<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

11月を振り返って

d0227066_22224571.jpg


11月は非常に長く感じました。
日数は30日しかないないので1日分は少ないはずなのに・・・

月ごとに早く過ぎるように感じたり、長く感じたり、不思議な感覚です。


11月始めは大分に出張しました→こちら
もう随分前の出来事のように感じます。

大分大学での講義をさせていただき、別府の町を観光し、大分の海の幸を堪能しました。
大分に招いたくれた友に感謝です。

また、来年も期待しちゃいますね。


大分出張後、私にとっては嫌な出来事が続きました・・・
別府温泉の地獄巡りの呪いではないかと思ったくらいです。

スタッフとの関係、他事業所との関係の取り方を考えさせられました。
そして、謝罪すべきところは謝罪し、改めるところは直すように努力しています。

しかしながら、私の信念としているところは変わりません。


今月も新規の利用者さんは増えました。
少しずつ増えていく事は、地域から必要とされているのだと実感できますので、ありがたい事です。

私にとって未体験であった医療的ケアを必要とする方からの希望もいただき、支援に向けての取り組みを始めました。
すぐに利用希望に応える事ができない事は申し訳ない事ですが、たとえ小さな一歩であっても前に向かって進んでいけるように勉強していく事は決めました。


事務的な事では、いよいよ年末調整の時期になりました。
年末調整事務について説明会に参加したり、マニュアルを読んだりして勉強中です。

事業を興すという事は、日々勉強なのだと感じる毎日です。


来月は今年最後の年となります。
2012年の最後を良い形で締めくくる事ができるよう、気合いを入れ直し、支援業務に励みたいと思います。
by tumanokokoro | 2012-11-30 22:36 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_16332822.jpg


子どもに人気No.1の某アンパンキャラのストラップと消しゴムハンコです。
完全手作りです。

前職場のスタッフの方から貰いました。

前職場の退職時に、ひとつプレゼントされており、そのストラップは気に入って付けていましたが、消耗してしまっていました。
その話をしたところ、新しい物を譲ってくれました。


ストラップはフェルトで器用に作られており、売り物になると思うくらいの完成度です。
こういう技術を持っているというのは、羨ましいですね。
by tumanokokoro | 2012-11-28 16:25 | つぶやき | Comments(0)

懐かしの絵本

d0227066_17572624.jpg


そらいろに絵本などを貰いました。
私の実家からの寄贈です。

私が子どもの頃に読んでいた絵本などです。
「これ、覚えてる!」と懐かしく思いながら、本を確認しました。

もう30年以上前の記憶でも、覚えているもんですね。
童心に戻る事ができました。


私の思い出本を、そらいろの利用者さんに見てもらうのは、少し照れ臭いですね。


そらいろの絵本が充実しましたので、過ごしの幅が広がったのではないかと思います。

鉄道写真の本もありますし、鉄道好きの利用者さんには朗報です!
お楽しみに!
by tumanokokoro | 2012-11-27 17:51 | 支援グッズ・おもちゃ | Comments(0)

年末調整 説明会

d0227066_1221272.jpg


本日の午前中、宇治税務署が行う『年末調整説明会』に出席しました。
初めて行う年末調整の事務なので、しっかりと学びたくてやって来ました。

見慣れない書類、聞き慣れない用語について説明をしていただけたので、非常に勉強になりました。

忘れないうちに事務作業に取り掛かりたいところではありますが。


事業を行っていると、本当に社会の仕組みが分かりますね。
日々、勉強です。
by tumanokokoro | 2012-11-27 11:58 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_1823589.jpg


今日の私が行った外出支援は、利用者さんとその友人(先輩)が遊ぶ時間をサポートするというものでした。
仲良しの男子二人が、いつもの遊びをしていました。

午前中は京都市内の某スポーツセンターで卓球です。
二人とも学校では卓球部との事。

カットサーブやスマッシュの応酬でした。

私は球拾いをしました。


d0227066_2243092.jpg


午後は近くの公園に場所を移して、サッカーです。
ルールはサッカーでしたが、ボールはテニスボール。

チーム制ではなく、1対1の勝負でした。

「先輩、いつものサッカーやろうや!」と利用者さんは言われていたので、二人の定番の遊びのようでした。
私は審判役でした。

試合結果は14−4で利用者さんが圧勝していました。
しかし、利用者さんの友人は、14点取られた事よりも『自分が4点取った事』に喜びを感じておられました。
私は、彼に人間の大きさを感じました。


サッカーの後は、キックベースボールを経て、相撲でした。
公園の砂場を土俵に見立てて、真剣勝負でした。
私は行司役でした。

こちらは互角の勝負でした。

その後、馬跳び、公園一周リレー、かくれんぼなどなど・・・
遊びは尽きません。

二人とも、疲れきるまで遊びました。
それに付き合った私も疲れました。


利用者さんとのマンツーマンの外出とは、ひと味違う外出支援となりました。
遊び時間は約5時間半、なかなか面白い時間でした。
by tumanokokoro | 2012-11-25 22:17 | お出かけの支援 | Comments(0)

城巡り 和歌山城編

d0227066_18261643.jpg


本日のガイドヘルプの様子です。
担当ヘルパーから写真が送られてきましたのでアップさせていただきます。

私は同行していません。
私は一日中、事務所にこもり事務仕事に励んでいました・・・(涙)


