<   2015年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2月を振り返って

d0227066_2242629.jpg


2月最後の今日は快晴でした。
梅の花が綺麗な時期ですね。

これから少しずつ春らしくなっていくのでしょうね。
気持ちが明るくなりそうですね。

しかし、業務としては年度末ですので、あらゆる報告書類に追われている時期です・・・
今月も後半からは年度末の報告書類の作成に取り掛かりました。


2月は28日間しかないので短いですが、私には長く感じた一月でした。

大きな出来事としては、昨日の第三者評価受診です→こちら
数ヶ月に渡り、準備を進めてきましたので、大きな山を越えてひと安心です。


ヘルパ支援においては、寒い中でも関西一円への外出支援は行われました。
先月に引き続き『電車の旅』がブームとなっています→こちら

元々、電車好きの利用者さんは多かったのですが、最近は同級生の利用者さん同士が意識し合う感じで電車の旅へと向かわれている感じでした。

大阪環状線や大和路快速には何度も乗らせていただきました。

電車に乗るだけではなく、見ることを共有するという関係性も生まれました→こちら



入院されている利用者さんへの支援を行うこともあり、入院時の支援について市町村格差を感じました→こちら

日々の実践の中から地域課題というものは浮き彫りになってくるものですね。



研修関係では『そらいろ勉強会』を二回開催することができました。

自閉症支援の勉強会では、ガイドヘルプの事例を検証しながら、障害特性を踏まえた支援について考えさせられました→こちら

食事介助の勉強会では、介助を受ける側の気持ちや介助者と被介助者の相互関係について考える機会になりました→こちら


代表の私は東京出張させていただきました。
全国障害者生活支援研究セミナーに二日間参加し、本人中心支援について議論を深めることができました→こちら

また、全国的な繋がりを作ることができました→こちら
「そらいろ」の名を、少しは広めることができたのではないかと思います。


事務的な事では、新しいコピー機を購入しました→こちら
事務所ベランダの屋根も修理しました→こちら

少しずつ事務所らしく変わっています。


社労士の方と進めてきた新しい雇用体系に合わせた就業規則についても整備できました→こちら
着々と来年度の準備も出来ています。


来年度からの新規採用職員も決まりました→こちら
パートから正職員に転換されます。

明日のそらいろを支えてくれる人材です。


来年度から報酬単価改正もあり経営的にはシビアになりそうですが・・・こちら
我々は足元を固めながら地道に支援業務を積み重ねるだけです。
「本人中心支援」の実践により、当法人が理念に掲げる『当たり前の生活』を実現させるのみです。


制度や時代が変わろうとも、誰もが当たり前に幸せになれるよう力を尽くしたいと思います。
来月は今年度の総決算です。

あっという間に過ぎ去るようにも思いますが、来年度に向けて良い準備を行えればと考えています。

3月はバーベキューもありますし、皆様、よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2015-02-28 22:12 | 事業の話 | Comments(0)

京都観光 東山編

d0227066_20395725.jpg


ガイドヘルプにて京都市動物園にやって来ました
京都市東山の岡崎にあります。

今はリニューアル工事中の為、見れない箇所もありましたが、随分と綺麗になっていました。

「ゾウとサイを見るぞ!」という利用者さんの意気込みにつられて中に入りました。

d0227066_20395813.jpg


象の森は工事中でしたが、なんと本日から象の観覧が再開ということでした。
ラッキーです。

4頭の象を見ることができました。
アジアゾウが全部で5頭に増えたようです。

その他、ウサギやヤギと触れ合い、キリンをチラ見し、動物園を後にしました。

d0227066_2039592.jpg


触れ合いができるのは楽しいですね。


動物園の後は「南禅寺へ行く」と決められていました。
南禅寺山門に登り、南禅院を拝観し、インクラインを散策しました。

d0227066_2039581.jpg


東山観光を存分に行えたのではないかと思います。

今日は天気も良く、動物園や観光には最適のお天気でした。


「もう春みたいだなぁ」と利用者さんも言われていました。
これからは日に日に春らしくなっていくのでしょうね。

花粉が飛ばなければ、最高に過ごしやすい季節になりますね。
by tumanokokoro | 2015-02-28 15:00 | お出かけの支援 | Comments(0)

