<   2012年 07月 ( 50 )   > この月の画像一覧

7月を振り返って

7月が終わりました。
今月は長く感じました。

月によって長く感じたり、短く感じたり、不思議なものです。

今月初めは梅雨でしたが、今月終わりは猛暑です。
プールの支援が始まりました。

来月もプールの支援がいくつか予定されています。
夏ですねえ。


今月の新規契約者は3名でした。
少しずつ、利用者の方が増えています。
シフトは、まだまだ余裕がありますが・・・

7月は一人の利用者の方に向き合った一ヶ月でもありました。
徹底的に向き合い、支援方法を探りました。
私が前職場から大切にして来た事です。

利用者さんと向き合う事。
向き合う事で、見えてくる事があります。
それが見えた事で、自分自身の成長も感じられます。


月の最後に返戻通知が来てしまい、テンションはガタ落ちですが・・・
8月の猛暑も吹き飛ばすくらいのパワーを持って、明日からの仕事に取り組みたいと思っています。
by tumanokokoro | 2012-07-31 21:43 | 事業の話 | Comments(0)

洗礼!?返戻!

今日、外出支援を終えて事務所に戻り、メールを確認すると・・・

国保連の電子請求受付システムからメールが・・・
題名には『返戻』の文字が・・・


嘘やん!?

6月実績分の請求でミスがあったようです。
何かとミスをしてしまいますね。


行動援護の請求でミスがありました。
確認すると、私の単純ミスでした・・・


利用者さんへの自己負担額の請求金額も間違っていました。
申し訳ない事です。

明日から7月実績分の請求業務が始まります。
今月はミスなく請求事務を行いたいと思います。


それにしても、事業開始から4ヶ月で過誤請求や返戻など、いろいろと勉強になりました。
by tumanokokoro | 2012-07-31 21:23 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_165066.jpg


今日も暑いですね。
最高気温は37℃だそうで・・・

こんな日の散歩は自殺行為ですね。
熱中症に注意です。


こんな猛暑日は、やっぱりプールでしょ。
という事で、今日のガイドヘルプは宇治にある黄檗プールに行きました。

d0227066_165168.jpg


夏休みの影響で子どもは多かったですが、平日の為か、そこまで混み合っていませんでした。
私も夏休み中の児童の方と行きました。


子どもは元気です。
キャーキャー言って泳いでいます。

ザブザブと水がかかりました。

黄檗プールには、面白い仕掛けがあり、定期的に上から水がかかる具合になっています。
私も頭からずぶ濡れになりました。

頭から水をかぶるのは気持ち良いですが、途中でトイレに行った時、鏡を見てガックリしました。
私の髪が残念に・・・
ハァ・・・


そんな心の傷を吹き飛ばしてくれるくらいの笑みを利用者さんからいただきましたけど。


プールに入ると身体が冷えて気持ち良いですね。
何か健康的だし、良い仕事です。



今日の黄檗プールの料金は平日限定価格により、大人200円、子どもは無料でした。

d0227066_16525.jpg


中学生以下の子ども無料とは!?
これはお得情報ですね!


そらいろの他の小学生の利用者さんにも、お誘いしないといけませんね。
by tumanokokoro | 2012-07-31 15:51 | お出かけの支援 | Comments(0)

d0227066_22131456.jpg


只今、暑中お見舞いハガキを作成中です。

NPO法人ゆう・さぽーと会員の皆様、そらいろ事務所のご近所の皆様に送らせていただく予定です。

開業ハガキを作成して以来のハガキ作成です。
こういう作業は苦になりません。


そらいろの支援中に撮った写真を厳選してコラージュしているだけですけどね。
会員の皆様、8月初旬に発送しますので、もうしばらくお待ち下さい。
by tumanokokoro | 2012-07-30 22:04 | 事業の話 | Comments(0)

