<   2013年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

11月を振り返って

d0227066_20582341.jpg


今日で11月が終りました。
今月は長く感じた一ヶ月でした。

感染症勉強会を開いたのは、随分前の事に感じます→こちら
感染症勉強会を終えてから、利用者とスタッフのインフルエンザ等感染時の利用・出勤のルールを決めました。
スタッフに感染症予防グッズの用意もしました。

サービス管理責任者研修の受講もしました→こちら
障がい者の就労支援の現状と課題を知る機会となりました。

自閉症の特性を学ぶ研修の受講も行いました→こちら
今月は勉強会・研修が多くありました。


宇治支援学校の文化祭へも足を運びました→こちら
利用者さんの演劇やステージ発表を見させていただきました。
生き生きした表情を見る事ができました。


ガイドヘルプの支援は、今月も西へ東へと出かけられました。
遠くは三重県松阪市まで・・・こちら

秋はお出かけには良い季節ですね。


来月で2013年が終わります。
時が経つのは早いですね。

事務的には年末調整もありますし、『師走』の文字通り、走り回るような忙しさになるかもしれません。
そろそろ年賀状の用意もしないといけませんね。

昨年同様、そらいろから年賀状を出したいと思いますので、よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2013-11-30 21:18 | 事業の話 | Comments(0)

スマホ遊び

d0227066_1912778.jpg


利用者さんがスマホを使っています。
写真や動画を見たり、写真撮影をしたりしています。


d0227066_1912717.jpg


撮ってくれた写真です。
私の顔がイイ感じで切れています。


今日のそらいろも、それぞれの利用者さんが楽しい時間を過ごされました。


天気が良かったので、近所の公園で鉄棒や雲梯などでも遊びました。


平和な一日が終わりました。

明日から12月ですね。
by tumanokokoro | 2013-11-30 19:05 | そらいろの過ごし | Comments(0)

忘年会の季節ですね

d0227066_2242383.jpg


今週末から 12月になりますね。
時が経つのは早いものです。

師走と言えば、忘年会の季節ですね。

今年もそらいろスタッフの忘年会を行います。
一年間頑張ってくれたスタッフに感謝し、来年も良い年にする為の忘年会です。


昨年同様、城陽市内某所にて飲んでいます。

そらいろスタッフには大酒飲みはいませんので、行儀正しい飲み会になるのではないかと思います。
楽しい会にしたいですね。
by tumanokokoro | 2013-11-28 22:50 | つぶやき | Comments(0)

そらいろでの遊び方

d0227066_039027.jpg


そらいろでは、決まった遊びのパターンを作られている利用者さん。
和室でテントを出し、それを車に見たてて送迎ごっこをしたり、学校の授業の真似をしたり。

一連の決まった流れがありました。

最近は休日にそらいろに来て、平日の放課後は公園等へ行くように自分で決めている様子でした。

今日は珍しく、放課後の時間に来られました。


いつものように和室でテントなどを出して遊ぶのかなと思っていると、今日は違った遊びをされたようでした。
ホワイトボードに文字を書いたり、他の利用者さんの写真を見たりして楽しんだとの事です。


休日の過ごしと放課後の過ごしを分けて考えているんですね。
面白いなあと感じました。


利用者さんの過ごしやすいようにしてもらえるのが一番ですね。
by tumanokokoro | 2013-11-26 23:22 | そらいろの過ごし | Comments(0)

d0227066_21595011.jpg


本日の午後、キャンパスプラザ京都にて開催された研修に参加しました。
昨年も参加した『自閉症・行動障害セミナー』です→こちら

そらいろから二人受講しました。

d0227066_21595026.jpg


今年の講師は水野敦之氏です。
『フレームワークを活用した自閉症支援』という本を書かれています。

私は水野先生の講義を聞かせていただくのが初めてでしたので、とても貴重な時間となりました。


講義は、とても分かりやすく話してくださりましたが、内容のボリュームが多く、付いていくのが大変でした。

自閉症の障害特性の理解を基本として、構造化の支援を基盤に支援を行なっていくという事が大切ですが「果たして、そらいろではできているのか」と反省させられました。

自閉症の方への自己認知支援についての話もありました。
自閉症の人を定型発達の人に近づける支援をするのではなく、コントロールすることでもなく、自分についてや自分に関係のある周囲に関して気付き整理することを支援するとの事・・・


