起業しない理由

起業を考える際、関連本をいくつか読んだ。

本には起業は「できるか、できないか」ではなく「するか、しないか」という事と書かれていた。

起業は勇気がいる行動。
失敗のリスクを考えると二の足を踏んでしまう。

起業する理由より、起業しない理由の方が多く考えられる。


だから、私も悩む事がある。
将来への不安もある。

現在の仕事を退職する事にもパワーがいる事。

しかし、それだけのパワーを要しても成し遂げたい事がある。
自分の人生を自分で切り開いていきたい。


障がい者福祉に対する情熱を100%燃焼させられるように事業を展開したいと思う。
# by tumanokokoro | 2011-06-02 10:40 | つぶやき | Comments(2)

登録ヘルパーの時給

パートスタッフの就業規則を作った。
まだ誰も雇っていないのだが・・・
妄想に近いが、いろいろ想定しながら作り上げた。

「人の役に立ちたい」
「障がい者福祉を学びたい」
などという動機で働かれる方でも、やはり賃金は一大事。

時給額、通勤手当、時間外手当、資格手当など、働き続ける動機を持てるように考えた。

労基法との絡みや、経営との絡みなど、考えなくてはならない。

たくさん支払いたいのは山々だが、経営していかないといけないので。
人が資本なので、納得して働ける環境を作りたい。


他の事業所の時給額も参考にしていきたい。
# by tumanokokoro | 2011-06-01 18:15 | 起業活動 | Comments(0)

内閣不信任案の提出で、民主党から造反があるか!?
また政局が動き始めようとしている。


ブレブレの政府は確かに信用できないけど・・・
気持ち的には不信任だけど・・・

今はそんなゴタゴタをしている場合か??

衆議院の解散なんて事になったら、被災地はどうするのか。
復興作業に水を差す事は、これ以上、止めてもらいたい。


とりあえず半年くらいは、現政権に協力して与野党で政治を行ってもらいたい。
# by tumanokokoro | 2011-05-30 18:10 | つぶやき | Comments(0)

宿泊サービスについて

そらいろ(仮称)では宿泊のサポートも行いたいと思っている。

ショートステイの指定を取る事は、すぐには難しいので、独自の形で支援したいと思っている。

宿泊形態も利用者宅や旅行の同行、そらいろ事務所の活用など考えている。

利用料金や従業員への手当など、細かな事も考える。

利用料を抑えて、手当は厚くしようとするのは難しい。
まだまだ、工夫が必要になる。
# by tumanokokoro | 2011-05-28 19:19 | 起業活動 | Comments(0)

二転三転

福島第一原発に関する東京電力と政府の対応。

悪い情報が後から後から出て来る。
「え!?」「おいおい・・・」の連続。

地震直後は政府の発表を信じてきたが、これでは今後は信じていいものか??

メルトダウンしていたとか・・・
命に関わる情報なのに。

東電が政府を軽んじているのか?
政府が管理しきれていないのか?
そんなレベルを超えた事態なのか??


起業家としては反面教師にしたい事例。
# by tumanokokoro | 2011-05-27 12:02 | つぶやき | Comments(0)

梅雨入り

本日、近畿地方は梅雨入りしたようです。
例年より早いような気もします。
5月に梅雨なんて・・・

ジメジメした気候も嫌ですが、我々ガイドヘルパーにとって雨は難敵です。
もちろん、外出をする主体である本人さんが嫌なんですが・・・


雨が降ったガイドヘルプで、晴れの日よりも楽しかった事はほとんどありません。
せっかくのお出かけなのに、・・・

時には利用者さん本人も「今日、出かけるの??」という感じの事も・・・
大雨の中、好き好んで出かける人は少ないと思います。

ガイドヘルプのお出かけは大体一ヶ月程前から予定されています。
なので雨天決行!なんてざらにあります。
もちろん、キャンセルになる事もありますが。


いつも私は「土日だけは晴れてくれ」と祈っています。
今週末は雨の予報でしたが・・・
# by tumanokokoro | 2011-05-26 22:03 | つぶやき | Comments(0)

さぁ、空の下へ

d0227066_0113084.jpg


私が障がい者支援の仕事に就いた頃。
障がい者のガイドヘルプ制度なんて聞くことはなかった。

通所施設はあったが、土・日・祝は家で過ごすか、家族と出かけるかくらい。
家族の頑張りに委ねられていた。

「ヘルパーを使って遊びに行く」なんてとんでもない!
そんな感じだった。
ボランティア活動の領域でもあった。


私もボランティアで外出支援を行っていた。
外出支援の必要性を感じたのは、同世代の脳性麻痺の利用者が休日に家にこもっている姿を見て、なんか淋しく感じたから。

手伝ってくれる人がいれば、外出できる。
自分が暇を持て余しているなら、一緒に出かければ良い。

そんな軽い気持ちで外出支援を始めた。

当時、20代の自分が普通に思っていた遊びで、すごく楽しんでもらえたことから外出支援の楽しさを知った。


それから10数年・・・

今では土・日・祝はガイドヘルプ三昧の日々。
街中でもガイヘルを利用している姿を普通に見かけるようになった。


家の中にこもって、ベッド上で天井ばかりを見ていてもつまらない。
天井は毎日見てても変わりがないが、空の様子は毎日変わる。


「空の下で遊ぼう!」

この思いが私のベースとなっている。
# by tumanokokoro | 2011-05-26 10:57 | 大切にしている事 | Comments(2)

架空の事業所

就業規則や運営規定、契約書などの書類を作っていると、何だか事業が開始されているような錯覚を覚えた。

従業員も利用者も、会社すらないのに。


法人の定款も一応作ってしまった。
書類だけ先行してしまっている。


事業所の目標や予算なんかも考えている。
架空の事業所を経営している気分。

妄想に近くなってきたので、少し現実を見ないといけない。
# by tumanokokoro | 2011-05-25 17:37 | つぶやき | Comments(2)

会社の作り方

d0227066_12581472.jpg


起業関係の本はたくさん出ている。
本屋にはいろいろ並んでいるので、選ぶのも大変。

株式会社の設立が簡単になったことから、起業家が増えているのだろう。


この本の良い所は図式で説明されている所。
私は分かりやすい。


会社を作るのはこの本を見れば出来るが、会社を継続して行くことは別の問題。

経営は本だけでは学べないと思う。
# by tumanokokoro | 2011-05-25 12:49 | 参考書 | Comments(0)

簿記練習

私は経理の経験はゼロ。
文系人間で数学は苦手。

しかし会社を始めたら経理もしないといけない。

帳簿なんて家計簿程度しか付けた事がない・・・


何事も勉強という事で、超初心者向けの簿記入門本を読み、日々の家計簿を会計ソフトで付けるようにした。
詳しい簿記の知識がなくても会計ソフトの入力は簡単。

仕分けの作業で分からない事も多いが・・・
この辺は勉強の必要がある。
# by tumanokokoro | 2011-05-25 11:27 | 起業活動 | Comments(0)