<   2013年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

9月を振り返って

d0227066_9292386.jpg


9月が終わりました。
今月は長かったような、あっという間だったような、そんな一ヶ月でした。

支援学校は二学期が始まり、放課後の通常支援が始まりました→こちら
そらいろの日常が戻ったような感じでした。

今月、力を入れた支援がありました。
8月から自宅に引きこもり、外に出られなくなった利用者さんへの支援です。
出られなくなった理由について聞いても話してはもらえず、外に連れ出すことは難しく、時間だけが過ぎました。

支援関係者によるカンファレンスが数回あり、支援機関で役割を決めて連れ出せるよう支援をして行こうとなりました。
そらいろが担ったのは、現実を厳しく伝える役割でした。
しんどい役回りでしたが、その結果かどうかは分かりませんが、9月下旬には引きこもりを脱しました。

厳しく伝える役割の他、本人さんの気持ちを受け止める役割を担われた機関や第三者的に話を聞く役割、家族の方へ支援の説明などを行う役割など、複数機関が連携することの大切さを学びました。



9月になり、涼しい日が増えました。
8月の猛暑を忘れてしまうほどでした。

そらいろのプールについては、9月も暑い日があれば実施しようと思っていましたが、一度も行う事はありませんでした。
そして、プールの空気が抜けてしまい、今年のそらいろプールは終了しました→こちら


9月16日には京都府全域に大雨特別警報が発令されました→こちら
『命を守る行動をして下さい』という通知に怖さを感じました。
この日に予定していた外出支援は中止、時間変更などの対応を行いました。

特別警報が発令された場合は、派遣の中止、または時間変更の対応を行いたいと思います。
これは、書面で全利用者に伝えたいと思います。



9月は涼しくなり、お出かけをするには最適な気候になってきました。
行楽シーズンですね。

ロープウェイに乗ったり、京都観光したり、楽しいお出かけを支援させていただきました。




10月になると秋のイベントも増えてくるかと思います。
紅葉シーズンも近づいてきましたし、益々、お出かけが楽しくなりますね。

これからも、よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2013-09-30 22:55 | 事業の話 | Comments(0)

散髪へ

d0227066_22215510.jpg


約二年ほど、散髪されていない方を美容室へ連れて行くという支援依頼を受けています。

諸事情があり、散髪できずに年月が経ってしまい、今では髪が腰あたりまであります。
男性の方です。


「なんで散髪へ行かないといけないの!」
「長い髪が好きなのに」
と主張されています。

個人の価値観が入る問題なので、なかなか無理強いはできないのですが・・・
好きで伸ばしているようで、伸びっぱなしなような・・・

家族の方から強い要請もあり・・・


とりあえず、今日は美容室の下見へ。
値段や店の雰囲気を見ました。


どんな髪型にしたいかの話をすると、割と話が盛り上がりました。
「市原隼人知ってる?」とか「ルーキーズみたいにしたいねん」とか。

d0227066_2223614.jpg


ヤンキー系がお好きな感じですね。
by tumanokokoro | 2013-09-30 22:16 | お出かけの支援 | Comments(0)

パソコン壊れていません

d0227066_23165792.jpg


今日、そらいろ利用者用パソコンが見当たりませんでした。
そして、パソコンが壊れているという表示がされていました。


「はて??パソコンは壊れていたかな?」
昨日は普通に使っていたような・・・


今日、そらいろで過ごしていた利用者さんは、パソコンが壊れていると勘違いして、パソコンを我慢していました。

誰かのイタズラです。
パソコンは、いつもの置き場の横の引き出しに入っていました。

イタズラの犯人には目星がついていますが・・・

まぁ、いろいろ面白いことが起きますね。
by tumanokokoro | 2013-09-28 23:12 | そらいろの過ごし | Comments(0)

社会見学

d0227066_2315964.jpg


本日のガイドヘルプの様子です。
消防署の見学をしています。

今日はノートを持参して、消防車などいろんな車のナンバープレートなどを書き込んでいました。

d0227066_232049.jpg


地域の公民館にて、ノートを書き込みます。
なんか、社会見学の授業をしているみたいですね。


消防車や介護タクシーなどの働く車を見学されました。

楽しい町の散策になったようです。
by tumanokokoro | 2013-09-28 22:55 | お出かけの支援 | Comments(0)

