<   2014年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

12月を振り返って

d0227066_21111098.jpg


今月は割と長く感じた一月でした。
写真は12月から仲間入りした人気キャラのぬいぐるみです。

12月から事務所にホットカーペットを敷いたところ、大人気になりました。
ぬくぬくと嬉しそうに過ごしてくれる利用者さんがいました。

寒くて不人気だった1階リビングに人が集まるようになりました。

ホットカーペット様様です。

手作りコタツの登場もありました。



寒い日も多かったですが、冬のお出かけ支援は続きました。
尼崎への電車の旅もありました。
元気に温水プールへ行かれる方もいました。


支援業務において大きな出来事として、入院時の付き添い支援を行いました。
京都市の『入院時コミュニケーション支援』の初利用でした。
京都市以外では入院時の支援を公的サービスにて行うことができませんので、今後は安心して暮らせる社会の実現のため、城陽市においても使いやすい制度の創設を考えていければ幸いです。



きょうと福祉人材育成認証制度の現地確認調査がありました→こちら
認証の取得に向けて前に進むことができました。

結果は2月頃に分かりますのでドキドキします。

スキルアップができて、働きやすい職場を目指して頑張りたいと思います。



その他、今月は法人紹介のパネル展示を出す機会もありました→こちら
そらいろスタッフがコツコツと展示パネルを製作してくれました→こちら

おかげで良い展示をすることができました。

今後は地道な広報活動も行いたいと思います。


大掃除もしました→こちら


職員に冬のボーナスを支給することもできました→こちら
給与面では、まだまだ不十分な面もありますが、こちらもボチボチと右肩上がりに出来るように頑張りたいと思います。
経営者としての手腕が問われるところですね。


今年も大きな事故なく過ごせたことに感謝したいと思います。


毎月、一歩ずつ前進できるように努めたいと思います。

by tumanokokoro | 2014-12-31 20:46 | 事業の話 | Comments(0)

島みかん2014

d0227066_18421199.jpg


昨年に引き続き、今年も大晦日はみかん収穫作業を行いました。
瀬戸内海に浮かぶ大崎上島のみかんです。

当法人の賛助会員であり、代表の私の義兄夫婦が営まれている農園です。

昨年末にも収穫の手伝いをさせていただき、その後、たくさんのみかんを贈っていただきました→こちら

d0227066_18421217.jpg


完全無農薬の自然農法により育てられています。

みかんの他にレモンや八朔、柚子などの柑橘類も作られています。

d0227066_18421264.jpg


無農薬の国産レモンなんて貴重ですね。
レモンの良い香りが漂う中、収穫しました。


自然農法で育てられた果物は安心安全です。
そして、果物本来の味がします。

素人の私でさえ、みかんの味の違い(深み)に気付かされます。

見た目は不揃いで、決して綺麗なツルツルな皮ではありませんが、中身は本物です。


見た目が悪いだけで商品にはならず捨てられている物もあり、我々消費者の意識を変えなくてはいけないと感じるところもあります。

『見た目ではなく中身で勝負』は、そらいろも同じです。
京都府下で最小の規模であっても、最高の支援を目指しています。


大晦日は『みかん収穫』をすることが定番化しつつあります。
商品規格から外れたみかんの一部を当法人が買い取ることにしました。

年が明けて出荷作業がひと段落した頃に送っていただきます。
昨年同様、本物のみかんを、そらいろ利用者・スタッフの方に届けたいと思いますので、お楽しみに。


もちろん、注文も承ります。
気になる方は、当法人まで。
この記事やFacebook等にコメントをいただいても、メールでも結構です。

注文書をお渡しします。

兼業農家でされているため、出荷作業には限界がありますので、余裕を持った注文をお願いします。


みかんも、そらいろも、質を落とさないよう励みたいと思います。
by tumanokokoro | 2014-12-31 18:20 | ゆう・さぽーと | Comments(0)

2014年を振り返って

d0227066_11421958.jpg


今年も残り二日となりましたね。
一年が経つの早いですね。

今年を簡単に振り返りたいと思います→昨年はこちら


今年は様々なことにチャレンジした一年になったように思います。

法人独自サービスの充実のため、京都地域創造基金の寄付金募集事業の申請を行いました。
そして、4月よりスタートしました→こちら

寄付金募集の大変さを感じながらも、コツコツと啓発活動を行っています。
皆様の応援を頂きながらの事業となりました→こちら

施設入所者の方へのガイドヘルプを充実させるため、入所施設への見学も実施しました→こちら
施設支援の課題を目の当たりにすることで、事業の意義を強く感じることができました。

