2017年 11月 16日 ( 1 )

目に見えないものを説明

d0227066_22410655.jpg

本日、スタッフに事務所のパソコンとクラウドについて説明を行いました。

そらいろは小さな事業所ですが、職員用パソコンは5台あります。
データはクラウド上に保存しています。

ちょっと今っぽいですよね。

『Box』というクラウドに大半のデータがあり、そこへアクセスします。
複数のパソコンで共有のデータを使えるというメリットがあります。

スマホやタブレットからもアクセスできるので、外にいても確認、編集する事もできます。
実は職員用iPadもあります。

そんな便利なシステムを新たに事務を行うスタッフへ説明をする時には、必ずイラストで描いて伝えるようにしています。
『クラウド』というものは、目に見えません。
おそらく、何処かの国のビル内にあるスーパーコンピュータの中にあるのでしょうが・・・

目の前にないものを説明する事は、とても難しいです。
「クラウドにアップロードする、ダウンロードする」と言っても、目の前で何かが起こる訳ではないです。

どういう仕組みなのか詳しくは分かりませんが、何となくなら説明できます。
その何となくをイラストにしたのが上の図です。

この図だけ見ても、何のことか分かりませんが・・・


とにかく、視覚的に整理して伝えると分かりやすいという事です。
「目で見て分かる」
「後で確認できる」
これが大切ですね。

職場環境も視覚的構造化が必要だという事ですね。

by tumanokokoro | 2017-11-16 22:41 | 大切にしている事 | Comments(0)