ブログトップ | ログイン

ヘルパーステーション そらいろ

2017年 08月 09日 ( 1 )

d0227066_21520918.jpg


本日、バスに乗ってお出かけしました。
バスで出かけるのは3回目です→こちら

事務所近くのバス停から乗車して、文化パルク城陽へ向かいました。

文化パルクには、子どもが遊べるプレイルームがあります。
子どもの楽園です。

そらいろヘルパーとは初めて訪れる場所となりますが、利用者さんは行き慣れた感じで館内を移動されました。
売店の位置、プレイルームの位置は知っている感じです。

d0227066_21520990.jpg


売店で購入後、地下の休憩スペースでジュースを飲みました。
その後、プレイルームへ。

楽しく遊びました。



本日の外出ですが、利用者さん本人が選んで行かれました。
当たり前の話なのですが、『自分で選ぶ』という事って、案外、難しい事です。

選ぶ為には、選択肢の内容を理解しておく必要があります。
また、「選んだ場所に行けるんだ」というシステムをヘルパーとの間に構築しておく必要もあります。

普段から選択肢の中から選んで行動する経験の積み重ねが必要かと思います。

d0227066_21521065.jpg


こんな感じで行き先や活動の選択肢を用意しておきました。
その中から選んでもらおうかと思いました。

「ヘルパーと話をしながら一緒に選んでも良いかな」
「選べない時には、ヘルパーが決めて予定を伝える事もありかな」
そんなスタンスで考えていました。

しかし、そんな配慮は不要だったようです。

d0227066_21521149.jpg


この3枚の写真が選ばれて置かれていました。
『バス』『文化パルク』『プレイルーム』です。

文化パルクにプレイルームがある事は、既に知っていたんですね。
文化パルクへバスで行ける事も知っていたのかな・・・
これは、ハッキリとは分かりませんでした。

バスでも電車でも行ける場所でしたし。


「すごい力だなぁ」と感心しました。
今後、行き先のバリエーションが増えていきそうな予感がバンバンします。

電車でも、バスでも、どこでも行けるようにヘルパーが力をつける必要がありますね。

by tumanokokoro | 2017-08-09 21:32 | お出かけの支援 | Comments(0)