<   2013年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

5月を振り返って

今月は長く感じたひと月でした。

ゴールデンウィークは、利用希望が少なく、職員はのんびりとさせていただきました。
私は法人税の申告で頭を悩ませていましたが、知り合いの税理士の方にお願いする事ができて気が楽になりました。


5月中旬に新規契約を行い、利用者さんが増えました。
利用希望をお聞きしていても待ってもらっている方もおられますので、受け入れ体制が整えていく事が課題です。


医ケアが必要な利用者さんへの支援も本格的に始まり、スタッフは少しずつ慣れてくるようになりました。
日々、成長してくれているスタッフの姿を見て頼もしく思います。

そらいろは、スタッフ全員で一歩ずつ成長しています。
数ヶ月前に入った新人スタッフも、日々たくましくなってくれています。


5月末に梅雨入りしてしまい、これからは天気予報と睨めっこする日々になりますが、利用者さんもスタッフも無理なく過ごせるように尽力したいと思います。
by tumanokokoro | 2013-05-31 22:13 | 事業の話 | Comments(0)

今日の遊びは何ですか?

d0227066_18535876.jpg


今日も意欲的に創作活動をしている利用者さんです。
絵を描いたり、切ったり、ラミネートしたり・・・

何を作っているのかと思えば・・・

d0227066_18535888.jpg


そらいろスタッフの顔写真に身体が付いています。
身体の絵を上手に描いていますねえ。


そして、このスタッフの紙人形を使って・・・

どんな遊びを???
by tumanokokoro | 2013-05-30 18:49 | そらいろの過ごし | Comments(0)

d0227066_18131859.jpg


d0227066_1583576.jpg


そらいろ画伯によるスタッフのイラストです。
最近、ブログに載せていませんでしたが、定期的に描いてくれています→こちら


いつも、ペンでささっと描いてくれますが、その特徴を捉えた良い絵を見せてくれます。

全身の絵もあれば、顔だけもあります。
男性の絵を多く描いてくれますが、珍しく女性スタッフも描いてくれました(下図)。


スタッフのイラストは名刺や名札に使わせていただいています。
彩りが付きますので、良いですね。
by tumanokokoro | 2013-05-30 15:13 | そらいろ美術部 | Comments(0)

雲がモクモク

d0227066_14444526.jpg


今週は雲がモクモクしていて、いつでも雨が降りそうな様子ですね。
今年は平年よりも10日くらい早くに梅雨入りしました。

5月に梅雨入りするなんて珍しいですね。


梅雨時期の外出支援は頭を悩ませますね。
どうしても屋内スポットに偏ってしまいます。


早く梅雨が終わって欲しいですが、梅雨が終わると、待っているのは・・・猛暑。
それはそれで辛いですね。


10日早く梅雨入りしたという事は、10日早く梅雨明けするんでしょうかね。
by tumanokokoro | 2013-05-30 14:48 | つぶやき | Comments(0)

d0227066_1936475.jpg


本日のガイドヘルプの様子です。
京都市西京極にあるアクアリーナというプールに行きました。

城陽から電車に揺られてやってきましたので、入る前に記念撮影しました。

そして、意気込んで中に入ると・・・


『本日は大会開催の為、プールの一般利用は出来ません』との事。

まさかの出来事に、私の頭の中は真っ白に・・・
利用者さんに「休みですって」と伝えましたが、プールにはたくさん人がいるのが見えます(大会参加者)。

休みという感じはしません。

脱衣所へ向かおうとされる利用者さんを引き止め、再度、休みを伝えると・・・
「今日は休み。伏見のプール行く」と言ってくれました。

突然の予定変更となり、申し訳ない事でした。

d0227066_1936551.jpg


手書きのメモで予定変更の行程を伝えさせていただきました。


そして、無事に伏見のプールに到着し、プールを楽しんでもらう事が出来ました。

d0227066_1936695.jpg


バタバタとしたお出かけになってしまい、申し訳ない事をしました。
事前に調べておけば、こんな事にはならなかったと思います。

やはり、事前の下調べは必要ですね。


ただ、想定外の出来事が起こるのも外出支援の特徴です。
何が起きても、動じずに対応できる支援者になりたいなぁと思います。
by tumanokokoro | 2013-05-26 19:25 | お出かけの支援 | Comments(0)

電車を見送る

d0227066_18334997.jpg


ガイドヘルプの一場面です。
自分が乗って来た電車を見送られている様子です。

近鉄、地下鉄、阪急電車と乗り継いで来ましたが、全ての電車のお見送りをされています。
律儀な方です。

電車が見えなくなったら、「おしまい」という感じなのでしょうか。


d0227066_18335043.jpg


駐車場待ちをしている車の様子も見ておられました。
しかし、満車の為、5分経っても車は動かず・・・

「満車なので動かないと思いますよ」と私が声をかけると、しばらく見た後、「動かないな」と納得された様子でした。


d0227066_183351100.jpg


そらいろの利用者さんには電車好きな方が多くいますが、人それぞれの楽しみ方やポリシーがあり、面白いですね。
by tumanokokoro | 2013-05-26 18:27 | お出かけの支援 | Comments(0)