自閉症の方は情報等を自分で整理することが苦手であるので、支援者は整理することの手助けが必要。
視覚的に分かりやすく支援するのは、情報等を整理するためだとの事。


その他にも、本人にとって肯定的に伝えることの難しさや、具体的に客観的に教える事の意味なども学びました。


まだ、私の中で学んだ内容の整理ができていませんので、これから研修報告書を書きながら整理統合していきたいと思います。
by tumanokokoro | 2013-11-26 21:39 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

d0227066_1916565.jpg


そらいろの近くの堤防で過ごされている様子です。
柵に腰掛けて、その視線の先には・・・

d0227066_19165750.jpg


近鉄電車の踏切があります。
電車好きにはたまらないスポットです→あちらこちら

そらいろ事務所から徒歩3分くらいで到着します。
堤防の道は歩行者と自転車しか来ませんので、安全に過ごせます。

近鉄電車は本数が多いので、見応えがあります。


たっぷり電車を見た後は、そらいろに戻って・・・

d0227066_19165749.jpg


くつろぎタイムです。
音楽を聴いて、のんびりされています。


ガイドヘルプの中の、ちょっとした過ごしです。
こういう時間も大切ですね。
by tumanokokoro | 2013-11-23 19:11 | お出かけの支援 | Comments(0)

あすkyoフェスタ

d0227066_18173818.jpg


『一日中ワクワク夢中になろう!!』
そんなイベントが京都府立植物園で開催されました。

吹奏楽の演奏があったり、ゲームがあったり、ゆるキャラのステージがあったりと、盛り沢山のイベントです。

白バイに乗れるコーナーもあり、ワクワクしながら、バイクにまたがられました。
白バイ警官って憧れますよね。


今日は天気も良く、お出かけ日和でしたね。
また、楽しいお出かけをしましょう。
by tumanokokoro | 2013-11-23 18:08 | お出かけの支援 | Comments(0)

年末調整説明会

d0227066_11533245.jpg


今年も年末調整をする時期になりました。
昨年は必死に取り組み、何とか終わらせた感じでした。

あれから一年が経ちました→こちら

一年経つと、忘れていることも多いですが、説明会を聞いていると思い出してきました。

12月初旬は年末調整、1月は法定調書の作成に追われるのではないかと思います。


気合いで乗り切りたいと思います。


それにしても、説明会会場は寒かったです。
省エネでしょうか、暖房が付いてなかったような。
外の方が陽射しがあって暖かいです。
by tumanokokoro | 2013-11-22 11:48 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_942116.jpg


11月22日は『イイ夫婦の日』です。
そして、当法人の設立記念日でもあります。

二年前の今日、NPO法人としての認証を受けました。
障がいがある方の当たり前の暮らしをサポートすることを理念とした『NPO法人ゆう・さぽーと』がスタートしました。


その後、ヘルパーステーションそらいろの事業を開始して、今に至ります。

この間、多くの方から応援をしていただき、支えていただきました。
法人の会員の皆様、地域の皆様、そらいろの利用者の皆様、応援してくださる全ての方々に感謝します。

そして、これからもよろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2013-11-22 09:33 | ゆう・さぽーと | Comments(0)

リフレーミング事典

d0227066_18255336.jpg


リフレーミング事典というものをプリントアウトしました。
今週のヘルパー会議でスタッフに配る予定にしています。

『リフレーミング』とは、心の習慣・考え方の枠組みを取り替える事をいうようです。
見方を変えるという事でしょうか。


先日のサービス管理責任者研修の講義の中で知りました→こちら


例えば『騒がしい』という事をリフレーミングすると・・・
『明るい・活発・元気』となります。

『だらしない』は、『こだわらない・おおらか』とも言えますね。


人は自分だけの価値観で物事の良し悪しを判断しがちですが、リフレーミングを活用することによって前向きに考えることができるようになります。


この考え方は、そらいろでも活かしたいですね。
他人を支援する時、どうしても相手の悪い面ばかりを捉えてしまいがちです。

「わがまま」「落ち着きがない」「怒りやすい」などなど・・・
そんな時、リフレーミングをしてみて、「自己主張ができる」「明るく活発で元気」「感受性豊か」と捉えることができれは、支援方法は変わってくるかもしれません。


障がい者支援だけではなく、普段の人間関係でも役に立ちますね。

More
by tumanokokoro | 2013-11-20 18:09 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)