応用行動分析(ABA)研修会 第三回

d0227066_13042680.jpg

本日の午前中、応用行動分析の研修を受講しました。
全4回の研修で、今回は3回目です。

毎回、内容はボリュームがありますが、分かりやすく解説して下さるので分かったような気分になります。
講義後、研修報告書を書く段階にて手が止まってしまいます。

しかし、講義開始時に『前回の振り返り』をしてくれるので、そこで理解を深めることができています。
至れり尽くせりの内容です。

今回の内容は『罰による対応がもたらす影響』について学び、『罰対応に寄らない対応』について考えました。
問題行動を起こさなくても、自分の求める結果に辿り着けるようにする為の代替行動を教えていく支援です。

個別支援計画を作成するプロセスにおいて、活用できる課題分析や行動分析でした。


講義とグループワークを絡めながら進めて下さるので、受け身にならないので頭が働きます。

ここで学んだ内容を、私が他のスタッフへ伝えないといけません。
上手く伝えられるようにテキストを見直したいと思います。


「支援は必要最低限で」という言葉がありました。

良かれと思って、ついつい余計な支援(お節介)をしてしまっている自分を振り返りました。
反省ですね。


毎回、気付きと反省ができる時間となっています。
次の最終回が楽しみです。

そして、また来年度も同じ研修を開催して欲しいですね。
次は京都府南部で!

障がい福祉の支援だけではなく、教育や雇用においても活用できる技術ばかりだと思いました。
人材育成の視点でも聞ける講義でした。

人材育成も『正の強化』で伸ばしたいですね。

by tumanokokoro | 2018-02-20 13:04 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る