私の目は・・・

先ほどの記事で、何となく福祉の仕事を始めたことを書いたが、今度は就職活動中でのエピソード。

就職活動といっても、私は3カ所くらいしか福祉施設の試験を受けていない。

地元の大きな法人、宇治市の無認可の施設、城陽市の無認可の施設の3カ所。
宇治と城陽の無認可施設は、現在は法人化している。


城陽の施設を見学していた時の話。
就職活動中の私はスーツ姿で緊張しながら見学をしたり、施設の活動に入ったりしていた。

就職活動なので、当然、自分の印象を良くしようと心掛けながら利用者さんと接していたように思う。
そんな私に利用者さんが一言。

「目が見下している」

どういう状況で言われたかは覚えていないが、言葉は覚えている。
その時の私がどんな目つきをしていたかは分からないが、自分を良く見せようとして偽善者の雰囲気が漂っていたのかもしれない。


今でも、時々、思い出す言葉。

今の私は、どんな目をしているのだろうかと考えてしまう。
by tumanokokoro | 2011-10-14 19:24 | つぶやき | Comments(0)