ブログトップ | ログイン

ヘルパーステーション そらいろ

作業活動を見守る支援を

d0227066_21272917.jpg


紙を切ってメモ用紙を作る作業をされています。
手際よく作業を進められます。

そらいろからオーダーした仕事です。

彼のおかげでメモ用紙には困りません。

「そらいろの仕事、持って来てください」と意欲的に言われます。
仕事人間体質なのかもしれません。

黙々と取り組まれる姿は見習わないといけません。

仕事の合間にヘルパーと話をされることもあります。
そこで悩みを聞かせていただくことも。

見守ることが多い支援ですが、お互いに支えられているのだと感じる時間でもあります。




by tumanokokoro | 2017-01-30 21:21 | 相談の支援 | Comments(0)

そらいろ発注の仕事

d0227066_00061011.jpg


デスクワークに取り組まれる利用者さんに、そらいろからメモ帳作りの仕事を依頼しました。
日中の作業活動を支援させていただいているケースです→こちら
作業活動は2〜3年くらい継続されています。

すっかり定着されました。

d0227066_00061033.jpg


作業前はラジオ体操もされます。
天気が良い日は外の広場でヘルパーと一緒に行います。

こういう時間にヘルパーとの交流が生まれます。
作業中は話しかけられませんので・・・

仕事が丁寧な方ですので、綺麗に切り揃えられたメモ帳が仕上がりました。
事務所でたっぷりとメモを書くことができます。

ありがとうございました。

また、何か新しい事務仕事を発注させていただきたいと思います。
by tumanokokoro | 2016-07-11 23:00 | 相談の支援 | Comments(0)

d0227066_15091788.jpg


今日の午前中に相談の時間がありました。
「春になったらスポーツがしたい」と希望されている利用者さんから直接話を聞きました→こちら

どんなスポーツがしたいのか?
ヘルパーは何をサポートすれば良いのか?
私は何をすれば良いのか?

話を聞きながら整理していきました。

d0227066_15091762.jpg


やりたいスポーツは幅広く・・・
「とび箱って懐かしいなぁ」と聞きながら感じました。

「とりあえず、中野さんは体育館を探して下さい」とのこと。
なるほど、体育館で行うスポーツが多いですね。


開始時期は4月です。
スポーツの春ですね。

新しい活動を支援させていただけるということは光栄なことです。

まずは使い勝手の良い体育館を探したいと思います。
by tumanokokoro | 2016-02-17 14:54 | 相談の支援 | Comments(0)

春からの決意

d0227066_20161767.jpg



「春からスポーツがしたい」という希望をヘルパーが聞きました。
どんなスポーツがしたいのかは分かりませんが、一度、相談に乗って欲しいとのことです。

ご本人直筆の手紙を預かりました。

春は新しいことを始めるのに最適ですね。
2016年度、新たな挑戦が始まるかもしれません。

前向きな活動への支援というのは良いですね。
ご本人も支援者も相互にエンパワメントできる活動になるよう、力を尽くしたいと思います。

by tumanokokoro | 2016-02-04 18:39 | 相談の支援 | Comments(0)

d0227066_20211476.jpg


作業活動の機会を支援を行っています。
京都市内の某施設内にある一室を借りて作業されています。

働くことや人付き合いに疲れられていた時期もありましたが、今は働く喜びを感じながら取り組まれています→こちら

d0227066_20503865.jpg


色々な作業に取り組まれています。
「これ、急ぎの仕事でお願いします!」と言われるとモチベーションが上がられます。

頼りにされるって良いですよね。

d0227066_20503808.jpg


休憩時間は施設内を歩きます。
クリスマスツリーと記念撮影です。

クリスマスが終われば、新年を迎えます。
時が経つのは早いですね。

来年は、どんな年になるでしょうか。


利用者さんの働く背中を見て、ヘルパーも働く喜びを感じていると思います。
これからも、一緒に成長できるような時間を共有できれば良いですけどね。

よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2015-12-21 20:18 | 相談の支援 | Comments(0)

個別支援計画の振り返り

d0227066_13062613.jpg


本日の午前中、個別支援計画の振り返りの時間を持たせていただきました。
計画期間が一年間でしたので、その間を振り返らせていただきました。

「昨年の秋は出かけることが多くありましたねぇ」
「冬は体調を崩しましたね。今年は気をつけましょう」
「最近は仕事に打ち込まれていますね」
などなど、時系列に沿って振り返ると懐かしいものです。

「こんなことがあったなぁ」と利用者さんと支援者が共有できる時間というのは大切だと思います。

今後の希望なども聞かせていただきました。
一度の面談で全てを聞き出すことは難しいと思います。
利用者さんも全ての思いを伝えるのは難しいです。

普段の関わりの中から、ニーズは伺えます。
何となく感じているニーズを整理して書面にまとめたものが個別支援計画なのかと思います。

今後も計画書を中心に置いた支援を続けていければ良いかと思っています。
よろしくお願いします。
by tumanokokoro | 2015-10-21 13:00 | 相談の支援 | Comments(0)

外出の予定 相談会

d0227066_1113544.jpg


今日の放課後の支援中、そらいろで次の外出の相談をしました。
これは定番化してきており、私の楽しみとなっています。

「次は、どこに行くつもりにしてる?」と私から問います。
今日は少し悩んでいました。

自分用のスケジュール写真のファイルを出してきて、そこにある行き先の写真から選ばれました。

行き先が決まれば、行き方や予算を考えます。
電車の時刻を調べながら細かく決めて行きます。

「9:28の電車が良い」
「普通、橿原神宮前駅が良い」など希望に合わせて予定を組みます。

そらいろのiPadを使って一緒に調べられます。

そして、手書きのスケジュール案が完成しました。
相談時間は約30分。

「このスケジュールをパソコンで作り直して、家に届けるね」と約束して、今日は終了です。


「行きたい場所を決めて、自分で計画を立てて実行する」というプロセスを大切にしたいですね。
利用者さんの持っている力を活かした支援ができたでしょうか?

エンパワーメントに繋がったでしょうか。


こういうプロセスを大切にした支援を続けていければ良いかと思います。
by tumanokokoro | 2015-04-14 01:02 | 相談の支援 | Comments(0)