THE 京都観光

d0227066_17125454.jpg


今日は秋晴れの気持ちの良い一日でした。
京都観光をするのには最適の気候です。

今日は清水寺へ行かれた利用者さんがおられました。
これぞ、京都観光という名所ですね。
観光客が多かったのではないでしょうか。

d0227066_17125580.jpg


清水の舞台が綺麗ですね。

清水寺から二年坂、三年坂と散策をされたようです。
京都に住んでいると、案外、ベタな観光地には行かないものですので、今日は良い機会になったのかもしれません。


そういえば、前回は哲学の道、銀閣寺に行きました→こちら
となれば、次回は・・・

金箔が施されたピカピカの寺院かもしれませんね。
by tumanokokoro | 2013-09-28 17:05 | お出かけの支援 | Comments(0)

おかたづけ

d0227066_15232431.jpg


今日もそらいろで、楽しく遊んだ利用者さん。
そらいろ和室で遊んだ後、キチンと片付けてくれています。

スタッフが片付ける場所を伝えています。

d0227066_152415.jpg


きちんと片付ければ、部屋はスッキリします。
気持ち良いですね。


d0227066_15232574.jpg


片付けの後、スタッフと談笑しています。
今日もいっぱい遊んでくれていました。

また、次回もお楽しみに。


皆さん、遊んだおもちゃは、キチンと片付けましょう。
by tumanokokoro | 2013-09-28 15:18 | そらいろの過ごし | Comments(0)

ガイドヘルプ中、とある駅で障がい者割引で切符を買おうとしたところ、駅員さんがおられませんでした。

券売機で割引切符を買う際、駅員さんが出てきて障害者手帳の提示を求められます。
それが、なかなか出てこられません。

d0227066_2094342.jpg


駅員室を見ると、駅員さんはホームにて車椅子のお客さんの手伝いに行っておられると表示がありました。

この駅は駅員さんが一人だと分かりました。

d0227066_2094449.jpg


駅員さんが戻るまで切符が買えません。
券売機の前で待ちぼうけです。


電車が到着し、乗降の手伝いが終わり、駅員さんが戻って来られ、切符を買う事ができました。

電車を一本逃してしまいましたが、仕方がありません。

駅員さんは一人で大変ですね。

いつも、ありがとうございます。
by tumanokokoro | 2013-09-27 20:02 | 使いにくいシステム | Comments(0)

俺の場所 そらいろ

d0227066_21514329.jpg


今日のそらいろの様子の第二弾です。
プリン作りをして、プリンを冷やしている時間は、そらいろで遊びました。

d0227066_21514421.jpg


洗面所に椅子を並べて、車のハンドルを置いて、マイカー状態になっています。

新しい遊び方が開発されています。
洗面所が自分の部屋のようになっています。


d0227066_21514597.jpg


その後、リビングでキーボードを弾いています。
コブクロのモノマネでした。

スタッフからは「スティービーワンダーか?」と声をかけられていましてが・・・


限られたスペースを最大限に使って遊んでくれていました。
by tumanokokoro | 2013-09-26 21:46 | そらいろの過ごし | Comments(0)

そらいろ de プリン作り

d0227066_21444114.jpg


今日、そらいろでプリン作りをしました。
粉を溶かして混ぜます。

手慣れたもので、上手にされていました。

d0227066_21445715.jpg


プリンの素ができれば、器に移していきます。

そして、冷蔵庫にて冷やします。

d0227066_21445822.jpg


冷やすこと、約一時間です。
「まだかな〜」とばかりに、何度か冷蔵庫を開けて確かめていました。

d0227066_21445978.jpg


蜜をかけて出来上がりです。
上手くできました。

d0227066_21445996.jpg


自分で作ったプリンは最高です!
私や他のスタッフもおすそ分けしてもらえました。

すごく美味しかったです。


おやつ作りの材料を持ってきてもらえれば、簡単な調理なら一緒にできますよ。
by tumanokokoro | 2013-09-26 21:29 | そらいろの過ごし | Comments(0)

ケースカンファレンス

今週は2つのケースカンファレンスに出席します。

どちらも成人の方のケースです。
引きこもってしまった青年のケースと、日中活動の支援が必要になった中年男性のケースです。

どちらも即座に解決とはいかないケースです。
じっくりと様子を見ながら、柔軟に対応が必要なケースです。


10月からの支援体制が大きく変わる可能性があるケースなので、集中的に取りかかる必要があります。

この他、緊急で通院支援が必要なケースもあり、バタバタとしているところです。


大人の方のケースでは、生活基盤を揺るがすような事態に繋がりかねない事もあるので、しっかりとした支援体制が必要になります。
日々勉強しながら支援にあたっています。

ケースカンファレンスの場で、立場の違う支援者が意見をかわす事は良い刺激になりますね。
by tumanokokoro | 2013-09-25 21:49 | 地域の話 | Comments(0)