d0227066_17171841.jpg


今日のガイドヘルプの支援中、京都市内で嵐電に乗りました。
駅は太秦広隆寺です。

電車を待っている時に利用者さんから質問がありました。

「なんで、あそこは踏切ないの??」

嵐電は所々、路面電車になっています。
太秦広隆寺駅近くも線路が道路を横切っています。


普通は踏切がありますよね。

「なんで?」と聞かれても・・・
路面電車やから・・・
でも、嵐電でも踏切があるところもあるし・・・


考えた末に、私の口から出た答えは・・・

「ああいうもんですわ」


利用者さんは「ふーん」と聞かれました。


世の中の出来事には、必ず理由は存在するのだと思いますが、その一つ一つを知る事は難しく、「ああいうもん」と理解しながら人は生きているのだと思います。



目的地の駅に快速電車が停まらない時も、その理由を聞かれましたが・・・
「そんなもんですわ」と答えました。


世の中、こんなもんですわ。


それにしても、最近の夏はなんで、こんなに暑いのでしょうかね??

まあ、こんなもんですかねぇ。
by tumanokokoro | 2012-07-28 17:06 | つぶやき | Comments(0)

世の中は自分の思い通りにはならないものです。
自分の思い通りに暮らしている人なんて、世の中に何人いるのでしょうか??

私も思い通りにいっていれば、今頃、六本木ヒルズの何階かに住んでいたことでしょうし・・・


ヘルパーの支援をしている時にも、利用者さんの気持ちに添えない場面に遭遇する事があります。
欲しいものが買えない。
行きたいところにいけない。
食べたい物が食べられない。
もっと遊びたいのに帰らないといけない。
帰りたいのに帰れない→こちら

できるだけ本人さんの思いに添いたいのですが・・・
やむを得ない事情や大人の事情??で叶えられないときもあります。


そんな時、どう伝えましょう?


「アカン!」と一括!
時には有効かもしれませんが、プロの支援ではないですね。

「いいよいいよ」と全て認める。
それができたら、そうしますが、本人の思いに全て答える事が、良い結果を生むとも限りません・・・


利用者さんが一生、思い通りに人生を進められる地位や立場におられるなら、それで良いですが、生きているといつかは我慢や妥協を迫られる時が来ます。
その時の為の練習ではないですけど、普段から気持ちの切り替え方が上手になっていれば、生きやすいかもしれません。



まずは、利用者さんの『思い』の理由を探ります。
直接、質問しても良いですし、答える事が難しい方なら、こちらで推測します。

理由が分かれば(推測できれば)、その気持ちに同調しながら、無理な理由を伝えることをします。
又は、代替手段を伝えます。
「今は無理だけど、いついつなら可能です」など。

納得してもらえなければ・・・
力ずくで引き離す!
んな、アホな。


納得は得られない事は多いです。
私は、得意のおとぼけで誤摩化してみたり、気をそらせてみたり・・・


自分の思い通りにならない時、自分ならどうやって気持ちを切り替えるか?
自己分析してみても良いかもしれませんね。


一番平和なのは、自分の思い通りにならない場面を避ける事です。
利用者さんが気にしている事柄、好きすぎる事柄などを事前に知っておき、そういう事柄には近づかないというのが平和ですね。
by tumanokokoro | 2012-07-27 22:43 | 大切にしている事 | Comments(0)

「帰りたい」の連呼から

今日、初利用の方がそらいろに来られました。
私と同世代の男性の方でした。


知的障がいで自閉症の方で、性格は慎重(臆病??)な方です。

初めてやって来たそらいろ。
どんな場所だか分からない・・・

不安で不安で仕方がない・・・

小さい民家と、ニヤニヤしている眼鏡の男(私)・・・

不安感はピークに達していたのでしょう。
彼から出て来る言葉は・・・

「帰りたい」
「ないの」
「食べないの」
「薬飲むの」←どういう事??


