癒しのプール支援

d0227066_17444619.jpg


今日は伏見港プールに行きました。
ご一緒した利用者さんは小学校低学年の自閉症の男の子です。

そらいろのヘルパーと一緒にプールに行かれる事は初めての事でした。
私自身、ドキドキしていましたので、利用者さんも緊張していたかもしれません。


でも、水着に着替えてプールに入れば、そんな緊張感はぶっ飛びました。

利用者さんは子ども専用の滑り台をサーーーーッと滑り、一言。
「気持ちいい!」

その後、「1番の滑り台滑ります。次は2番の・・・」と言って、どんどん滑って遊んでいました。
「下で待っていてください」と言われた私は、下で滑って来る利用者さんを待っていました。
すると、監視員さんが近づいてきて「お子さんをしっかり見ていてくださいね」と。
やはり親子に見えたみたいです。(親子に間違えられると、なぜか照れくさいです)


滑り台の後は、浮き輪でプカプカ浮きながら、のんびり過ごしました。
コース番号を見ながら利用者さんは「8番コースで車庫に入りまーす」と電車ごっこをして遊んでいました。

よく泳ぎ、よく遊びました。

子どもさんと一緒に遊んでいると、本当に癒されます。
子どもの笑顔は大人の心を穏やかにしてくれますね。

「ああ、そらいろを始めて良かった」と思えた一日でした。


おっさんの夏はまだまだ始まったばかりです。
そらいろの夏は、熱くなりそうです!
by tumanokokoro | 2012-07-15 17:55 | お出かけの支援 | Comments(0)

NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro
プロフィールを見る
画像一覧