嵐山を散策

d0227066_16233053.jpg


今日のガイドヘルプは京都の嵐山へ行きました。

今日の京都は快晴で、気温は高かったですが、真夏のジメジメ感はなく、風が涼しく感じました。

嵐山は観光客が多かったですが、保津川沿いの散策路は空いており、快適な散歩ができました。
新緑の中を歩くと、自然と気分が落ち着きます。


d0227066_16233135.jpg


渡月橋からの景色を撮りました。
『THE嵐山』という感じがしますね。


嵐山にはトロッコ列車やモンキーパーク、美空ひばり館など観光スポットもあります。
ボートも乗れますし、寺院に興味があれば立ち寄れますし。

観光客が多いので、賑やかな場所が苦手でなければ、割と楽しめるスポットかと思います。
by tumanokokoro | 2013-05-25 16:14 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_1014117.jpg


そらいろの利用者さんの約半数は未成年の方です。
小学生の児童さんと過ごす事が多くあります。


私はそらいろを始めるまで、障がいがある大人の方の支援しかした事がありませんでした。
だから、初めて子どもの利用者さんと出掛けた時は非常に緊張しました。
最近は緊張感は溶けてきましたが、少しずつ難しさを感じています。


『子育て』『しつけ』『成長』という観点が子どもの支援には関わってくるように思いますが、私個人は全てにおいて未経験です。

私は利用者さん本人の意思に沿って行動できるようサポートするように心掛けていますが、それが『子どもの好きなようにさせている』『大人が正しい行動を教えないといけない』と言われると何も言えません。

子どものしつけは親だけではなく、社会全体で行うものだと聞くこともありますが、ヘルパーの立場でもそうなのでしょうか。

「ダメなことは叱ってください」
「○○はさせないで下さい」
などとお願いされる事があります。

もちろん非社会的な行動は注意しますが、時には大人の都合を押し付けているだけのような気もしてしまい悩みます。
あれもダメ、これもダメと禁止ルールばかり作ってしまっているような・・・
『しても良い事』『適切な方法』に導くように心掛けますが、最近は、何が適切な方法なのかも悩んでしまいます。



とある事業所の方が「子どものうちに適切な支援をする事で、大人になって苦労しないようになる」というような事を言われていたのを思うと、自分の支援について責任感を感じます。

そらいろには、子どもの支援が上手なスタッフもいますので、私自身も学ぼうと頑張っていますが・・・



「子ども目線で、深く考えず、一緒に遊ぶんですよ」と聞くこともありますが、私には一番難しい事かもしれません。


子育て本でも読もうかなと思ったりもします。



子どもの支援を通して感動するのは、成長を感じる事が多くある事です。
身体の成長も含め、精神的にも大人になっていく過程を感じる事ができます。
彼らが大人になっていく姿を横で見守りながら、私も一緒に成長できれば幸いですね。
by tumanokokoro | 2013-05-25 09:36 | つぶやき | Comments(0)

先日、税務申告をお願いした税理士の方と今後の契約等について話をしました。

税理士の方に、どこまでお願いするかを考えながら相談させていただきました。
NPO法人ゆう・さぽーとの立ち上げ、初年度決算、2年目の決算までは私が一人で何とかこなしましたが、法人税申告で挫折しました。
そらいろ従業員の年末調整などの事務も税務署に聞きながら根性で乗り切りました。

会計や給与計算事務の効率化を図り、パソコンソフトを入れ替えました。
年末調整事務も少しは楽になるハズです。


日々の帳簿は私が付けています。
そのおかげで、常に法人の資産や収益、経費などを把握する事が出来ています。


しかし、私が全ての事務をこなす事の限界も感じています。
私の負担を少なく、経営的にも無理のない範囲で、税務や労務について専門家の力を借りる事は悪い事ではないと思うようになりました。


来月は社会保険等に関わる算定基礎届けの説明会もあります。
今年も私が書類を作る予定ですが、そのうち専門家にお願いするかもしれません。

そらいろでは、スタッフのスキルアップの為、外部研修や内部の勉強会も予定しています。
このあたりは大切にしたいと思っていますので、私が力を注げるような体制にしたいところです。


小規模の事業所なのに、割と諸事務に手を取られるもんです。
by tumanokokoro | 2013-05-25 09:23 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_12103654.jpg


本日の午前中、城陽市障害者自立支援協議会の療育部会の会議がありました。
障がいがある子どもの支援について考える部会です。

市内の療育施設や児童のヘルパーを行っている事業所が集まりました。
私が出席するのは畏れ多い感じです。


会議の議題は『支援ファイル』といわれるものでした。

d0227066_12103743.jpg


このファイルは、障がいを持った人が出来るだけ早い時期から成人期に至るまでに適切な支援を継続的に受ける事が出来るようにする為のツールです。

周産期から始まり、新生児、乳幼児期と続き、学齢期まで、その時々の様子や支援内容が書かれます。

成長に合わせて、様々な関係機関が関わっていきます。
療育機関、教育機関、福祉、医療機関などの多くの専門機関も関わります。

その機関の支援が途切れ途切れにならないように、一貫した支援を受ける事が出来るように、このファイルを活用するという事です。


福祉施設と学校の連携など、課題は残るようですが、より良いものになる事を期待していますし、我々も支援ファイルを活用させていただきながら、ブレない支援を続けていきたいと思います。

このファイルについて利用者さんや家族の方と共通認識出来るようにしていきたいとも思います。
by tumanokokoro | 2013-05-24 11:39 | 地域の話 | Comments(0)