フリーマーケットで学ぶこと

d0227066_18453036.jpg


本日はフリーマーケットに出店した。
これは事業とは関係なく個人の趣味として定期的に出ているもの。

出店料を払っているので、出店料以上は売り上げないと赤字になる。

出店数は200くらい。
これはライバルでもあり、顧客でもある。
出店者も買い物はするので。

d0227066_18453143.jpg



d0227066_1845326.jpg



d0227066_18453228.jpg


古着やカバン、生活雑貨と妻が作る布小物を販売。

フリーマーケットの店ではオーソドックスな形。
商品は妻の手作り品以外は、自分が使い古したものや他人からもらった物ばかり。
仕入れ値はタダのようなもの。

だから、出店料以上の売上は儲けとなる。



フリーマーケットにはいろんな人が来るので面白い。
自分が不要になった物に価値を見出して買われて行くのだから、人によってニーズが違うのだなぁと感じる。

売れる商品、注目される商品も人によって異なるので、時には売れ筋と思っていなかった物が高くに売れることもある。
逆に売れ筋商品が売れ残ることも・・・


フリーマーケット市場は実に面白い。
フリマ価格もあり、1000円以上の物はなかなか売れない。
「10円、100円・・・」の世界。

「安くして!」「勉強して!」「ぎょうさん買うからまけて」と言われることが多く、客商売の難しさを体験できる。
「フリマは値切り交渉が醍醐味」だと思うけど。


我々も長年、フリマに出ていると、お客さんの雰囲気を見て、どんな客か分かるようになってきた。
「安くないと買わない人」「特定の物を探している人」「値段を気にしない人」などなど。

統計的に男性より、女性の方が値切るし、商品のチェックは厳しい。
男性は多少の汚れは気にしない。

夫婦できた客は、大抵、買うかどうかの判断を奥さんがしている。
旦那の希望は、高い確率で却下されている。
by tumanokokoro | 2011-10-23 18:23 | つぶやき | Comments(0)