応用行動分析(ABA)研修会 第一回

d0227066_12541439.jpg

京都市基幹相談支援センター研修事業として開催された『応用行動分析(ABA)研修会』に参加しました。
メルパルク京都の大きめの会場には大勢の受講者が集まっていました。

興味関心の高さが伺えますね。

応用行動分析について研修を受けるのは初めてになります。


いわゆる『問題行動』とされる行動に対して、どのような支援を考えていくのかを学ぶ研修かと思います。
全4回シリーズの第一弾でした。

『行動の原因』について考えること、行動を理解するための枠組みなど、基礎的な知識を中心の講義でした。

一つの行動には、起こすキッカケや行動の結果などが伴います。
多くの支援者は行動を起こすキッカケについて検討することは多いけれど、行動の結果について検証することは少ないようです。
行動の結果、何を得たかにより、次の行動を起こす動機につながります。

人の行動には過去の経験も影響を及ぼします。

何かの行動を起こした後、褒められたとなれば、次も同じような行動が出てくると思います。
行動の結果、本人にとって不利益なことが起こると、次には行動を起こさなくなるでしょう。

一つ一つの行動について分析をして、行動の結果について適切に対応をする事で、好ましい行動が増えてくると思います。

講義内容は基礎的な要素と言われていましたが、学ぶところが多く勉強になりました。

今後はグループワークなども交えながら、人の行動について考えていく内容になっています。
楽しみです。


研修で学んだことを今後の支援業務に活かせるよう、自分の中で深めていきたいと思います。

by tumanokokoro | 2018-01-16 12:54 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