2017年 11月 10日 ( 1 )

d0227066_20522137.jpg

本日の午前中、ヘルパー研修として施設見学を行いました。
今回の見学先は宇治市にある『どうほうの家』です。

長い歴史を持たれる法人です。
地域のニーズに応える為、新しい事業所を増やされているアグレッシブな法人です。

活動拠点は『どうほうの家』『イサク事業所』『ベテル事業所』の三ヶ所です。
それぞれの事業所で生活介護、就労系事業、放課後等デイサービス、グループホームや相談支援などの事業が展開されていました。

本日はベテル事業所、どうほうの家の二ヶ所を見学させていただきました。

d0227066_21161190.jpg

まだ新しい建物です。
グループホームやショートステイの部屋などを見せていただきました。

午前中は部屋の掃除やベッドメイク作業が行われていました。
作業をされていたのはイサク事業所就労支援部の方々でした。

d0227066_21161373.jpg

ベテル事業所内には放課後等デイサービス『どんぐり』がありました。
トランポリン専用ルームがあり、驚きました。

人気の部屋だそうです。
私も飛んでみたかったです。

d0227066_21241153.jpg

後半は、どうほうの家の事業所に移動して話を聞きました。
成人の方が活動する生活介護『楽 -fine-』など、色々な事業がありました。

相談支援事業、ヘルパー事業、日中一時支援などなど、幅広く事業所があります。
医療的ケア対応が可能な放課後等デイサービスも。


スタッフ総数は200名を超えるとか・・・

「すごいなぁ」というため息が出そうでした。

事業規模は比になりませんが、そらいろも同じ山城北圏域にある事業所として連携して支援を行っていければと思います。

そらいろ利用者さんの中にも、どうほうの家を使われている方が多くおられますので、今後も協力が必要になります。
今回の見学を通して、各スタッフが『どうほうの家』を身近に感じてもらえるようになれば幸いです。


本日は、お忙しい中、見学の機会を作って下さった事を感謝します。
どうほうの家の皆様、ありがとうございました。

by tumanokokoro | 2017-11-10 20:50 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)