人が育つ・職場が変わる 気づき力セミナー

d0227066_16525527.jpg


本日はハートピア京都にて開催された研修を受講しました。
そらいろが力を入れている人材育成を行うにあたり、必要不可欠な研修内容だと思い、参加を決めた研修です。

講師は久田則夫先生です。
私は初めて講義を受けましたが、非常に聞きやすく、的確に教えて下さる内容でした。

講義の最初と最後に「この研修は終わってからが始まりです」と強調されました。
研修を受けた後、それぞれが事業所に戻ってからが本当の勝負だということです。

人が育つような職場に変えていけるように、気づきを与えてくれる研修です。


午前は講義、午後はグループ演習でした。
演習では、参加者の職場て起こる課題について話し合い、解決策を探るという内容でした。

「職員間のコミュニケーションが悪い」
「支援方法が統一されていない」
「利用者への不適切な対応を行う職員がいる」
「年上の後輩への指導方法に悩む」
などなど、各現場の悩みが挙がりました。


先週受講したアンガーマネジメント研修の時にも感じましたが、多くの職場で人間関係のトラブルや支援方法等の共有がなされていない問題が多くあるのだなぁ、と思いました。

グループ討議の中で、他の方の意見を聞きながら、私自身は「そらいろ」について思い返していました。
職員間の意識統一の課題について意見を述べながら、そらいろが進めるキャリアパス制度について、必要性と意味を再確認することもできました。


人が育ち、向上心を持ち、達成感を感じながら、長く働ける職場づくりに励まないといけません。



今日の演習グループにて、懐かしい顔と再会することもできました。
私が若かりし頃に障がい者支援の基礎を学んだ元職場の先輩でした。

同じ業界で働いていると、あらゆる場面で出会いますね。
私が大好きだった場所が、10数年経っても変わらない雰囲気であると聞き、嬉しく思いました。
「辞めた職員はいない。あんただけやで」とのこと。

私の原点は素晴らしい場所だったのだと気付かされました。



密度の濃い研修でした。
ありがとうございました。
by tumanokokoro | 2014-10-08 16:30 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