2013年 07月 18日 ( 4 )

戸山サンライズ

d0227066_07926.jpg


障害者地域生活支援従事者研修会が開催された戸山サンライズです。
研修会場であり、宿泊場所でもありました。

場所は新宿区戸山という所にあり、いわば都心のど真ん中です。
近くには早稲田大学があり、新宿まで地下鉄二駅という場所でした。

都心の真ん中でありながら、不思議と静かでのどかな場所でした。

d0227066_071179.jpg


近くにある戸山公園は大自然の中にいるような感覚がしました。
研修の昼休みに公園を散策しました。



私はこの戸山サンライズに三泊しました。

d0227066_071278.jpg



研修時、部屋は研修生同士の相部屋だと安めに宿泊できます。
人見知りの私は個室希望させていただきましたが、なぜか部屋はツインでした。


戸山サンライズは障害者スポーツセンターも備えており、体育館などもありました。
身体障害者が宿泊しやすいよう、部屋はバリアフリーで部屋のトイレは広く作られていました。

共同浴室も介護設備付きでした。

若干、施設っぽさは感じましたが、快適に過ごさせてもらえました。



あと、門限が23:00と決まっており、夜遊びは制限されます。


バリアフリーの宿泊先を希望される方と東京旅行する際に使えるかもしれませんね。
by tumanokokoro | 2013-07-18 23:51 | 支援の工夫・知識 | Comments(0)

d0227066_20252151.jpg


長い東京出張を終えました。
大都会は人が多くて、街を歩くだけで疲れました。

上の写真は研修機関の最寄り駅だった東京メトロ東西線早稲田駅の階段昇降リフトです。
早稲田駅にはエレベーターは設置されていないのか、ここの出口にはないのか分かりませんがリフトが付いていました。
早稲田駅は、その名の通り早稲田大学の最寄り駅でもあり、学生が多く利用していました。
階段には人が溢れていました。

「これじゃ、リフトは使いにくいだろうな」と思いました。


この出張中、研修後に東京の街を散策しました。
地下鉄やJR、都電などを利用したバリアフリー調査です。

d0227066_20252621.jpg


街を散策して感じた事は、私が思っていたより街は古いという事です。

先ほどの早稲田駅も古かったですが、山の手線の駅の中にも古い構造の駅がいくつかありました。
古い駅にはエレベーターや多目的トイレが見当たりません。

そして、山の手線はホームが狭い割に人が多いですね。


新宿の街は綺麗でしたが、人が多すぎで普通に歩くのも困難な感じでした。
電動車椅子で移動している人を数名見かけましたが、人ごみを掻き分けて進むのは大変そうでした。

あとは東京の街は坂が多いのと、大通り以外は道が狭く、歩道がないところもありました。
これもバリアになりますね。


d0227066_20252925.jpg


東京駅や新宿駅の構内は広大でした。
しかし、所々に階段が多く、スロープがない古い感じの通路もチラホラ。
新宿駅の西口から東口に移動するのも一大事な感じでした。


後は電車の路線が多くて分かりにくい事も大変です。
これは、地元の人は慣れているんでしょうけど。


東京みたいに街が広大になるとバリアフリー化するのは時間がかかるのだと思いますが、日本の中心都市が不便では困りますね。


車椅子の方だけではなく、ベビーカーで移動するのも不便だと思います。

誰もが暮らしやすい街になれば良いですね。



余談ですが、東京みたいに人が多く、電車の路線図が複雑なところでは、私はガイドヘルプをする自信がありません。
東京のガイヘルさんを尊敬します。
by tumanokokoro | 2013-07-18 20:06 | 使いにくいシステム | Comments(0)

研修最終日

d0227066_17293614.jpg


本日は研修最終日でした。

受講生には疲れの色が見えます。
私も疲れ気味です。


今日は午前中に相談支援と自立支援協議会についてのシンポジウムがありました。
神奈川や石巻などの状況を聴かせていただきました。

全国的に全く進まない計画相談についても話されました。
サービス利用者全員に作成するはずのサービス利用等計画書は、なかなか作られません。
しかし、数多く作っても、中身がペラペラでは意味がありません。

自立支援協議会については、私も城陽市の専門部会に所属していますので、そこで地域課題について提言しつづけたいと思いました。


ざっくり言えば、施設中心の支援から、本人主体の支援に切り替わり、本人のニーズをカタチにする為、寄り添って話を聞く人が必要になったということ。
また、幅広いニーズに応える為には、従来型の単一法人が抱え込む支援では実現が不可能であるということではないでしょうか?

本人主体の支援を考えれば、自然発生的に相談支援は出てきますし、相談が増えれば地域の課題は見えてくるものですし、地域課題を考える自立支援協議会が必要になると思います。



午後は行動援護の講義でした。
これは本業ですので理解しやすい内容でした。

行動援護というサービスを効果的に利用してもらえるよう、そらいろもしっかりとした支援をして行きたいと思いました。


三泊四日の長い研修でした。
学びの多き研修となりました。

明日からの実践にいかしていけるよう、しっかりとスタッフに伝えていくことから始めたいと思います。


四日間も留守させていただきました。
この間、しっかりと支援業務をして下さったスタッフに感謝します。


明日からしっかり働きたいと思います。
これから、帰京いたします。
by tumanokokoro | 2013-07-18 16:37 | 研修・セミナーの参加 | Comments(0)

同一性の保持

d0227066_10565380.jpg


今日は研修の最終日です。
4日間の長い研修でした。

研修会場は同じ部屋で、席の配置も同じでした。

座席位置は初日から最終日まで『自由』でした。
当然、どこに座っても良いわけです。


しかし、私が見たところ、ほとんどの方が同じ場所に座り続けたのではないかと。

少なくとも最前列・最後尾の顔ぶれは同じでした。
これは好きな席があるんだろうと思いますが。


私は初日は、開始時間ギリギリに入った為、前の方の席しが空いておらず、そこに座りました。
本当は真ん中辺りの席が好きなのですが。



なぜ、前日と同じ席に座るのでしょうかね?

好きな場所だから?
前日と同じだと落ち着くから?
周りの人が同じ場所に座るから、自分も何となく同じ場所に座ってしまうから?(他の場所に座りにくい)

理由は人により様々でしょうけど。


人の動きって面白いですね。
個人の心理と集団の心理が重なり合って生まれている現象のようにも思います。
by tumanokokoro | 2013-07-18 10:46 | つぶやき | Comments(0)