2月を振り返って

d0227066_23404430.jpg

2月も終わりになると、春を感じる日が増えてきます。
今月の初めは寒波で寒い日も多くありましたので、一ヶ月で季節の変化を感じました。

2月は日数が少ないことから、あっという間に過ぎ去ったように思います。
しかし、今月は勉強会や出張、決起集会など盛り沢山の出来事がありました。

来年度に向けて、動き始めたひと月になったようにも思います。


そらいろ勉強会では、重症心身障がい児の方への支援について学びました→こちら
『あそび』について、深い考えを教えていただきました。

外部の研修では、応用行動分析を学びました→こちら
学びを実際の支援に活かせるように努めました。

自閉症支援のトレーニングセミナーを受講するスタッフもいました→こちら
その他、強度行動障害支援者養成研修の受講など、学び多き月とりました。

代表の私は東京へ出張して、全国各地で活躍される方々の実践例に触れました→こちら
そして、これからの障がい福祉について語らうことができました。


地域活動として、山城北圏域のヘルパー事業所のネットワークを作るべく動きました→こちら
有志による事務局を設置し、ネットワーク組織づくりに一歩を踏み出すことができました。
その名も『やまきたヘルパーネットワーク』です。(まだ仮称ですが)
来年度には、第一回目の定例会を開催予定です。

宇治、城陽、京田辺、八幡、久御山、井手、宇治田原にある事業所へ趣旨説明等の案内を送りたいと思います。
緊張感もありますが、ワクワクします。


d0227066_23550529.jpg

全ての基本は支援現場から生まれます。
目の前の方へ適切な支援を行えるよう、我々は努力し続けたいと思います。

先日、福祉サービス第三者評価の受診もありました→こちら
そらいろの得意不得意が分かってきました。

上手くいっている取り組みは継続して伸ばし、足りていない点は少しずつでも改善できるようにしていきたいと思います。

今年度もラスト一ヶ月となりました。
そらいろ7年目のシーズンに向けて、最後まで気合を入れて頑張りたいと思います。

皆様、よろしくお願いします。

by tumanokokoro | 2018-02-28 23:40 | 事業の話 | Comments(0)