支えられて生きるという事

私事だが、今日、車の運転中に車をぶつけられた。
完全に相手が悪く、被害はバンパーが凹んだ程度のものだったが。

私は運転歴は長いが、事故の経験はない。
今回のようにぶつけられたのは初めて。


事故後は警察に連絡する事は知っていたが、詳しい対応については知らなかった。

そこで、自分の車のディーラーに電話連絡をした。
いつも何かの時に連絡をしている営業マンの方。

「必ず相手の連絡先を聞いておいて下さい。事故後は当人同士の話になります。修理は相手の保険を使う事になります。修理の手配などもお任せ下さい」などなど、事故対応にも慣れておられた。

私は教えられたとおりに対応して、その場を終えた。


この後は相手の保険会社とのやりとりになる。
このやりとりについても、ディーラーの営業マンが代わりにしてくれるとの事。


分からない時に聞く事ができる。解決法を教えてくれる。
これは障がい者の方の地域生活支援においても重要な事ではないかと思う。

私は車の運転はするが、車の知識はからっきし。
ディーラーの支援を受けて快適なカーライフを過ごしている。


誰しも、何らかの専門家の支援を受けて生活を送っているものだと思う。

支援を受けて暮らしているのは障がい者だけではない。



車と心は凹んだが、自身の生活を見つめ直す事ができた出来事だった。
by tumanokokoro | 2011-07-25 16:56 | つぶやき | Comments(0)


NPO法人ゆう・さぽーとが運営する『ヘルパーステーションそらいろ』が行う活動、ヘルパー支援の様子、代表の考え等を綴ったブログです。


by tumanokokoro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そらいろの理念

誰もが社会で当たり前の暮らしを営めるように必要な支援、相談のサポートを行います。

本人中心の支援を行い、利用者が使いやすいようにカスタマイズできる事業所を目指します。


<求人情報>
スタッフ一人一人に合わせた労働時間と研修計画にて、働きやすくスキルアップできる職場を目指しています。
一緒にヘルパーの仕事をしましょう!
▷▶︎▷こちら◁◀︎◁


<リンク>
NPO法人ゆう・さぽーと
Facebookページ
Twitter
Instagram
Google+
きょうと福祉人材育成認証制度

<事業>
障害者総合支援法に基づく下記の事業
居宅介護
重度訪問介護
行動援護

移動支援
日中一時支援(城陽市)


<支援エリア>
京都市伏見区向島
宇治市(笠取を除く)
城陽市
京田辺市田辺・河原

上記エリアの周辺地域

カテゴリ

全体
事業の話
事務所の整備
地域の話
お出かけの支援
そらいろの過ごし
放課後の過ごし
旅行の支援
相談の支援
そらいろ美術部
大切にしている事
支援の工夫・知識
使いにくいシステム
支援グッズ・おもちゃ
研修・セミナーの参加
参考書
ゆう・さぽーと
つぶやき
お知らせ
起業活動
採用活動

最新の記事

「手伝って」と伝えられること
at 2018-01-22 22:21
京都市居宅介護等連絡協議会か..
at 2018-01-16 19:03
応用行動分析(ABA)研修会..
at 2018-01-16 12:54
和太鼓の魅力を感じました
at 2018-01-14 17:53
基本的な業務を続けることで
at 2018-01-13 23:58

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

コメント、ありがとうござ..
by tumanokokoro at 22:12
良き遊具で、良きふれあい..
by Raphael Suzuki(鈴木俊也) at 23:12
情報ありがとうございました
by 山ちゃん at 12:35
二日連続で甲子園球場へ行..
by tumanokokoro at 20:38
甲子園歴史館を検索したら..
by 山ちゃん at 10:02

検索

ブログパーツ

フォロー中のブログ

空飛ぶペンギンたち
京都・三条で学ぼう!介護...
ざれごとだけでは駄目だね。
AKKUN'S ブログ ...
事務局つれづれ日記
介護政策リンク集
いくのさん家 ブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

介護
社長・経営者

画像一覧