ブログトップ | ログイン

ヘルパーステーション そらいろ

盛り上がる 夜の宴

d0227066_00224218.jpg


本日の夕食風景です。
そらいろ近くの中華料理屋で食べました。

お店のテレビで人気のバラエティ番組が始まりました。
番組MCの漫才コンビを見て「この人達、好き」と利用者さん。

お笑い芸人を見ながら、利用者さんがハマっている芸人のネタを楽しく披露してくれました→こちら
ノリノリで盛り上がりました。

d0227066_00224301.jpg


美味しい夕食タイムでしたね。
たまには夜遅くまでのお出かけも楽しいものですね。


そらいろ事務所近くの行きつけの中華料理屋での一コマでした。
いつも、美味しい料理をありがとうございます。

by tumanokokoro | 2017-05-29 00:14 | お出かけの支援 | Comments(0)

寿司食いねぇ

d0227066_21572821.jpg


本日のランチは寿司でした。
いつもはパン系を好まれる利用者さんでしたので驚きました。

食後は「寿司」と何度も言われ、満足された様子でした。
パンも良いけど、日本人のファストフードはSUSHIですね。

お手軽な価格のお得なランチセットでした。
また、行ってみたいなぁと思いました。

ガイドヘルプの楽しみはランチとの出会いでもありますね。

by tumanokokoro | 2017-05-27 21:48 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_22512953.jpg


「そうだ、京都へ行こう」と、この時期に青もみじを求めて京都へ訪れる観光客の方が多くおられるようです。
京都には紅葉の名所が沢山あるので、青もみじを楽しめる場所も多くあります。

今日は午前中にプールで運動した後、午後から散策しました。
久しぶりに下鴨神社へ行きました→こちら

d0227066_22512910.jpg


下鴨神社の糺ノ森です。
縄文時代から続くという世界遺産の森です。

青もみじのトンネルが美しいですね。

あふれる新緑の生命力と神気が身も心も洗い清めてくれそうです。


季節を感じることができた散策となりました。
次はどこへ行きましょうかね。

京都には名所が多いですから行き先に迷いますね。

by tumanokokoro | 2017-05-24 22:41 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_23510609.jpg


日中活動の見守りなどの支援をさせていただくようになり数年が経ちました。
自分の役割を見つけ、やりがいを持って取り組まれています。

長年、その活動を支えさせていただいています。

「そらいろの仕事もしますよ」と言ってくれています。
事務所で使うメモ用紙などを作って下さっています。

d0227066_23510756.jpg


最近は箱折りの仕事もされているようでした。
手慣れた手つきで進めておられました。

黙々と取り組み、仕上げられています。
職人気質ですね。


仕事を終えた後の達成感の表情は何とも言えません。
「じゃ、また」と帰っていかれる後ろ姿に頼もしさを感じました。

しっかり働き、しっかり遊ぶ。

日中活動の支援は生活を豊かにする支援ですね。


by tumanokokoro | 2017-05-22 23:38 | 大切にしている事 | Comments(0)

d0227066_22361319.jpg


「こんな暑い日は博物館とか良いですね」と利用者さんと話しているうちに足が向かっていました。
天気が良いので京都駅から歩いて向かいました。

額に汗をかき、初夏を感じることができました。

電車好きにの方なら何度訪れても飽きませんね。
今日はじっくりと展示物を見させていただきました。

d0227066_22361323.jpg


透き通った空の下にいると気持ちが洗われる感じがしますね。
やっぱり、外に出るのは良いですね。

d0227066_22361447.jpg


そらいろ開業6年目も変わらずお出かけの支援を続けています。
空の色は季節によって変わります。

透き通った初夏の空もあれば梅雨の空も猛暑の空もあります。
毎日が新しい出来事で埋め尽くされるよう、余暇支援に力を注ぎたいと思います。


暑い日は適度に休憩して水分補給して頑張りたいと思います。
by tumanokokoro | 2017-05-20 22:09 | お出かけの支援 | Comments(0)

やっぱりウルトラマン

d0227066_20525595.jpg


そらいろの和室にトーマスのテントが登場しました。
子どもに人気のテントです。

テントの中では何が行われているかというと・・・

d0227066_20525656.jpg


ウルトラマンとスペースをシェアしています。
ウルトラの基地と化しています。

自分だけの場所で落ち着いて遊べますね。

そして、散歩に出ました。

外に出ても、やっぱりウルトラマンです。

d0227066_20525613.jpg


お気に入りの3体を持ち出します。
「どこで遊ぼうかなぁ」という感じですかね。

d0227066_20525724.jpg


そして、公園でウルトラマン遊びです。
ジオラマと化していますね。

楽しい放課後の時間となりましたかね。
また、遊びましょう!
by tumanokokoro | 2017-05-17 20:32 | そらいろの過ごし | Comments(0)

d0227066_23562677.jpg


大阪城公園の港から水上バスを楽しまれました。
最近、そらいろ利用者さんの中で密かなブームになっているアクアライナーです。

「私も行きたい!」と口コミで広がっています。
この春、今回が3人目の乗船となります。

少し前は、あべのハルカスがブームでした→こちら
次はどこが流行るでしょうか??