第三者評価 受診

d0227066_222953.jpg


本日、第三者評価の受診を受けました。
この日に向けて準備を進めてきましたので、本番の日を迎え、気持ちが引き締まりました。

この日の為に、事前チェックシート、利用者アンケート、職員アンケートにご協力いただいた方々に感謝します→こちら


本番の今日は10:00前から16:30過ぎまでの長丁場でした。
評価の訪問に来られた方は3名、全て女性の方でしたので意外でした。

そして、終始、穏やかな感じで一つ一つの項目のチェックをしていただくことができました。

チェックを受けながら、開業から今までの道のりを振り返ることができました。

キャリアパス、職員研修、育成・研修計画、職員面談などの雇用環境の整備は、開業当初からイメージしていたものではなく、そらいろで働くスタッフの方に合わせて「働きやすさ」を追求するうちに自然発生的に出来上がってきたものだと思います。

ヘルパー支援について、個別支援計画、ケース会議、支援マニュアル、相談・苦情受付票、ヒヤリハット報告書などなどの支援の質の向上に向けた整備については、障害者総合支援法に基づいて進めてきたものです。


「堅すぎる」と言われたこともありましたが、法令遵守を貫いています。


今回の第三者評価を受けて、そらいろに足りない部分も浮き彫りになりました。
自分たちでは気づくことができなかった面に気づくことができたことは大きな意味があると思います。

開業3年目を終え、一つの節目となりました。


今日いただいた宿題を持って、4年目の事業計画作成に臨みたいと思います。


職員面談も行われました。
面談後、評価員の方から「良い職員の方ですね」と言っていただきました。

そして、「開業時から苦労を共にしてきた職員は『戦友』ですね」と言っていただきました。

戦友・・・
そうですね。

開業時のスタッフは一人も辞めていません。
まだ3年ですが、それは財産かと思います。
ありがたいことです。

ヘルパー支援は「人」が財産です。
長く、楽しく、やりがいを持って働いていただけるよう、今後も職場環境の改善に努めたく思います。


今年度は京都地域創造基金寄付金事業、キャリアパスの構築、短時間正職員や変形労働時間制の導入、きょうと福祉人材育成認証制度の申請、第三者評価の受診と大きな山を乗り越えてきました。
小さな事業所ですが、大きな変革を行っています。

これからも、微力ながら「あなたのそば」で力になれる事業所を目指して力を尽くしたいと思います。
by tumanokokoro | 2015-02-27 22:33 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_18104649.jpg


本日の午前中、サービス担当者会議に出席しました。
相談支援センター空色が主催の会議でしたので、主催であり、出席でもありました。

「相談支援センター空色」として相談員が一名、「ヘルパーステーションそらいろ」としてヘルパーが一名が出席です。


関係者が多く出席者が約10名と多くなった為、そらいろ事務所ではスペースが足りなかったので、他事業所で開催させていただきました→こちら
場所の提供だけでなく、案内板の設置や書類のコピーまでしていただきました。

大変、お世話になりました。


サービス等利用計画作成にかかる関係機関のサービス担当者会議では、各事業所での利用者さんの様子や支援課題などの情報交換を行い、共有化します。
個々の事業所で抱えられていた悩みが、実は他事業所でも見られたり、逆に見られなかったり、色々な発見があります。


様々な特色を持った事業所を選んで使われる方が多い昨今、サービス担当者会議の持つ意味は大きなものであると思いました。

本来なら利用者さん本人に出席していただき、本人中心で話を進めるべきところだと思いますが・・・
相談員の調整不足、力不足です。


これからは「ヘルパーステーションそらいろ」と「相談支援センター空色」の2つの『そらいろ』が力を合わせて、本人中心支援の実現に向けて頑張ります。

皆様、よろしくお願いします。


本日のサービス担当者会議に出席いただいた皆様、ありがとうございました。
良い連携を組めることを期待しています。
by tumanokokoro | 2015-02-26 17:58 | 大切にしている事 | Comments(0)

そらいろ塾!?

d0227066_0405316.jpg


放課後の時間に真剣に机に向かっている利用者さん。
計算問題を解いています。

4〜5桁の足し算に挑まれています。

真剣な眼差しが良いですね。

15問の問題を数分で仕上げました。
ヘルパーが採点します。

採点をするヘルパーの方が時間がかかってしまう始末・・・


遊ぶだけじゃない「そらいろの過ごし方」もあります。
皆さんのやりたい事をやりましょう!


