10月を振り返って

d0227066_21235825.jpg


いつからか日本でもハロウィンを楽しむようになりましたね。
そらいろでは特に仮装もなく10月を終えました。

今月はあっという間に過ぎ去ったように感じています。
いろいろな所への外出支援をさせていただきました。


楽しいユニバーサルスタジオジャパンへのお出かけもありました→こちら

奈良公園でのちょっとした事件もありました→こちら
鹿の迫力はすごいですね!

世界遺産の姫路城への小旅行もありました→こちら


秋は行楽シーズンです。
どこへ行くのも楽しいですね。


事務所では新しいデスクを設置しました→こちら
デスクは事務所内の拠点となるので大切だと思います。

じっくりと腰を添えて仕事に向き合っていただければ嬉しく思います。


そらいろ勉強会の打ち合わせ会議も開催しました→こちら


起業家の方が話を聞きに来られることもありました。
自分達の開業前を思い出し、新鮮な気持ちになりました。


今月もいろいろな出来事がありました。

今年も残り2ヶ月。
頑張っていきたいと思います!
by tumanokokoro | 2016-10-31 21:03 | 事業の話 | Comments(0)

君の名は。

d0227066_23414084.jpg


日本中が恋をしたと話題の映画を観に行きました。
テレビで話題になっていたので、気になっている映画でしたのでガイドヘルプで連れて行ってもらえることになり、正直、嬉しかったです。

「アラフォーの男性利用者とヘルパーの2人で見に行っても大丈夫なのか??」
「若い人向けの映画ではないのか?」

そんな心配をしていましたが・・・
映画館には老若男女の多くの方が来られていました。

主人公は女子高生でしたが、恋愛ドラマの枠を超えた壮大なストーリーでした。
前半は心がトキメキ、中盤以降はストーリーに釘付け、後半は涙なしには見られませんでした。

「人や時間は結ばれている」
劇中で語られた言葉が頭から離れませんでした。

見終わった後に、自分の人生を振り返ることも出来ました。
若い頃を思い出しながら・・・


今日、初めての外出支援をさせていただく方との貴重な思い出となりました。
何かの縁で「そらいろ」と繋がって下さった訳です。
これからの時間を大切に支援させていただければ嬉しく思います。

よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2016-10-30 23:26 | お出かけの支援 | Comments(0)

奈良健康ランド♫

d0227066_16405620.jpg


「ならけんこ〜、ら〜んど♫」のCMメロディでお馴染みの奈良健康ランドへやって来ました。
温泉やプール、マッサージなどが楽しめるスポットです。

ヘルパーの私は初めて訪れました。

温泉は広くて湯船の種類も多く心地良かったです。
天然温泉とのことで、気分も良かったです。

d0227066_16405775.jpg


温泉の後に食べるご飯は格別です。
湯を楽しみ、味を楽しむのが温泉スポットの醍醐味です。

そして、食後は・・・

d0227066_16405806.jpg


レストルームで、ひと休み。

至極の時間ですね。
日々の喧騒を忘れ、心穏やかに過ごしていただければ何よりです。


奈良健康ランドへのアクセスは良く、JR郡山駅や近鉄平端駅から一時間毎に無料送迎バスが出ています。
タオル類も置いてあるので、手ぶらでも大丈夫!

また、行ってみたいですね。
by tumanokokoro | 2016-10-29 16:32 | お出かけの支援 | Comments(0)

世界遺産 姫路城へ

d0227066_22081441.jpg


国宝の姫路城は400年の時を超えて世界文化遺産に登録されました。
「白鷺城」の愛称で親しまれるお城です。

透き通る白さが美しいですね。

初めての新幹線に乗り、姫路までやって来られました→こちら

d0227066_22081595.jpg


天守閣を登り景色を楽しまれました。
ゆっくりと階段の上り下りをされました。


歴史ある姫路城を楽しまれたようです。
行ってみたかった場所へ行くことができるお手伝いこそ、ガイドヘルプの醍醐味ですね。
by tumanokokoro | 2016-10-28 21:52 | お出かけの支援 | Comments(0)

初めての新幹線 to 姫路

d0227066_20143532.jpg


「新幹線に乗るのは初めてや」と緊張した面持ちで京都駅のホームに立たれていたとヘルパーより報告がありました。

目的地は姫路城です。

京都から姫路まで「のぞみ」に乗車されました。

d0227066_21341543.jpg


乗車中も緊張されていたようです。
姫路までの新幹線の電車旅です。

ガイドヘルプで新幹線を使うことは珍しい事です。
旅行気分が味わえて良いですね。


姫路までなら在来線の新快速でも行くことができます→こちら
でも、新幹線を使うと早く移動できるので、姫路での観光の時間をたっぷり取ることができますね。
by tumanokokoro | 2016-10-28 20:13 | お出かけの支援 | Comments(0)

服薬の構造化

d0227066_22045119.jpg


先日、通院され薬が処方されました。
「朝昼晩と薬を飲んで下さいね」と声をかけさせていただきましたが、ついつい飲み忘れてしまうこともあります。

「日付を書いて下さい」
「日毎に分けて下さい」
利用者さんから飲み忘れないようにするための要望がありました。


薬の袋に日付を書き、その袋を日毎に分ける為、切り離して行きました。
切る作業は利用者さんが行います。

日毎に封筒に入れて完成しました。

これで飲み忘れずにいけるでしょうか。

「薬を飲んで、早く治そう」という心意気が必要かとは思います。
忘れずに飲んで下さい。

よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2016-10-26 21:59 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

d0227066_23294042.jpg

本日の午前中、そらいろ勉強会実行委員会による打ち合わせ会議を行いました。
今年度は3回目の会議となります→前回はこちら

来月に控えた勉強会の講師との事前打ち合わせをさせていただきました。
次回のテーマは『自閉症支援』となります。

自閉症支援については毎年度開催しています。
今回は初の事例検討となり、事例内容の確認等を中心に打ち合わせを行いました。

ケースの概要、ご本人さんの紹介、アセスメント情報などの資料作りの確認、受講者に何について考えてもらうかの論点の整理、必要な備品や進め方について協議しました。
初の試みとなるので、どうなるか不安もありますが、方向性については確認できたと思います。