施設入所者の方からの利用希望も増え、契約させていただくことができました。
「NPO法人ゆう・さぽーと」が行う私的福祉サービス開始の年となりました。

来年はさらに充実した支援を展開したく思います。



職員体制について改革を進めた年でもありました。
4月の職員全体会議にて『一人一人に合わせる』という年度目標を掲げ、スタッフ一人一人の経験年数やスキル等に合わせた働き方ができるような体制を作り始めました。
キャリアパス制度・変形労働時間制・短時間正職員制度の三本柱の導入のため、専門家等の指導を受けました。

上記三本柱の導入を進めるにあたり、『きょうと福祉人材育成認証制度』への申請も同時に進めました。
認証制度が目指す『福祉施設像』と、そらいろが目指す形が近いものでした。
認証の取得を目的とした個別コンサルティングを受け、キャリアパス制度の構築を行いました。

的確な指導の結果、9月にキャリアパスの形が出来上がりました→こちら

そして、11月に認証の申請を行うことができました→こちら
京都府から認証されるかどうかは来年2月頃に判明します。


キャリアパスに合わせた給与規定の変更も進めています。


三本柱の変更に伴い、就業規則の見直しも行いました。
私一人の力では限界でしたので。社労士の方と二人三脚で進めています。

今年度中には完成し、来年4月からは新体制でスタートできるかと思います。


三本柱の導入を行うことで雇用関係助成金の申請も可能となりましたので、こちらも進めています。
助成金を取ることが目的ではないですが、キャリアパス等の導入に関して助成金が用意されているということは時代のニーズに合っているということなのかもしれません。


小さな事業ですが「長く働きやすい事業所」を目指して、今後も改革を進めたいと思います。



利用者の方への支援については、今まで同様に『一人一人に合わせたオーダーメイドの支援』の実践に努めました。
支援の中心に『個別支援計画』を置き、利用者本人を中心とした支援をヘルパーが共有して行えるよう進めました。

個別支援計画の評価(モニタリング)に重点を置き、担当ヘルパーが集まるケア会議を多く行うことができました→こちら

全ての利用者の方に満足していただける支援はできていませんが、少しでも満足度を高めるための仕組みを維持することに力を注いでいます。


その他、いろいろなことがありました。
当ブログの月間まとめの記事を見ながら振り返る、懐かしく思えますね。

1月は、広島より『島みかん』の寄贈を受けました→こちら
2月は、城陽市の実地調査を受けました→こちら
3月は、「バーベキューを食べようかい」を開催しました→こちら
4月は、新しい利用者の方の支援が始まりました→こちら
5月は、利用者さんと鯉のぼり製作を楽しみました→こちら
6月は、施設見学などを行いました→こちら
7月は、そらいろ主催の合同勉強会を行いました→こちら
8月は、そらいろプールやヨナナスで楽しみました→こちら
9月は、腰痛予防体操の研修を行いました→こちら
10月は、台風の影響で支援を中止することがありました→こちら
11月は、ボランティアの方との共同でクリスマスツリー作りを行いました→こちら

12月は明日まで支援業務が続きます。
最後の最後まで支援業務にあたって下さるヘルパーの方に感謝します。



来年は4日から通常の支援が開始ですが、2日からヘルパーは動いています。
今年も年賀状を出させていただきました。

皆様のお手元に新年の挨拶をお届けすることができ、スタッフ一同感謝しています。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
by tumanokokoro | 2014-12-30 12:25 | 事業の話 | Comments(0)

音楽本を楽しむ

d0227066_21184182.jpg


とあるショッピングセンターの本屋にて音楽本を楽しまれています。
試供品が多くあり、いろんな種類の本を楽しめます。

d0227066_21184246.jpg


選びたい放題ですね。

食後のちょっとした音楽タイムでした。
楽しい時間ですね。


また、来年も楽しいお出かけをしましょう。
by tumanokokoro | 2014-12-28 21:08 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_12481785.png


そらいろの通常営業は28日で終了します。
29日から1月3日までの期間は休業期間とさせていただきます。

休業期間については緊急性の高い方や通院等の支援の対応をさせていただいています。


そらいろの年賀状作成も終わり、投函しました。
大掃除や片付けも終わり、年内に済ませるべき業務も終わりました。

まだ、支援業務は続きますので気を引き締めていかないといけませんが、今年も順調に事業を行えたのはヘルパーの皆さんのおかげです。
ご苦労様でした。

年内ギリギリ、新年早々から稼働してくれるヘルパーもいます。
ありがたい限りです。
by tumanokokoro | 2014-12-27 12:58 | お知らせ | Comments(0)

ヨナナス隠し

d0227066_238348.jpg


今年の夏に大人気だったヨナナスメーカーは、冬になってもニーズが尽きません。
そらいろでは一部のファンから根強い人気があります。


ヨナナスメーカーを見つけると、それを持ってきて「食べたい」と要求してくれる利用者さんがいます。
ヨナナスファンですね。

食べ終わった後、数時間過ぎると再びヨナナスメーカーを見つけて、再度、要求ということも。
「今日は終わりですよ」とヘルパーが伝えさせていただいていますが、機械が見えていると気になりますね。

「終わったんなら、見えなくしてよ」って気持ちになるかもしれませんし。

d0227066_2383599.jpg


専用のカバーを作ってみました。
ヨナナスメーカーのサイズに合わせて手作りしました。

取り外しは簡単!