今日も計算問題の後はiPadで遊びましたので。
by tumanokokoro | 2015-02-23 23:35 | そらいろの過ごし | Comments(0)

d0227066_2027715.jpg


ガイドヘルプでカラオケタイムです。
歌声が聴こえてきそうな写真ですね。

何の曲でしょうか?


本日のカラオケはたっぷり3時間!
歌い放題ですね。

d0227066_2027730.jpg


ダンスも披露され、超ノリノリです。
キマりましたね。

前回に増して弾けて見えます→前回はこちら
by tumanokokoro | 2015-02-22 20:22 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_23424291.jpg


本日、NHK京都放送会館オープンイベントに行かれました。
京都市内中心部の烏丸御池に新会館がオープンしたようです。

イベントには、女優の栗山千明さんのトークショーもあったようです。
私も見たかったです。

イベントは明日もあるようです。


ヘルパーは日々、お出かけ情報を探しています。
利用者さんが楽しめそうなイベントがあれば提案させていただいています。


情報収集も大切な業務になります。

楽しそうなお出かけ情報がありましたら
、そらいろのブログやSNSへ投稿していただければ助かります。
by tumanokokoro | 2015-02-21 23:33 | お出かけの支援 | Comments(0)

電車の旅 京阪電車

d0227066_23229100.jpg


最近の流行りとなりつつある「電車の旅」ですが、今日は京阪電車へ行きました→前回はこちら
京阪特急とのツーショット写真です。


京阪にはラッピング電車もあります。

d0227066_2322971.jpg


機関車トーマスです。
子ども人気は高そうです。


関西には多くの私鉄が走っています。
今後は阪神や南海、阪急電車などにも行けたら良いですね。


NO電車、NOライフです。
by tumanokokoro | 2015-02-21 22:55 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_21512714.jpg


そらいろヘルパー同士で食事介助をしています。
ヘルパー勉強会で「食事介助」を学びました。

我々が普段行っている食事介助について見直してみようという勉強会です。

大切にしたのは「介助を受けている人の気持ち」です。
ヘルパーとして介助する立場になる事はありますが、介助を受ける立場になる事はありません。

介助を受ける人の気持ちを知ることで、本人中心の介助を目指します。

d0227066_21512824.jpg


ヘルパー同士で介助をした後、振り返りの場を持ちました。

「介助を受けてみて、どう感じたか?」
「ご飯は美味しく食べられたか?」
「支援者との相互関係について、どう感じたか?」
などなど、振り返りシートに記載し、ヘルパー間で発表しました。


実際に介助を受けることで実感として分かることもありました。
トロミを付けたお茶も飲みました。


利用者主体の支援を行うため、我々ヘルパーは日々の努力を続けたいと思います。


良い学びの場になりました。
皆様、ありがとうございました。
by tumanokokoro | 2015-02-20 21:43 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

d0227066_034898.jpg


本日の午後、文化パルク城陽にて開催された研修会に参加しました。
「地域生活をささえる支援の輪」とテーマで、社会福祉協議会が行う福祉サービス利用援助事業についての内容でした。


そらいろ利用者さんの中にも、この事業を利用されている方はおられます。
日々の支援の中で社協の支援員さんと連携することがあります。

しかし、この事業について詳しくは知っていませんでしたので、今回の研修会は非常に勉強になりました。


福祉サービスの利用が適切に行えるようサポートを受けることができる制度です。
利用契約に関する書類の説明や相談窓口の紹介、また費用の支払い等におけるサポートなどを受けることができます。

成年後見制度の後見とは違い、利用者さん自身が自己決定されることをサポートするということです。


福祉サービスが多様化し複雑化している中で、自分で選んで契約を進めることが難しい方には必要な事業であると感じました。

研修会では実際の事例の発表もあり、制度利用について分かりやすく説明を受けることができました。


また、相談者・支援者としての基本的態度について学ぶ講義もありました。
本人中心支援を行う為の社会システムを上手く活用しなくてはいけません。

成年後見制度や福祉サービス利用援助事業などの支援者は、利用者の自己決定に深く関与します。
支援者からの押し付けやパターナリズムに陥りがちです。

目指すところは本人のエンパワーメントです。
そのために支援者は様々な情報を整理して伝えなくてはいけないと感じました。


良い学びの機会を作っていただき、ありがとうございました。
by tumanokokoro | 2015-02-19 23:42 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)