事例は実行委員の事業所から出していただきます。

支援の変遷について説明を受け、ヘルパー間で苦労しながら進められているのが伝わってきました。
勉強会の場に出すことで多くの福祉関係者の意見を聞くことができるかと思います。


自分達が取り組んでいることを発表するというのは、改めて自分達の支援を振り返る機会となります。

生きたケースに触れて考えるということは、発表する側も受け取る側も学びは大きいのだと思います。


本番まで3週間を切りました。
打ち合わせ会議で出た宿題を進めていかなければなりません。

皆様、よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2016-10-25 23:14 | 地域の話 | Comments(0)

紫式部ゆかりの石山寺へ

d0227066_15362365.jpg


滋賀県大津市にある石山寺へ行きました。
京都市内から京阪大津線で石山寺駅へと向かいました。

大津市内を走る石山坂本線はローカルな雰囲気を感じさせてくれました。

石山寺駅から約800m歩けば到着です。

山の中に点在する本堂などを見るには階段という難関もありましたが、体に鞭を打って登りました。
そんな長い階段でもないですが、運動不足のヘルパーの足にはこたえます。

d0227066_15362470.jpg


しっかりと賽銭を投げ入れて参られます。

緑が綺麗でマイナスイオンを感じることができました。
紅葉の時期は真っ赤に染まるんでしょうね。

来月も足を運びたいくらいです。

d0227066_15362505.jpg


紫式部の像がありました。
何かしらのゆかりがあるようです。

どうやら、ここで源氏物語を書き始めたとか・・・
名作が生まれた場所かと思うと感慨深くなりました。

文才のない私は何も生み出せませんが、緑に包まれて頭の中はリフレッシュできました。
また、行ってみたいスポットです。
by tumanokokoro | 2016-10-22 15:23 | お出かけの支援 | Comments(0)

起業家の方への助言

d0227066_23265005.jpg


本日の午前中、起業活動中の方からの相談を受けました。
近々、京都市内で放課後等デイサービスを開業すべく準備をされている方でした。

物件選びや法人理念、スタッフ育成や組織の作り方など、色々な話をさせていただきました。
今はないものを創り上げるわけですから、並大抵の苦労ではありません。

自分の起業活動中を思い出しました→こちら
そらいろ開業前には、地域調査として城陽市内の障がい福祉関係の事業所へ話を聞かせてもらいに行きました。

起業活動とは実体のない中であれこれと想定しながら行うので、期待と不安が交錯するものでした。
何度も収支予測を立てましたし、起きてもいないリスクに対してのマネジメントも考えました。

「上手くいかなかったら、どうしよう・・・」
ネガティヴな事ばかり考えてしまいます。


起業活動をされている方と話をしていると、私がかつて感じていた不安感を見ることができます。
不安感は持っていないといけないと思います。

「何とかなるだろう」という気持ちは大切ですが、起業をする際には根拠のない能天気は致命的だと思います。


「子どもの未来を創りたい」
「みんなで成長したい」
そんな情熱を持たれていました。

情熱は大事ですね。
起業活動のエンジンみたいなものだと思います。

ただ、現実はシビアです。
情熱だけでは成功しませんので、根拠ある事業計画や予算立てが必要になります。


開業時から完璧なことはできません。
自分達の理想とする形は持っておく方が良いですが、最初から理想形になろうとするのは無理が生じます。

そらいろも開業一年目は、やりたかった事の半分もできていません。
5年目の今でも、起業時に描いていた理想形には届いていません。
そもそも、起業時に描いていた理想形は事業開始後に形を変えてきています。

紆余曲折しながら、何とかやれているのが現状ではないかと。

起業時は形のない不安に悩まされますが、開業後は形あるものに悩まされます。
どちらが大変かは受け取る人によって違うと思いますが、私は起業活動中が一番苦しかったと思います。
開業後も辛いことはありましたが、乗り越えることで自分自身の成長を感じることができています。

なので、今は辛いでしょうが、何とか乗り越えてもらいたいと思います。
城陽市の片隅から応援しています。



京都市内は放課後等デイサービスの設立ラッシュにより、物件の取り合い状態になっているような話も聞きました。
さすが都会は違いますね。

城陽市内でも、私が知らないだけで放課後等デイサービスの設立ラッシュが起こっているのでしょうかね。
地域に使えるサービスが増えることは悪いことではないので、色々な福祉サービス事業所ができることを願っています。
by tumanokokoro | 2016-10-20 22:58 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_00174020.jpg


今日、事務所に郵送されてきた文具です。
贈って下さったのは、そらいろボランティアの方です。

昨年度までボランティアで手伝って下さっていて、今は北海道で暮らされている方です。
看護師で働かれている方で、職場で何かと文具をもらう機会があるとの事で、定期的に文具を寄付して下さっていました。

北海道へ移られてからもコツコツと貯めて下さっていたようで、この度、どっさりと送ってくださりました。
そらいろの為に文具を貯めて下さっていた事に感激しました。

遠い北の大地からの贈り物を大切に使わせていただきたいと思います。
文具は本当に助かります。

ありがとうございました。
by tumanokokoro | 2016-10-20 00:10 | ゆう・さぽーと | Comments(0)