拒否的な言葉が続きます・・・


「お昼ご飯を食べたら帰りますよ」と伝えても・・・
「食べないの!」と強い口調に・・・


なんだかんだ言いながら、弁当の買い物に行き、弁当を購入しました。

そして、昼食タイム。
食後に服薬(常備薬)。


食事を済ませた後は、和室でゴロンと昼寝です。
「ご飯食べた。薬飲んだ」と言いながら満足そうでした。


利用時間の3分の2は不安感で過ごされたようですが、最終的には満足感を持って帰られたと思います。
次の利用では、安心して過ごしていただけるでしょうか。
by tumanokokoro | 2012-07-26 21:49 | 大切にしている事 | Comments(0)

そらいろの夏

d0227066_1732452.jpg


先日、そらいろでかき氷を作りました。
利用者さんと一緒に氷をガリガリと削りました。
削るのは、思ったより力が必要でした。

かき氷機は寄贈していただいたものです→こちら
試運転を兼ねて作りました。


イチゴシロップをかけて食べました。

かき氷を食べると身体が冷えて気持ち良いですね。
暑い夏は涼しいそらいろにて、かき氷はいかがでしょうか。
by tumanokokoro | 2012-07-25 17:28 | 支援グッズ・おもちゃ | Comments(0)

公務員的福祉職員現る!

そらいろの利用者さんが平日に通われている就労系施設(○○作業所)のとある職員さんのお話。


この職員さんは通所施設の職員で、勤務は月から金曜日の8:15〜17:15くらいの勤務だろうと思われます。
土・日・祝は休み。

この職員さんがケース担当されている利用者さんが、そらいろの移動支援を使われており、土・日に外出されています。

この利用者さんが、そらいろを契約する時、この職員さんは熱心に立ち会って、ケースの引き継ぎをして下さる事になりました。
そして、日程調整をしました。

利用者さん本人と家族の都合は平日の夜、または土・日の昼間が良いとの事。
そらいろヘルパーの都合も同上でした。

しかし、作業所職員さんの都合は・・・
土・日は休みですので・・・
17:15以降も勤務時間じゃないので・・・


結局、平日の昼間になりました。
家族の方が時間を作る事になり、本人さんは作業所活動を中断することになりました。


誰中心で動いてるねん!



その利用者さんの調子が悪くなり、その様子を作業所に確認することになりました。
前回の外出時に痙攣発作を起こして転倒されたとのこと。

原因として、外出の前日に作業所が行っているショートステイを利用されていたとのこと。
そんな情報は聞いてなかったぞ。

来月もショートステイ利用があれば、翌日の外出時に影響があるかもしれないので、来月のショートステイの日程を作業所職員さんに確認したところ・・・


「ショートステイの日程は、プライバシーの問題なので言えません。本人又は家族に聞いて下さい」とのこと。

そやけど。

私も趣味で聞いている訳じゃなく、支援上必要だから聞いている訳で・・・
まぁ、本人に聞きますけど。



公務員よりも、お硬い職員さんでした。
悪いことじゃないですけど。

連携しにくいというか・・・


いろんな方がおられますね。
案外、この仕事は利用者さんよりも、その関係者とのやり取りで疲れる事が多いです。

我が強い人、プライドが高い人、理屈っぽい人、融通が効かない人、ええ加減な人などなど。


私も理屈っぽい人ですけどね。
by tumanokokoro | 2012-07-25 14:44 | つぶやき | Comments(0)

d0227066_1833222.jpg


今日のガイドヘルプの仕事で大手ハンバーガーショップを利用しました。

利用者さんも私もセットメニューを注文。
そして、以下の注文を付けたしました。

「ハンバーガーはプレーン」
「ポテトは塩なし」

プレーンハンバーガーは利用者さん、塩なしポテトは私の好みです。

プレーンハンバーガーとは、その名の通りパンとハンバーグのみです→こちら
余計な味付け一切なし。
当然、ピクルスもなし。

塩なしポテトは、揚げたポテトそのまま。


プレーンハンバーガーの見た目は、非常にシンプルでした。
案外、本来の味を楽しめるかもしれません。


「パンと肉だけのハンバーガーなんて、ワイルドだぜぇ!」と言いながら食べました。


プレーンバーガーに塩なしポテト、素材の味を楽しむのも良いものですよ。
by tumanokokoro | 2012-07-24 18:22 | 地域の話 | Comments(0)