d0227066_23562773.jpg


晴れた日のクルージングは気持ちが良いものです。
京都市内では味わえない都会の水遊びですね。


大阪城公園から1時間に一本あります。
アクセスも良いですので、乗られたことのない方は行ってみてください。

水上から見る大阪の街も良いものですよ。


そらいろで一番初めに乗船したのは、昨年の春でした。
それから多くの方が利用されました。

楽しいスポットは皆さんで共有しましょう。




by tumanokokoro | 2017-05-15 23:46 | お出かけの支援 | Comments(0)

久しぶりに嵐山トロッコ

d0227066_23274152.jpg


嵯峨嵐山観光のトロッコ列車に乗りました。
観光シーズンは満席になる程の人気スポットです。

「席が空いてるかなぁ」と心配していましたが、うまいこと当日予約できました。

d0227066_23274219.jpg


満席に近い状態でしたが、楽しんで乗車できました。
保津川の流れを堪能できたのではないでしょうか。

「久しぶりにトロッコに行く」と言われていた利用者さん。
乗ることができて良かったです。
by tumanokokoro | 2017-05-13 23:13 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_18375523.jpg


本日の午前中、そらいろ勉強会を開催しました。
今年度最初の他事業所との合同研修です。

今回は京都市でバリアフリー旅行コーディネートの先駆者である北見さんを講師としてお呼びしました。

ユニバーサルデザインに基づいた話を聞かせていただきました。
「全ての人が旅を楽しめるように」
「関わった人達が私の教科書」
「やりたい事から考える」
などなど、印象的な言葉と内容でした。

当法人が理念として掲げている『当たり前の生活をサポートする』という事を思い出させてくれる内容でした。

旅行される方に合わせて必要な「おもてなし」を行う事を大切にされているということ。
『支援』『サポート』ではなく、『おもてなし』という言葉を使われていました。
日常生活から離れた旅行という場面で福祉的な用語は使わないという配慮もされていました。
我々はついつい疎かにしてしまいがちです・・・

旅行先の懐石料理を『食事介助』して、露天風呂の温泉で『入浴介助』して・・・
実際はそうかもしれませんが、旅行者の方からすれば特別な時間を感じられないかもしれませんね。

d0227066_22040198.jpg


受講者も真剣に聞き入っています。

概念的な話あり、エピソードあり、動画あり、効果音ありと楽しい講義となりました。
北見さんの長年の経験から出てくる考え方やエピソードには深みがありました。

「生まれて初めて露天風呂に入れた!」
「無理だと思っていたところに行けた!」
「人生最後の旅を満喫できた」
などなど、1つ1つの旅にはドラマが詰まっていました。


「車椅子でも泊まれるホテルありますか?」
「〇〇でも行けるところありますか?」
北見さんのところへ入る依頼で、最初にこのように問い合わせて来られる方が多いようです。

「ご本人は、どこへ行きたいと言われていますか?」と確認されるとのこと。
『どこへ行き、何を楽しみたいか?』という事から考えるということです。
その後、ハードルがあるなら「どうやって解決するか」を考えていくということ。

我々の支援に置き換えると反省点が多くあります。
利用者の方が行きたいと言われている場所へ行けるような準備をしているか・・・
『行きたい場所』ではなく、『行ける場所』へ誘っていないだろうかと。


「人がいれば解決できます」と、様々なバリアをフリーにする取り組みをされてきた北見さんから学ぶことは多くあります。
バリアフリー旅行という概念がない時代(1980年代頃)から、ないものを自分達で作りながら旅行をコーディネートされてこられました。

和式トイレに被せて洋式になる便座や砂浜などを車椅子で移動するための工夫、手作りスロープなどなど。
受入先の旅館などに無理は言わず、自分達でできる事を行う姿勢で実践されています。


高齢者、障がい者、外国人などの枠にとらわれず、旅行を楽しみたい方へ必要な「おもてなし」を行うということです。

「旅行に行きたくても行けない理由って、何があると思いますか?」という質問がありました。
答えは「お金がない」「時間がない」「行きたい場所がない」などの理由が並び、「障がい等の健康面で行けない」は6位にランクインしていました。

障がいがあるから旅行に行けないというのは、旅行に行けない理由の1つであり、多くの方が様々な理由で旅行へのバリアを抱えているという事です。
そういう意味では、多くの方が障がいを抱えているともいえるのではないかとも。

d0227066_22040155.jpg


最後まで熱のこもった講義をありがとうございました。
ブログではうまく伝えきれなくて申し訳ないところですが、現場で一緒に話を聞いたスタッフには北見イズムが埋め込まれたのではないかと感じました。

今年度も頑張っていくぞと力が湧いて来ました。

本当にありがとうございました。
by tumanokokoro | 2017-05-12 18:34 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

d0227066_22042889.jpg


今日の放課後、雨が降ってきました。
傘は持参されており、すぐに傘を持つ利用者さん。

雨はポツポツと降っているかいないかくらいの状態です。

傘も差したいけど、遊びたい!
片手が塞がってしまうと遊びにくい!

そんな気持ちから出た答えが、こちら。

d0227066_22042806.jpg


d0227066_22042903.jpg


背中に傘を・・・
これで両手が空きました。

この発想力、大人にはありませんよね。

こういう傘の差し方もあるんですね。
目からウロコでした。


子どものイマジネーションは無限大で自由ですね。
こういう力を伸ばせるような支援ができれば最高ですね。
by tumanokokoro | 2017-05-10 21:56 | 大切にしている事 | Comments(0)