方もおられました・・・
手先を動かしながら行うということで盛り上がる時間となりました。

今回は障害特性についての説明が主となりました。
三つ組みの特性を中心に詳しく教わることができました。

ボリュームたっぷりの内容でしたので、次回へ持ち越しとなった分もあります。

次回は演習中心となります。
支援方法についての具体的な話(構造化、スケジュールなど)になるかと思います。


また、今回は勉強会実行委員事業所(チャレンジ、かめさん)以外のヘルパー事業所の方も参加して下さりました。
先日の『やまきたヘルパーネットワーク』での繋がりから興味を持っていただきました。

このような勉強会が山城北圏域に広がっていく事を期待します。

by tumanokokoro | 2018-06-08 13:14 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る