今日は秋の三連休の真ん中の日でしたね。
紅葉も見頃を迎え、どこへ行っても秋を感じる事ができますね。


この写真は和歌山城です。
京都から和歌山まで日帰りで行けるんですね。
それに感心してしまいます。

JRと南海電車を乗り継ぎ、行かれたようです。
電車が好きな方なら、道中の電車の旅も楽しめますね。

この方、先月は福知山城へ行かれました→こちら

この方がお城好きなのではなく、担当ヘルパーがお城好きなのかも。
でも、目的地が『城』というのは分かりやすいかもしれませんね。

d0227066_18305088.jpg


次は、どこのお城に行かれるでしょうか??
楽しみですね。
by tumanokokoro | 2012-11-24 18:31 | お出かけの支援 | Comments(0)

キーボードの寄贈

d0227066_1362766.jpg


そらいろにキーボードがやって来ました。
先日、お知り合いの方から頂きました。

ありがたい事です。

これで、そらいろでの過ごしに音楽が加わりました。
私は全く弾く事は出来ませんが・・・

自動演奏もありますし、他のスタッフで弾ける人がいるかもしれません。

少しずつ、そらいろが楽しい場所になれば良いですね。
by tumanokokoro | 2012-11-24 13:02 | 支援グッズ・おもちゃ | Comments(0)

前の職場、元の職場

d0227066_031553.jpg


そらいろを開業してから、私は元職場、前職場の事を思い出す事があります。
元職場とは大学卒業後に就職した重症心身障害者の通所施設。
前職場は、知的障がい者の通所施設・居宅介護事業です。


その2カ所を経て、今の私がある訳です。

元職場に3年、前職場に11年です。
どちらの施設にも良い思い出が詰まっています。

私が最近、振り返るのは思い出だけではなく、施設の経営についてや組織作りについて、それぞれの所長が苦労されていたんだろうなと。
どちらの施設でも、私は歯に衣着せぬ言い方で周囲を震撼させていましたので、所長には苦労かけました。

「今度はあなたがトップなんだから、下からいろいろ言われる番やで」
元職場の所長さんからは、このように激励を受けました。


今までのように、好き勝手な言動ができない立場になってしまいました。
私の性分なのか、好き勝手言ってしまい、周囲に迷惑をかけているのですが・・・こちら



元職場の良いところ、前職場の良いところを分析しながら、「それぞれ良いとこ取りをした事業所作りをしたいなあ」と考える訳です。



元職場の良いところは、何と言っても『アットホーム』なところ。
自然と人が集まる場所、自然と支えたくなる場所、知らぬ間に自分が支えられている事に気付く場所でした。
それは、職員皆さんの人柄、雰囲気作りの賜物だと思います。

もちろん、利用者さん中心で支援を行っておられる訳ですが。

道行く人がトイレを借りにきたり、お茶を飲みにきたり、そんな事もありました。
当時の私は、それが当たり前だと思っていましたが、今思えば、すごく地域密着な活動していたのだと感心します。

今でも、その雰囲気は変わらず、地域の中で活動されています。



前職場の良いところは・・・
それは『必要な支援を何でも行う事』と『それを長続きできる仕組みを作ること』かと思います。
他にも、アセスメントのレベルが高い事や職員研修の充実など、良い点はありますが。

「え、そんな事まで支援するの!?」と思われる事が何度もありました。
制度の枠内、枠外に関わらず、必要な支援を行うだけ。

それは、所長の理念であり、職員は身にしみて分かっていました。

利用者の家族が倒れたときは、全力で家族支援、本人支援を行います。
利用者さん中心に、その人の生活リズムが崩れないように、家族に無理をかけないように、職員は支援方法を考えていました。

そんな支援の連続が、グループホームを作り、居宅介護を始めるきっかけになっていると思います。
そんな職場で働いていた私は、利用者中心で必要な支援を行う事に疑問は感じていませんでした。

利用者さんが入院し付添いが必要ならば、24時間付き添うようなところでしたので。
ショートステイ事業はしていませんでしたが、家族の都合で家に帰れなくなった利用者さんを数ヶ月にわたり宿泊支援等で支えた事もありました。

そこで働いている時には当たり前に感じている事でも、外から客観的に見れば、すごい事なんだと感じます。




さて、そらいろは何を目指しましょうか。
アットホームで人が集まる場所作り。
利用者中心に必要な支援を行っていく事を当たり前にする職場作り。

どちらも言うは易しです。


アットホームな雰囲気作りって、結構難しいですよね。
私自身にアットホームさが欠けていますので。
by tumanokokoro | 2012-11-24 00:27 | 大切にしている事 | Comments(0)

d0227066_1254613.jpg


少し前に、京都府の最低賃金が変更になりました。
751円から759円と微妙にアップしています。

そらいろの時給額の最低額は760円です。
試用期間(50時間まで)の賃金額ですが。

最低賃金ギリギリになってしまいましたね。


今日は勤労感謝の日ですね。
ヘルパーの皆様に感謝です。

世間は三連休ですが、そらいろのヘルパーは稼働しています。
by tumanokokoro | 2012-11-23 12:10 | 事業の話 | Comments(0)

ゆうさぽ1周年

d0227066_1142271.jpg


本日はNPO法人ゆう・さぽーと設立1周年の日です→こちら

11月22日は『イイ夫婦の日』です。
夫婦がサポートしながら事業を始めていくという意味では、良い日が設立日になったと思います。

法人設立1周年記念イベントなんてありませんが、いつの日か5周年、10周年記念イベントなんかができると良いかなあと思います。


上の写真は先日開催された城陽花火大会の写真です。
秋の花火大会も良いもんでした。

城陽の町が明るくなる事を、我々も願い、事業を展開していきたいと思います。
by tumanokokoro | 2012-11-22 11:39 | ゆう・さぽーと | Comments(0)