2月を振り返って

d0227066_2242629.jpg


2月最後の今日は快晴でした。
梅の花が綺麗な時期ですね。

これから少しずつ春らしくなっていくのでしょうね。
気持ちが明るくなりそうですね。

しかし、業務としては年度末ですので、あらゆる報告書類に追われている時期です・・・
今月も後半からは年度末の報告書類の作成に取り掛かりました。


2月は28日間しかないので短いですが、私には長く感じた一月でした。

大きな出来事としては、昨日の第三者評価受診です→こちら
数ヶ月に渡り、準備を進めてきましたので、大きな山を越えてひと安心です。


ヘルパ支援においては、寒い中でも関西一円への外出支援は行われました。
先月に引き続き『電車の旅』がブームとなっています→こちら

元々、電車好きの利用者さんは多かったのですが、最近は同級生の利用者さん同士が意識し合う感じで電車の旅へと向かわれている感じでした。

大阪環状線や大和路快速には何度も乗らせていただきました。

電車に乗るだけではなく、見ることを共有するという関係性も生まれました→こちら



入院されている利用者さんへの支援を行うこともあり、入院時の支援について市町村格差を感じました→こちら

日々の実践の中から地域課題というものは浮き彫りになってくるものですね。



研修関係では『そらいろ勉強会』を二回開催することができました。

自閉症支援の勉強会では、ガイドヘルプの事例を検証しながら、障害特性を踏まえた支援について考えさせられました→こちら

食事介助の勉強会では、介助を受ける側の気持ちや介助者と被介助者の相互関係について考える機会になりました→こちら


代表の私は東京出張させていただきました。
全国障害者生活支援研究セミナーに二日間参加し、本人中心支援について議論を深めることができました→こちら

また、全国的な繋がりを作ることができました→こちら
「そらいろ」の名を、少しは広めることができたのではないかと思います。


事務的な事では、新しいコピー機を購入しました→こちら
事務所ベランダの屋根も修理しました→こちら

少しずつ事務所らしく変わっています。


社労士の方と進めてきた新しい雇用体系に合わせた就業規則についても整備できました→こちら
着々と来年度の準備も出来ています。


来年度からの新規採用職員も決まりました→こちら
パートから正職員に転換されます。

明日のそらいろを支えてくれる人材です。


来年度から報酬単価改正もあり経営的にはシビアになりそうですが・・・こちら
我々は足元を固めながら地道に支援業務を積み重ねるだけです。
「本人中心支援」の実践により、当法人が理念に掲げる『当たり前の生活』を実現させるのみです。


制度や時代が変わろうとも、誰もが当たり前に幸せになれるよう力を尽くしたいと思います。
来月は今年度の総決算です。

あっという間に過ぎ去るようにも思いますが、来年度に向けて良い準備を行えればと考えています。

3月はバーベキューもありますし、皆様、よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2015-02-28 22:12 | 事業の話 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