「おわりました」の表示付きです。


見えなくしても、ヨナナスへの思いは消えないかもしれませんが。
その時は、利用者さんのヨナナス愛に応えようかと思います。
by tumanokokoro | 2014-12-26 22:59 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

まゆまろとの出会い

d0227066_22424713.jpg


京都府の元祖ゆるキャラ「まゆまろ」とツーショット記念撮影です!
利用者さんの満面の笑みが素敵です。

先日の「やましろタカラフェスティバル」での風景です→こちら
このイベントには京都府下のゆるキャラが集合していました。

全国ゆるキャラグランプリ5位の「チャチャ王国のおうじちゃま」も来ていました。


京都の元祖ゆるキャラといえば「まゆまろ」だと思います。
実際に見るとテンションが上がりますね。


そらいろも「ゆるキャラ」を作りたいですね。
by tumanokokoro | 2014-12-25 22:29 | お出かけの支援 | Comments(0)

電車の旅 尼崎編

d0227066_21541856.jpg


JR尼崎駅ホームで記念撮影です。
なぜ、尼崎駅駅なのか、それは行ってみて分かりました。

尼崎駅はJR神戸線、東西線、福知山線が交わる駅です。
いろいろな行き先の電車が分刻みで入ってきて、この駅で連絡を行います。

乗り換え客が多い駅のようです。

d0227066_21541979.jpg


ホームの端から見ると、横4列に並ぶ電車が見れます。
「すごいね!」とヘルパーの私が感想を言うと、「そうやろ」という得意げな表情。

良い電車スポットに招いていただきました。


城陽から京都を経由し東海道線にて尼崎へ行き、帰りは東西線、学研都市線で木津経由で戻りました。
関西を巡る『電車の旅』でした。

クリスマスイブの思い出となりました。


また、来年も電車の旅がしたいですね。
by tumanokokoro | 2014-12-24 21:39 | お出かけの支援 | Comments(0)

展示パネル その後

d0227066_2119515.jpg


やましろタカラフェスティバルで展示したパネルを事務所に持ち帰りました。
このまま片付けようかと思いましたが、なんだか惜しい気持ちになり、事務所内に掲示することにしました。

一階には「ヘルパーステーションそらいろ」のパネルを掲示。

d0227066_21195240.jpg


二階廊下には私的福祉サービスのパネルを掲示しました。


良いパネルができましたので、今後もイベントに展示ブースを出すことができます。
また、良いイベントがあれば参加したいと思います。
by tumanokokoro | 2014-12-23 21:10 | 事務所の整備 | Comments(0)

d0227066_14404711.jpg


本日は文化パルク城陽にて開催されているイベントに展示パネルを出展しています。
スタッフが時間をかけて制作してくれたパネルのデビューです→こちら


「NPO法人ゆう・さぽーと」として出展していますが、活動紹介のほとんどは「ヘルパーステーションそらいろ」のものです。

法人としては、ヘルパー事業と相談支援事業と地域サークル活動を展開しています。
今後は相談支援事業にも力を入れていくつもりです。


利用者さんとヘルパーも応援に駆けつけてくれました。

d0227066_14404629.jpg


賑やかとワイワイしていると楽しいですね。


法人設立から約3年経ちました。
何もなかったところから、ここまで来ました。

「あんた、偉いなぁ」と展示を見てくれた方から声をかけられました。
「城陽で頑張ってる人が、おったんやなぁ」と声をかけてくださる方も。


最高の褒め言葉です。
ありがとうございます。


今回の展示の目的は『京都地域創造基金』の寄付金事業の紹介と、求人チラシの配布です。

d0227066_14404898.jpg


寄付金事業については、施設入所者の余暇支援の現状について説明させていただきました。
社会の中に埋もれてしまっていて制度の狭間にあるニーズです。

この問題は広く啓発していくことが大切だと思います。

d0227066_14404937.jpg


求人チラシは意外と見てもらえています。
『障がいがある方のサポートをしてみたいと考えていた」と言われる方もおられました。

支援を求められている方と、支援をしたいと思っている方とを結びつけることができれば最高です。


まだまだ走り始めたばかりの弱小法人ですが、一日一日を大切にして歴史を積み重ねたいと思います。

「あんたのところで、こんなイベントできひんのか?」とも声をかけていただきました。
イベントを開催するほどの力はありませんが、いつかは大きなことができれば良いですね。
by tumanokokoro | 2014-12-23 12:42 | ゆう・さぽーと | Comments(0)