ソウルミュージックを探して

d0227066_21164972.jpg

某古本屋にて、中古CDの買い物に行かれました。
スピッツのアルバムを探しに行かれました。

平成生まれの若い利用者さんです。
CDを持って悩まれていました。
手に持たれていたのは最新アルバム『醒めない』と昔の『花鳥風月』でした。

ヘルパーの私はスピッツファンです。
ほとんどのアルバムは持っており、説明もできます。

「花鳥風月はシングルB面曲やセルフカバー曲などが収録されてますよ」と内容を説明しました。
このアルバムが発表されたのは1999年です。
利用者さんが産まれた頃のようでした・・・

ジェネレーションギャップを感じます。


悩まれた結果、ジャニーズの人気グループを選ばれました。


「NOミュージック、NOライフ」ですね。

良い音楽は時代を経ても錆びません。
人生において、誰しもソウルミュージックがあるのではないでしょうか。

by tumanokokoro | 2017-10-14 21:16 | お出かけの支援 | Comments(0)